« バイドゥ・ドット・コム | トップページ | 回生技術 »

ノンステップ連節バス

---------------引用
三菱ふそう  メルセデス・ベンツ製ノンステップ連節バス「Citaro G」を 神奈川中央交通(株)に納入 2008年1月15日
三菱ふそうトラック・バス株式会社は、この程、メルセデス・ベンツ製のノンステップ連節バス「Citaro G (シターロG)」を運行予定の道路事情に合わせ改良し、神奈川中央交通株式会社(神奈川県平塚市:取締役社長 髙橋 幹)に4台納入しました。
本車両は、2月初めより神奈川県厚木市にある小田急線本厚木駅前“厚木バスセンター”と、同市の商業施設“厚木アクスト”を結ぶ路線で「ツインライナー」という名称で運行が予定されています。
「Citaro G」は、2つの車両を幌でつなぐことで、全長約18m、乗車定員は通常の路線バスの約2倍の131人です。これにより通勤ラッシュ時の輸送力が大幅に増大するとともに、環境保全、渋滞緩和などにも効果があります。日本には初輸入ですが、世界では発表から約10年、約5,000台がすでに運行しており、またシターロシリーズはヨーロッパで権威のある“バス・オブ・ザ・イヤー2007”を受賞するなど、信頼と実績のあるバスです。
なお、この連節バスの導入は、国土交通省が進めている「自動車運送事業の安全・円滑化等総合対策事業」中の、日本型BRT※の推進(バスの定時性の確保等)の一環として位置付けられています。(三菱ふそう社HP)
-----------------
厚木バスセンター~厚木アクスト間にノンステップ連節バス「ツインライナー」が平成20年2月4日より運行を開始します。
神奈川中央交通株式会社(本社:平塚市、代表者:取締役社長 髙橋幹)は、平成20年2月4日(月)より「厚木バスセンター」~「厚木アクスト」間で通常バスの約2倍の輸送力をもつ、ノンステップ連節バス「ツインライナー」の運行を開始します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

厚木アクストは、東名厚木インター周辺地区の中核を成すオフィスタワー(管理者注:NTT資本)で、現在約5,000人が就業しています。その多くの方の移動手段として、小田急小田原線本厚木駅から路線バスをご利用いただいておりますが、朝夕のラッシュ時には交通混雑が未だ顕著であり、更なるバスの利用促進を図ることが課題となっておりました。
今般、当社および厚木市、国土交通省、神奈川県、神奈川県警察本部で検討を行った結果、大量輸送と交通混雑の緩和を同時にかなえられるものとして、通常バスの約2倍の輸送力をもつノンステップ連節バス「ツインライナー」の導入を決定しました。また、運行区間の本厚木駅東口交差点から岡田電話局間(約2.5km)にPTPS(公共車両優先システム)を整備し、定時性・速達性の確保を図るとともにリアルタイムなバスと鉄道(小田急線)の運行情報を提供するシステムをバス車内に設置し、お客様の利便性向上を図ります。
なお、ノンステップ連節バス「ツインライナー」及びPTPSは、すでに藤沢市の「湘南台駅西口~慶応大学」間で導入しており、駅前渋滞が緩和される等好評を得ております。
概要◎運行について
開通式:平成20年2月3日(日) 運行開始:平成20年2月4日(月)
導入路線:厚木バスセンター~厚木アクスト(4.0km)
◎停車バス停
●厚木バスセンター → 厚木アクスト (朝)急行運転 (夕)回送
急行運転:厚木バスセンター、厚木アクスト
●厚木アクスト → 厚木バスセンター(朝)回送(一部各停運転) (夕)急行運転
各停運転:厚木アクスト、岡田電話局前、岡田、岡田一本杉、本厚木駅東口、厚木バスセンター
急行運転:厚木アクスト、本厚木駅東口、厚木バスセンター
運賃 大人190円 小人100円 (通常の路線バスと同様)ICカード対応 PASMO、Suica利用可
◎ 車両について・・導入台数
ノンステップ連節バス:導入車両 ドイツ メルセデス・ベンツ製 全4台
定員131名(座席46名+立席84名+乗務員1名)全長:17.99m 全幅:2.55m全高:3.07m
(神奈川中央交通HP)
----------------
すでに神奈川中央交通ではドイツ・ネオプラン製セントロライナー(エンジンはMAN)4両を導入し「ツインライナー」として運行しています。営業所は茅ヶ崎営業所で運行区域でメインである綾瀬営業所ではないですが、どうも綾瀬営業所の入り口に狭い区間があるからと言われています。(湘南台駅西口-慶応大学)
2007年末にはメルセデス・ベンツ・シターロ4両が導入されて上のように使われるようです。(この場合は回送経路と現行路線の管理の問題で平塚営業所持ちだと思われる。「ツインライナー」です。・・・(追記:とおもったらツインライナーは駅南であるが厚木営業所で持たせるらしい。一般車は平塚メインだが、バスセンター発着でもあるから、もしかすると・・・・。車庫事情が悪くなければそのほうが順当だな。))
この雰囲気だと国産の連節バスは当分開発されそうに無いと思いますな。まあ、選択と集中の現代。ラインナップをそろえるということが、メリット以上にデメリットが目立ってしまう事情もあります。全てラインナップすることがいいこととは思いません。
どっちにせよ、慶応大学グローバルセキュリティ研究所所長 竹中平蔵教授が絶対乗りに行くだろうと思う。いかんせん彼も『マニアです』と、カミングアウトしてましたからね・・・(彼の公式HPによると、趣味は・構造改革(ぉぃ)・野球観戦(大の阪神タイガースファンです)・音楽鑑賞(特に谷村新司の曲)というこですけどね)

