« 妄想無罪(爆笑) | トップページ | 去り行くものは全て美しい »

嗚呼・世にマニアの種は尽きまじ

---------引用
消えゆく都バスの「方向幕」、自由に回そう 2008年01月09日 asahi.com
http://www.asahi.com/komimi/gallery/080108tobus/
 バスの行き先や経由地を車体に表示する「方向幕」を、自由に操作できる――。バスファンにはたまらない、こんなチャンスがある。方向幕は、電光掲示板に押されていずれ消えゆく運命。この機会に心ゆくまで回してみませんか。(アサヒ・コム編集部)
 「都バス今昔パネル展」。(2008年1月)8日から11日まで、東京都庁(東京・新宿)の南展望室で開かれている。目を引くのは、バスの「方向幕」の装置。ここなら運転手に代わって回せるのだ。
 方向幕とは、バスの行き先や経由地を表示する装置。たとえば、「市01 新橋駅―築地中央市場(循環)」などと表示されている。都バスの場合、車体の前方、ドア横、後方の3カ所にある。
 「幕」と呼ばれるのは、内部のポリエステル製の巻物で表示するから。一つの巻物に、そのバスが走るエリア数十カ所の「行き先」があらかじめ印刷してあり、機械で上下に巻き、そのうち1カ所だけを表示する仕組みだ。
 普段は、運転手が機械を操作するが、この展会場ではバスから取り外された本物が、誰でも自由に操作できるように展示されている。実際に昨年まで、品川営業所所属のバスで使われていたものだ。
 昨年9月に、廃品となった方向幕を販売するためにイベントで展示したところ、「実際に操作してみたい」という客が多くいたことから、今回は自由に操作できるようにしたという。
 方向幕にひかれるバスファンは、少なくない。内容のバリエーションが豊富で、中にはレインボーブリッジなど名所の絵が描かれたものもある。バスの終点で表示を切り替える時に、普段は使われない臨時の「行き先」が一瞬現れるのを見る楽しみもある。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 しかし、方向幕はいずれ消えゆく運命にある。バスの行き先を表示する部分は、発光ダイオード(LED)を利用した電光式に急速に取って代わられつつあるからだ。方向幕の場合は、路線やバス停名が変更されるごとに、1枚1枚切り張りで修正する必要があり、「これに年間何千万円もかかる」(都交通局車両課)という。一方、電光式の場合は、機械のデータを入れ替えるだけだ。

 都バス全1460台のうち、すでに半数が電光式。都交通局は今後も、毎年100台ずつ、電光式に置き換えて行く予定で、数年後にはすべて消えることになる。
 パネル展も興味深い。東京都江東区の車両工場の会議室にあった秘蔵の写真を公開している。
 過去に試作された「水陸両用バス」の写真もある。1947年の「キャサリン台風」で、東京の下町が長く浸水した時に、米軍の水陸両用輸送車を借りて、水陸両用バスを走らせる計画があったといい、その時のものだ。実際には、水上走行時に大きな波ができてしまい、計画は頓挫したという。
 もともと、都バスの起こりは、84年前の関東大震災で都電(当時は東京市電)が不通になり、代行としてバスを走らせたこと。当時は、アメリカで大量生産され牛乳輸送に使われていたトラックを輸入して改造し、バスとして運行させたという。その写真も展示されている。
 入場無料。午前9時半から午後5時半。
-----------中断-----
水陸両用バス:アンヒビアン(両性類の意)バスともいう。但し最近出てきているDMVバスも、その祖先にある国鉄が かつて開発していた鉄道と道路を両方走るものもアンヒビアンバスと言うことがある。
アメリカで大量生産され・・たトラックを輸入して改造し、バスとして運行させた:T型フォードによるもの。円太郎バスと言うこともある。落語家(当時すでに故人)4代目橘家円太郎の馬車のクラクションの物真似芸(出囃子代わりに使った)に由来。

方向幕は操作したいのはよーく分かります。以前バス会社から方向幕を貰ったある人は、巻き取り用の枠を工作で作りまして、ハンドルをつけて回し、楽しんでいました。いろんな鉄道趣味でも「方向幕の観察」ってのは楽しいですし、日ごろ使わないような行き先が入ってると、思わぬ楽しみになるものです。ちょっとしたことで変わるものですね。
たとえば、字幕が白地に黒い字体だったのが黒字に白になったり、省略して居た駅名表記が省略しなくなったり(例:新町→神奈川新町)、英文表記が付いたり・・・今まで使っていなかった行き先が入った事で、運行系統が変わることが分かったり(例:苦竹→小鶴新田)、あっ、ワンマン運転になるんだとか楽しいんですね。

