« ロシアに潤滑油 | トップページ | 妄想無罪(爆笑) »

ほほにキスして

水越けいこのコンサートに行ってきました。というBLOGを見て「えっ」というだけでしばし絶句しました。いやー活躍されてるんですね。で早速カラオケで歌ってきましたorz。
よく考えると、歌唱力のある歌手と言うのは、声量が続く限りなんらかの活動が出来るものという気もします。この人の場合は、一時期活動を控え、この時に一時声量が落ちたという話も有っただけに、ある意味分かるのです。いやよかったよかった。
彼女は山梨県出身。 1978年デビュー。TBS系「八時の空」に歌のお姉さんとして出演していたとか。
個人的には、ほほにキスして の印象が強いのですが、
(1)山梨出身の知人が彼女のファンでして、かれの車に乗ると決まって彼女のLP(のテープにとったもの)をずーっと聞かされていた。
(2)別の知人は同じようにテープをとって4人で長距離に出かけていくことになったのだが、運転中咥えていたタバコを落としたことでハンドルを切りそこね、道路標識に激突(自損)。しかしぶつかっていてもカセットテープはずーっとなり続けていたのが、彼女の声・・・2日後、現場近くの病院に入院していた彼のところに長躯中距離バスで見舞いに行ったのだが病床で彼曰く、「水越恵子強し!」
と言う周りの環境もあったのでしょうかね。
ブログランキング・にほんブログ村へ

ところで、私、仕事の関係でセミナー講師のトレンドとかを見ることがあります。そういう講師のメンバーとして彼女が出てくることがあるんです。大手の文化人の講演をプロデュースする事務所で彼女の講演(+ミニライブ)を扱っててるところがあるんです。
------引用(リンクなど追加)
生年:1954年2月4日
出身:山梨県富士吉田市
1975年にフォークデュオ「姫だるま」で音楽活動開始。「めぐり逢いすれ違い」「ほほにキスして」がヒット。92年長男・麗良(れいら)君を出産、育児の為音楽活動を休止する。ダウン症候群という難病の麗良君との二人三脚の生活を始めながら、3年振りに音楽活動再開。ダウン症のことをもっと知ってもらいたいと、麗良君の誕生から5歳の誕生日までを綴 った「神さまレイくんをありがとう」を出版。一人息子の笑顔に励まされ、新たな音楽人生をスタート。
演題:レイ君のネイビー色のランドセル 講演&ミニライブ
メッセージ:OLを経て歌手生活へ。運命的な出会い、そして結婚。長男誕生。
「お子さんは障害を持って生まれました。」と告げられ、とても現実として受け入れられませんでした。3日目にやっと抱くことができました。「可愛い・・・」。その時、親として歩き出そうと決心しました。
地域の人や友人に助けられている。決して一人で子育てをしているのではない。息子の成長とともに、私自身も成長し、多くの事を学びました。
私自身の経験と、そして歌を通して、多くの方々に勇気を与えられるように、これからも歌い続けます。
内容:◎講演50~60分+ミニコンサート20~30分。(最近の曲がメインのようですね)
<聴講者の声>
・講演の内容を歌にして歌っていただき、心に響き涙が出ました。
・我が家も自閉症の小2の息子がいます。勇気を頂きました。
・話の中で我が子と重ね合わせ、涙してしまうところがありました。とても励まされました。
・あたたかい歌声に癒されました。やさしい話し方にお子さんを愛していることが伝わってきました。
-----終了
そういえばお掃除のTOOLで有名な松居一代さんも、長男が重度のアトピー性皮膚炎でかなりご苦労されたと聞きます。けど悲しみをバネにして新たな境地を見出すというのもあるんでしょう。
-------------------------------
(PS)松居一代さんも講演をしてるらしくサイトがありましたね。
松居 一代(まつい かずよ)
1979年「11PM」で藤本義一氏の相手司会者として芸能界デビュー。現在、テレビ、執筆、講演会活動を主に活躍している。芸能界一の<お掃除名人>として知られ、2001年には長男を連れて俳優の船越英一郎氏と再婚。
アトピー性皮膚炎にかかった息子との4年間の闘病生活を機に、健康問題についての講演活動も積極的に行っている。
■主な講演テーマ
「母は強し、アトピーに勝った母子の絆」
「花の笑顔に乾杯」
「生きているってすばらしい 人生GO!GO!GO!」
「キラキラと輝く人生」
「原動力は逆境から、試練は好機なり」
「家族の健康は私が守る」
「幸せの始まりはお掃除から」
5歳の頃からの夢であった、芸能人としてのデビューや、重度のアトピー性皮膚炎を抱えた息子との闘病生活、
自身が患った言葉が発せないほどの右顔面まひなど、多くの障壁を自分の強い意思や機転で乗り越え歩んできた人性談をお話します。母と子の絆の強さ、女性の生き方、人権問題、ボランティア、福祉問題、健康問題、環境問題など幅広い講演テーマで講演。どんな逆境でも負けずに立ち向かっていく松居さんの講演は、勇気と希望、「どんな時も前向きに、逞しく生きること」を教えてくれる。
■講演拝聴レポート:●松居一代さんの講演を拝聴して(2007年6月23日)
デビューのきっかけや重度のアトピー性皮膚炎を抱えた息子さんとの闘病生活、天井のコンクリートが落ちてくるという欠陥住宅問題、自身が患った言葉が発せられないほどの右顔面マヒ、そして夫の船越さんとの馴れ初めなど、ご自身の半生についてお話をされます。会場にはたくさんの人がいるのにも関わらず、まるで松居さん本人と会話をしているように身近に感じられる講演です。
「プロであるからには皆さんに喜んで頂かないと!」と笑顔で語る松居さん。周りも元気にさせる松居さんのパワーは、様々な困難にもしっかりと向き合って乗り越えてきたからこその力です。だからこそ周りも自然に感じられるものなのだと思います。心に触れる温かい講演でした。

|

« ロシアに潤滑油 | トップページ | 妄想無罪(爆笑) »

コメント

TB有難うございます。
まだまだ元気に活躍されてますよ。少々お年は召しましたが、歌声の魅力はそのままです。

投稿: mac | 2008年2月 1日 (金曜日) 22時47分

>歌声の魅力はそのままです
そこが安心できたところなんですよ。

投稿: デハボ1000 | 2008年2月 1日 (金曜日) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/17903793

この記事へのトラックバック一覧です: ほほにキスして :

« ロシアに潤滑油 | トップページ | 妄想無罪(爆笑) »