|

« バイドゥ・ドット・コム | トップページ | 回生技術 »

コメント

> この場合は回送経路と現行路線の管理の問題で平塚営業所持ちだと思われる。
どのようにして平塚営業所管轄だと推測されたのかわかりませんが、ネット上に公表されている写真などを見ると営業所は平塚ではなく厚木(社番あ201~あ204)のようですね。

投稿: TX650 | 2008年1月24日 (木曜日) 21時43分

>ネット上に公表されている写真などを見ると営業所は平塚ではなく厚木(社番あ201~あ204)
えっ、そうですか。私もなやんだのですが、厚木バスセンター~厚木アクストの現行運用(厚105系統)は最新版も 担当営業所:平塚(共管表記なし)となってますのでその継承と考えました。
-------------
ところが、Wikiを見てみると実態は、「厚105 厚木BC・本厚木駅南口~(急行)~厚木アクスト:平塚営業所の担当路線であったが、利用者増による増発の際に厚木営業所も担当するようになった。当初の厚木担当便は臨時便扱い。 使用車種は本営業所の車両については特に限定はないが、平塚営業所の車両についてはバスロケーションシステムに対応してGPSを搭載した車両に限定されている。」「連節バスの運行を開始するが、回送ルートの関係上厚木営業所管轄」
成程。厚109系統も田村から厚木に移管されたこともあり、厚木に配置したんですね。(松連寺は入出庫がきつそうで田村ならなんとか・・と思ったが、下荻野はありそうだな)バスロケまで関わるならなおさら。
湘25系統(急行バス(連節バス主)・・茅ヶ崎)/湘24系統(普通バス・・綾瀬)と系統番号を変えるなら分かった。履歴明示の上直しておきます。拝承。

投稿: デハボ1000 | 2008年1月24日 (木曜日) 22時20分

今日仕事で厚木に行ったところ、試運転(乗務員訓練?)中のところを見ることができました。市民の注目度も高いようです。
ところでこれ、車幅が2,550mmあるんですね。これは欧州では一般的になっていますが、国内ではおそらく初めてではないかと思います。

投稿: TX650 | 2008年1月25日 (金曜日) 21時28分

>試運転(乗務員訓練?)中のところを見ることができました。市民の注目度も高いようです。
住んでる人から聞くと厚木はバス交通の依存度が高い町ですよね。ターミナル一点集中で利便性も高く、最後まで長尺車が居たぐらいですから、市民の間にも成功例としての期待が高いんでないでしょうか。
http://scroll.maps.nifty.com/map/uc/NiftyEntrance2?type=1&scl=25000&nl=35/25/02.406&el=139/21/58.921
を見ると√129+√246+√412(旧道経由でも新道経由も有り)で下荻野車庫におさめることが出来そうです。厚木アクスト⇔車庫を回送する条件なら幅員制限クリアということかも。

投稿: デハボ1000 | 2008年1月26日 (土曜日) 01時54分

そういったこの案件特有の条件の話もありますが、私はむしろ、今後国内のバスの車幅を欧州の標準と同じ2,550mm幅にしていく布石というふうに捉えたいと思っています。軸重規制の緩和とセットで実施する必要がありますが、長さや高さの全面緩和よりははるかに実現性が高いと思いますし。

投稿: TX650 | 2008年1月26日 (土曜日) 11時44分

>今後国内のバスの車幅を欧州の標準と同じ2,550mm幅にしていく布石
成程。そういう積極的見方はありますね。専門家らしい視点ですな。そういう意味なら更に地域のコンセンサスが得易いという厚木・・ひいては湘南ナンバー地域の優位性はあるかも。

投稿: デハボ1000 | 2008年1月26日 (土曜日) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/17719806

この記事へのトラックバック一覧です: ノンステップ連節バス:

« バイドゥ・ドット・コム | トップページ | 回生技術 »