ですがあ、これはかなりコアな『マニア』さんですね。キャプションを見るとかなりなもんですな。
-----------再開------
写真の説明
●展示されている方向幕。上から側面、前面、後部のもの。操作すると、くるくると幕が回る。
●レア中のレア。年数回、マラソンによる交通規制の時だけ使う「(東98)経済産業省止まり」。普段は見ることのない臨時の幕はほかにもある。
●都バスの前面。窓ガラスの上に方向幕がある
●パネル展で展示されている写真。これは都バス最初の車両だ。
-----------中断---------
しかもこんな細工をしてるんですねえ。いやあ、ある意味天下のアサヒシンブンですね。
-----------再開---------
「都バス今昔パネル展」では、実際のバスの方向幕を操作できる展示がある。
●写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。次々とめくって見ることもできます。(環境によっては表示に時間がかかる場合があります。)
○上から側面用、前面用、後部用。機器を操作するといっせいに回り出す(2008年1月8日撮影)
○朝だけ運行される品川駅止まりの幕
○車庫発の目黒駅ゆきに1日8往復の赤羽橋ゆき。レアな幕が続く
○朝のみ京急線の踏切を避けるルートをとる品93系統。そのルートの幕
○こちらも同じ平日朝専用
○品川車庫ゆきが多いのは、もとのバスの所属だから
○レア中のレア。年に数回、マラソン開催による交通規制で区間が短縮される時に使う幕
○貸し切りにも使われる
○朝日新聞社前を通過する都バス。前面窓ガラスの上に方向幕はある
○朝日新聞の前を走るバスの方向幕。昨年3月にルートが変わる直前のもの
○これもレア度が高い。午前5時すぎ発の始発便のみがこの幕を使う。見たければ新橋で徹夜必須?
○イベント開催日にだけ運行される臨時系統の幕。こういうレアな幕を表示させるのも楽しい
○詰め込みすぎ(?)の幕。電光式ではここまで細かく表示できない
○最終バスだけが使う幕
○これも日に数本の幕
○国立劇場の終演に合わせて不定期で運行される「劇場バス」の幕
○こういう幕ももちろんある
○番号一覧。ただし容量の関係で、入っていないものもあるという
○会場に掲示された操作方法
○これが操作番。先ほどの表から選んだ番号を打ち込んで「スタート」を押す
○裏はこうなっている。台は工場の方の手作り
○「71」とあるのは先ほど指示器に打ち込んだ番号。車内から運転手が確認するため書かれている
--------------------
嗚呼世の中にマニアの種は尽きまじ。

|

« 妄想無罪(爆笑) | トップページ | 去り行くものは全て美しい »

コメント

こんにちは。少し前にバスの運賃箱をつくっている工場に勤めている教え子がいましたが、現在はどうなっていることやら。

投稿: KADOTA | 2008年2月 4日 (月曜日) 22時24分

>バスの運賃箱
○レシップ (岐阜県本巣市)旧三陽電機 東証1
○小田原機器 (神奈川県小田原市)
○サクサ(東京都港区、旧:田村電機) NECより移管(持株会社が東証1)
○クラリオン (東京都文京区) 東証1
○一水製作所 (東京都北区)
とこれだけの会社があります、最近はシステム化とカードリーダーなどの統合システムが進み、また車内放送などの結合(クラリオンはそこから派生)も進みハイテクシステムになりつつあります。

投稿: デハボ1000 | 2008年2月 5日 (火曜日) 02時11分

こんにちは。このような情報がすぐに出てくるとはさすがです。どこかで元気にはたらいているとよいのですが。

投稿: KADOTA | 2008年2月 5日 (火曜日) 20時05分

>このような情報がすぐに出てくるとは
まさに「嗚呼・世にマニアの種は尽きまじ」です。(以下自粛)
いまや、運賃箱はシステム機器となっています。技術の応用が利く世界ではないかと思います。

投稿: デハボ1000 | 2008年2月 5日 (火曜日) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/17706367

この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼・世にマニアの種は尽きまじ:

« 妄想無罪(爆笑) | トップページ | 去り行くものは全て美しい »