« 計量法違反と詐欺 | トップページ | 再チャレンジ »

ホテルニューほどがや?(ぉぃ)

-------------引用
横浜のホテルで火災、男女2人死亡…窓から飛び降りる客も (2008年1月4日17時54分 読売新聞)
4日午後4時5分ごろ、神奈川県横浜市保土ヶ谷区今井町、「ホテルニュー京浜」 (3階建て、全31室)3階の一室から出火し、同部屋約20平方メートルを焼いた。
部屋から男女2人が救出されたが、まもなく死亡した。数人が窓から飛び降りるなどして、けがを負った。保土ヶ谷署で出火原因などを調べている。
----------------------------
横浜でラブホテル火災 男女2人死亡 2008.1.4 19:10(産経新聞)
4日午後4時ごろ、神奈川県横浜市保土ケ谷区今井町の「ホテルニュー京浜」で火災があり、2階客室から男女2人の遺体が見つかった。また別の2階客室で、火事に気付いた50歳代の男性が窓から飛び降りけがを負った。
神奈川県警保土ケ谷署は、2遺体の身元と死因の特定を急ぐとともに、出火原因を詳しく調べている。
消防署や同署によると、2人が倒れていた室内から激しい炎が上がっており、1室約20平方メートルを焼失。部屋の鍵はかかったままでドア付近に2人が倒れていたという。近くで農作業をしていた男性が火災に気付き、119番通報した。
同ホテルは計31部屋あり、ほぼ満室だったが、ほかの客は外へ避難して無事だった。
------------終了
まず、不幸にして災害にあわれた方のお見舞いを申し上げます
2紙で多少事実の食い違いがあるみたいですね。(被災フロアーが3Fか2Fかというのは、この建物が傾斜地にあるため分かりにくいかもしれない。)さて、ここは国道1号(横浜新道)の脇です。HPを当ってみると・・・
---------------------------
HOTEL ニュー京浜
関西の有名デザイナーがデザインした、プライバシー重視のワンガレージタイプのホテル。休憩優先のホテルだから休前日の夜でも休憩で利用できるので、夜遊び派には絶対のオススメ。全室均一料金システムなのも嬉しい。部屋は大人の女性を意識した造りになっていて、リピーターも多い。横浜で一番有名なホテル!
---------------------------
だとか。年始の1/4なら込むわけですね。この文言、そそられますねえ・・・・・(おい)
ブログランキング・にほんブログ村へ
当然、このホテルの前は交通繁華なところですから前をよく通るし、きらびやかな外見を知ってるのはともかく、中に入ったことは無いんですが(東戸塚駅から相模鉄道のバス<旭16> 星川ランプ(横浜新道経由)でいけるらしい)満室というのも年始だからとはいえ笑われるようですが、至極当然ですね。

さてですね、続報は聞こえてきませんが、どこの場所にいっても危険ってのはあるんですよ。どうリスクをとるかと言うのは全てのことに限って出てくること。仕事でホテルを使うときも、避難経路は必ず見る必要性があるでしょうね。避難という意味では良くいく地域は余り浮気(おい)せず定宿にしてます。
とにかく、私は開いててよかったでおなじみの幻のホテルホテルニュー越谷を思い出す(実在しない)という下世話なことになります。かくて下記のこれにいたるわけ。
--------引用
15年か20年前に、冗談テープが少々流行ったことがある。どういう代物かは、スネークマンショーとかYMO∞(増殖)という言葉を聞いて、知っている人はすぐにわかるし、知らない人には試しに聞いてみてもらわないと、ちょっと理解しがたいと思う。
ところで、前々から夫が不自然を感じている個所があった。それは、「南京に行ったのです。」というセリフである。ある部分がかゆい理由がそれなので、単純に南京虫を連想してはいたのだが、なぜかしっくりこない。夫はあるとき、つぶやくようにいった。「なんで南京なんやろなあ。」妻は驚いたように夫の顔を見て、聞き返した。
妻:え、マジでいってるの?
夫:マジって、何が?
妻:「南京に行ったのです」って、「○んきんに、○ったのです」という意味だよ。
夫:・・・・(考える夫)。!!!えええ~っ!?
妻:ほんとに知らなかったの!?
夫:うん、ほんとに知らなかった
妻:初めて聞いてから十何年間ずっと?
夫:うん、ずっと。南京の人が聞いたら気を悪くするやろな、とは思ってたけど。そうかあ。そうだったのか。
妻:うっそ~~。信じられへん。

ここで、そのコントの南京部分の抜粋を紹介してみよう。
なさんんばんは、実は私は、猛烈に、んたまが、ゆいのです。なぜかというと、んきんにったのです。もうひとつの理由は、んなに、じらみをうつされまして、どんな状態かというと、らさきいろにれているのです
読んでもよくわからない人は、何回か声に出してみるとわかると思う。ただし、ほかに人のいないところで試されることをお勧めする。それにしても、思い込みとは恐ろしいものである。あの時の「なんで南京なんや」というひと言がなければ、夫は一生、その本当の意味に気づかないままであったろう。
--------終了
思いっきり年齢の分かるネタにて失礼しました。
(PS)ニュー越谷マタニティクリニックというのは実在するらしい(爆笑)

|

« 計量法違反と詐欺 | トップページ | 再チャレンジ »

コメント

こんばんは。いやいや実に懐かしいです。
「こなさん、みんばんは~」で始まり、「らた、まいしゅう!」で締めくくられる放送禁止ギリギリのトークショーには私も爆笑していました。小林克也も伊武雅人も、当時は過激でしたね。そういえば桑原茂一は今どうしているのでしょう。

投稿: kunihiko_ouchi | 2008年2月28日 (木曜日) 00時02分

>桑原茂一は今どうしているのでしょう。
作家活動をしているようです。最近は「テポドン音頭」とかをどこかとコラボでつくったとか。

投稿: デハボ1000 | 2008年2月28日 (木曜日) 11時39分

こんにちは。
「愛のホテル」で繰り返し学習の効果を思い知らされた記憶があります。まさに門前の小僧。
なお、「開いててよかった」はセブンイレブンの初期CMでも使われましたよね。

投稿: niwatadumi | 2008年2月28日 (木曜日) 17時17分

>繰り返し学習の効果
継続は力なり!(なんの力やねん)
>なお、「開いててよかった」はセブンイレブンの初期CMでも
うーむ。どっちが先でしょうかねえ。しかし当為即妙というのはこのことですかなあ。

それにしても反応のいいネタですね。(笑)

投稿: デハボ1000 | 2008年2月28日 (木曜日) 21時01分

「桃の花、梅の花には咲きません」
おじょ~ず。ってな感じですね。

投稿: mac | 2008年8月16日 (土曜日) 16時37分

最近はなかなかこのねたは「おっさんホイホイ」ねたなんだそうで・・・・

投稿: デハボ1000 | 2008年8月16日 (土曜日) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/17792260

この記事へのトラックバック一覧です: ホテルニューほどがや?(ぉぃ):

« 計量法違反と詐欺 | トップページ | 再チャレンジ »