« ネーミングライツ | トップページ | バイドゥ・ドット・コム »

ねぎ・雛人形・砲丸

きょうから新しい形で運用です。
-------------------
正月のことになるが、TVを見ていたら
●「ねぎ・雛人形・砲丸」が名産の県はどこでしょう。
というクイズが出ていた。埼玉県の事だろうとある程度は気が付いた。

東京周辺では、岩槻市(現:さいたま市岩槻区)、鴻巣市が結構昔から人形つくりは有名であったと聞いていたし、以前に知人が「雛人形制作の通信教育」なるものを受けていたから少しは知っていた。岩槻に仕事に行ったときにもさすがに多いと驚いた記憶がある。(逆に鴻巣市・・はあんまりイメージに無かった)参考:http://www.ohina.jp/link/17.html農業をベースとした都市市場向け軽工業だったり園芸農業というのは東武野田線沿線(旧千葉県営軽便鉄道→総武鉄道(2代目))の風物詩である。(盆栽とか・醤油とかもそうですねえ)まあこのあたりは他の方に解説をお願いしましょう。
ネギは「深谷か下仁田だろうなあ」と読めたのだが(実際は太田付近も有力産地)、人形のことが分かってると埼玉県だろうなあと気が付く。残りの砲丸であるが、鋳物素材(しかも均質な)という縛りがあろうと思うから川口を擁する埼玉でおかしくは無いという考えである。
ブログランキング・にほんブログ村へ

-----------------------
余談ですが、ネギの皮むきと言うのは結構目がきついし、土が付いている事を考えると衛生的に行いたいもの。そこでいわゆるエアーガンとオイルフリー空気圧縮機を組み合わせた「ネギ剥き機械」というものがある。私が設計図面と品を見たのはもうかなり前であるが、農事用空気圧機器と言うことで圧縮機・モーターが特殊なものになっていた。(農事用電源として1.9Kwという仕様制限、電圧降下対策をしている)エアガン自体はそこまで複雑なものではないが、生産されるネギの大きさによって配置が変わるなどそこで作られるネギの大きさにカスタマイズする。決して複雑な機構ではないが、ノウハウがあるんです。どこにでもノウハウと言うのはなにがしら潜んでるのですよ。
-----------------------
で、本題は砲丸である。てっきり川口に近いところかと思ったら、世界の砲丸の製造を一手に引き受けている辻谷工業(有)は埼玉県富士見市にあるんですね。写真に出ている工場は商店街の中にある。意外なのはNC加工機かCNC旋盤でやってるのかなあと思っていたら、どうやらばらつきが多くなる鋳造品から削り、倣い旋盤で一品一品手つくりである。TVの中でも出ていたのは旋盤の追い込み量とそのときの音・力・荒さ・表面状態で加工手数を調整している作業。と考えると、瞬間の挙動・それも沢山のパラメータの中から瞬時に「どのように加工すればいいのか」を『嗅ぎ取る』というのが必要になる。一般的な『形状が球形かということがパラメータ』ではなく、競技で評価されるものは重量(たとえば10Kgの砲丸で+5~25gの幅で調整するとなると一般的材料の誤差どころでは済まされない)だったり、重心位置だったりするのだから、形状をトレースする手法のNCでは達成できないということが分かる。いまや旋盤一本で加工する工場は少なくなってしまったが、この品のように特殊用途に付加価値を付けるものや試作品生産などまだまだ生きる技ってのはあるんですよね。

本当に泥臭い作業とみられるかも知れないが、あえてNC加工という、今では一般的となった手法をとらないのは、社長が陸上競技をしていたということがあるのだろう。もちろん蓄えた技術・ノウハウの有形無形の蓄積があってのことであろうが、彼にその蓄積をさせたのは、言われたこと、発注先の意志というところに汲々とせず市場のニーズを自ら会得したからその技術の価値が見出せたということをよく認識してるのだろうと思う。
残るはよき後継者と言うことなのだろうが、親子で分担して仕事をしていると聞く以上、一応リスク回避はされてるのだろうと思っている。
参考:●http://www1.hst.titech.ac.jp/~kadota/kengaku/tujitani/tujitani.html
http://www.gijyutu.com/ooki/tanken/tanken2002/tsujitani/tsujitani.htm
http://www2.tokai.or.jp/Taku/weekly/2005/2-12.pdf
http://www.ntv.co.jp/burari/010224/info06.html

|

« ネーミングライツ | トップページ | バイドゥ・ドット・コム »

コメント

こんにちは。引用ありがとうございます。
2番目の引用は同じ日に見学した知り合いの中学校の記事です。このトップを見ればわかりますが、この先生、産業遺産等にも造詣が深い方です。

http://www.gijyutu.com/ooki/gijyutsu1.htm

投稿: KADOTA | 2008年1月21日 (月曜日) 19時06分

>このトップを見ればわかりますが、この先生、産業遺産等にも造詣が深い方です。
群馬県の方のようですね。注意してじっくり読んで見たいと思います。

投稿: デハボ1000 | 2008年1月21日 (月曜日) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/17596010

この記事へのトラックバック一覧です: ねぎ・雛人形・砲丸:

« ネーミングライツ | トップページ | バイドゥ・ドット・コム »