« 乗り物もの真似 | トップページ | 商品化された雇用と請負(1) »

反省∩飛躍=モデルチェンジ

謹告
------------------------
いつも弊BLOGを読んでいただきたき誠にありがとうございます。
今までの傾向と解析
年も改まりまして、ぼちぼち前回のモデルチェンジから2年が経とうとしております。この間、かなりの量の雑文を書き、みなさんにいろいろご意見・ご批判を賜りありがとうございました。勿論、ライター一人の意見ですから偏りがあるのは当然のこと、あえてインターネットは公器なのかという議論を外し、熱い問題提起を高く念頭に置き、一般通念からの離脱をして、多少斜めから世間を見ていたつもりです。従って、異論があることをある意味覚悟しておりまして、その意図を汲んでいただいたのか、多面的な意見を各位からいただいたことはありがたいことであります。とはいえ咀嚼しきれたとは申し上げられないのが当方の非力な処、歯がゆいところですが、ご勘弁いただきたくお願い申し上げます。しかも、意図したところではありますが、決して上手でもない文章なのに「図画・写真を一切載せない」内容で進めたことは無謀とはいえましょうが、とても勉強になりました。
それとは違った点を上げますと、この中のいくつかのBLOGについては、引用される内容もありました。突如ある内容のシリーズが非常に読まれ、意を決してそのサイトに行ってみると、是是非非の議論がされていてぶっ飛んだ事もあります。

但し、考証的な視点を必要とするとも考えた結果、後半は引用文献(リンク)が過大になり、多少重いBLOGになってしまいました。また、BLOGというツール自体が感性依存のツールであることはどうも免れないようで、それを補正・補強(とあえていう)するTOOLとしても図表は必要なのかなと考えていたところです。そして有る意味引用文献の重さに、つぶれることもあったのは正直なところ感じており、少し論旨に強引な面があることをうすうす感じて居りました。
今までのシリーズの中身は、批判もあることは覚悟して「あくまで白いキャンパスに無勝手流に画を描く」つもりで荒削りの形で、むしろ熱意を押し出して書いております。今後これらは各位のご意見をいただきながら冷静に推敲し、いくつかの教育資料などに用いていくつもりです。事実すでに加筆推敲の上、一部の資料に活用しております。取捨選択しながら、使えるものは使い、時事的でトレンドはずれのものは外して、自分の糧として活かしていこうと思います。
かつて全国区で活躍し、中京地区中心に有名なDJのつボイノリオ氏は送られてくる膨大な投稿FAXなどを自分のパソコンにスキャン・保管し、番組資料として使用しているとか。彼は「これらのFAXは僕にとっては札束のように見える」といい、番組が終ったあとも、取り上げられなかったものも含めてに送られてきた全ての投稿コメントに目を通し、内容によって細かく分類作業を行うと聞きます。この感覚は完全に私も理解できます。過去ログの有効活用という意味では、推敲作業は実施するべき究極の事項でしょう。

今後のBLOGの進め方
多少、内容を変えて中小企業の加工技術・生産技術といった視点を強く持った内容に変えて行くことを考えています。図表を使わないことには、デハボ1000のクオリティーというところで変えないですが、意見を貰い易く、また投げやすいといった内容に変え、むしろ議論をお互いに活発に忌憚なくするという事で立場で意見をいただきたいと思います。
だれしも、自分の技術(これはいろんな意味を含みますが)が本当に、同意をもらえる内容か(全員から同意をもらえる内容かというのは別です。それは逆に内容確認だけしかないと思います。違う視点が重要なのですから・・・)ということを投げかける場所として、お互いに意見をいただきたく思います。そのため、文章については、かなり短くし、(その代わり連載的な構成は出てきます)その折々で意見をいただければ幸いです

今後の日程
いままで書いた内容は1/19までストックがあるという事もあり、当面その時期を目処に現在のフォーマットで進めていき、作業を裏で進めていきます。
1/20以降は仕様変更後の形に切り替えると共に、先行してBLOG全体のデザインも変更します。今後とも、よろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

-----引用
JRはおかんむり…落書き電車が疾走2006/12/26 16時13分 産経新聞
 26日午前8時40分ごろ、千葉市中央区のJR千葉駅で、到着した安房鴨川発千葉行き普通電車(8両編成)の車両が落書きされているのをJR東日本社員が見つけた。意味不明な記号や数字が1車両の側面に長さ十数メートルにわたって描かれていたが、車両は折り返し運転のため房総半島を約270キロ走行した後、車庫に回送された。JR東日本千葉支社は「極めて悪質ないたずらだ」として県警に被害届を出した。
 同支社によると、落書きをされたのは2号車の左側面。赤や青、緑、白、オレンジ色などの油性スプレーとみられる塗料で描かれていた。
 電車は同日午前6時29分に安房鴨川を出発、千葉到着後に落書きが見つかったが、折り返しで午前8時59分発の館山行きとなるため消去する時間がなく、館山から再び千葉に戻った同日午後1時過ぎに回送された。
 この車両は25日夜以降、安房鴨川から東に2駅隣の安房小湊に停車していた。旅客輸送中に描くのが難しいことから、深夜から早朝にかけて安房小湊で落書きされた可能性があるという。
 JRは「問い合わせはないが、お客さまも不快に感じられたはずだ」とおかんむりだ。
-----終了
ブログランキング・にほんブログ村へ
まあ『折り返し運転のため房総半島を約270キロ走行した後、車庫に回送』は妥当な処置ですがねえ。千葉県では前もこんなことがありましたね。これで、だれが有利になるかといっても、だれもならない。いわゆる愉快犯ですよね。私は、愉快犯というのがどうも良く分からないところがあって、「スカッとする」と言うのは本当かなといつも思うんです。
これが、たとえば高架下に画を書いたものの中には、それなりの主張・考慮や芸術性・技術を見出すものがあるかもしれません。しかもそれは人によって見方が違うものです。また、労働組合のアジテーションでというスローガン列車(苦笑)の事例を考えると、(決していいこととは思わぬが)少しの理解は必要かもしれません。
ただ上記の場合、『意味不明な記号や数字』ですからねえ。そういう積極的理由があるのか疑問。どうせなら意味があることをして欲しい。

|

« 乗り物もの真似 | トップページ | 商品化された雇用と請負(1) »

コメント

こんばんわ、モデルチェンジ、おめでとうございます。感じが変わって良いと思います。
>JRはおかんむり…
>たとえば高架下に画を書いたものの中には、それなりの主張・考慮や芸術性・技術を見出すものがあるかもしれません。
私の個人的意見ですが、これは、犯罪行為ですよね。自分の意思表現の仕方が、良く判っていない。
私には、全く、主張・考慮や芸術性・技術を見出せないのです。愛好家が表現できる場所を作るのも必要ですが、鉄道各社がその”主張・考慮や芸術性・技術”の対策に浪費している費用・取締りに従事する者の苦労・費用・・考えたら・・
 スローガン列車・・
こういったアジ行為に必ずしも誰もが引っかかるわけでもないですよね、場合によってはそれが必要な方法だとかあるとしても、他人を巻き込んでまで行う必要があるの・・と思えます。(電車が、可愛そうです。)
ああいう行動に問題を感じられない者、
ただ、無責任な行動をしていて、無関係な人間を巻き込む行為は、慎むべきですよね。

投稿: 職業訓練指導員 | 2008年1月 5日 (土曜日) 21時34分

>私には、全く、主張・考慮や芸術性・技術を見出せないのです。
ここは、そのひとの感性などにかなり依存するところがあるのだろうと思います。一刀両断なら倫理的規範から言えばいいでしょう。感情的に議論すると反社会的行為といってもいいかもしれないですが、ここまで文化が交わる世界で言い切るのは少し躊躇しました。
また、スローガン列車に関して言えば、初期のものは、白チョークを硯で摺ってその液で書いたとか。即ち目的が達成されたらすぐ水とブラシで消せるようにしていたということを聞いています。(それが先鋒化すると例外もあったようですが)この話を聞いて、私はあるいみ救われた気になりました。

投稿: デハボ1000 | 2008年1月 5日 (土曜日) 23時10分

こんにちは。リニューアルを楽しみにしています。テーマを絞られると、意外と出版社の目にとまるというようなこともあるかもしれませんね。今年もどうぞよろしくお願いします。
>中小企業の加工技術・生産技術といった視点を強く持った内容に変えて行くことを考えています

投稿: KADOTA | 2008年1月 5日 (土曜日) 23時25分

こんばんは。今後のデハボ1000さんの名調子が楽しみですね。期待しています。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: kunihiko_ouchi | 2008年1月 5日 (土曜日) 23時53分

ありがとうございます。蓄積をどれだけ自分の糧にするか、そこに掛かっています。
元々扱ってるネタがかなり一方立てば他方立たずという内容を扱うところも有るためズバッと切れないことが論旨を鈍らせているかも知れません。ただ批判を批判として、いろんな人に頂いた「札束」を有効に熟成し腐敗しないようにしたいです。

投稿: デハボ1000 | 2008年1月 6日 (日曜日) 01時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/17494759

この記事へのトラックバック一覧です: 反省∩飛躍=モデルチェンジ:

« 乗り物もの真似 | トップページ | 商品化された雇用と請負(1) »