« 近江鉄道多賀線スクリーン駅 | トップページ | 歩行者と自転車 »

日本一長い踏切だとか

http://scroll.maps.nifty.com/map/uc/NiftyEntrance2?type=1&scl=25000&nl=35/42/56.335&el=139/20/56.130
http://hkuma.com/rail/haifumi.html
http://blogs.yahoo.co.jp/lunchapi/51767877.html
このBLOG・HPでも出ていますし、タモリ倶楽部でも出てましたが、拝島駅の近くに、有名なながーい踏切があるんですね。では松原町4丁目側(バスターミナル側)から美堀町5丁目方向に行きましょうか。
青梅線倉庫前踏切(線路は3本、複線プラス車庫線。)その先は、細い道が保線区の建物(倉庫)の合間。倉庫の影にあるのが、保線車両の出入り用の線路(2本)。少し前は沢山側線がありましたが、あるときに整理されました。(撤去されたレール跡を数えると5本あったようだ)少しくの字のように右側に曲がってその先に八高線と西武拝島線の踏切があります。八高倉庫裏踏切といいます。単線が2つある上に米軍基地への引込み線1線(これはさらに西武線と横田基地引込み線が平面交差する)まで絡む複雑な配線です。この警報機でつかまると、手前のヤードの線路上で通過待ちをする事となり、本当に落ち着かない時間を過ごすのですよね。これがワンセットででかーい踏み切りになってしまうというわけです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

----------------
青梅線(日中でも往復10本/h以上)は結構頻繁に電車が来ますし、五日市線の電車が留置線に引き上げるときに倉庫前踏切をゆっくり渡ることがありまして、実にふさがってることが多いのです。でそこを通る後に八高線(往復4本/h)西武線(往復8本/h以上)をワンセットで渡るわけですが、各々単線の割には本数が多い路線でもあるため、ここで引っかかることも非常に多いんですよね。その上に米軍横田基地に入る燃料輸送が引っかかるともう、だめですね。あと、西武線に関しては、踏み切りを電車が通過する直前に遮断機が閉まるような調整がされてるようで、これはこれでひやひやします。
特に踏み切りの無い線路(ヤード)側に立ってると、本当にここは線路の中なのか、外なのか分からないので、遮断機が下りると下手すると、線路の中で待ってるという(しかも自転車を引いて)人も見ました。市にはかねてから何とかしたいという意見が寄せられていたと聞きます。
この対策としてJR拝島駅西武鉄道拝島駅(構内図は只今調整中)の橋上駅舎化のときに自由通路が造られた(結果西武線とJRの改札は分離)となったことから、昭島市主導で踏切を廃止する可能性があったようです。とりあえず橋上駅舎になり、自由通路が出来ましたが、こちらはこちらで、自転車などが渡れないし、本当にエレベータなど作ってカイゼンしようとすると、駅前の商店街などをぞっくり移転しなければならない(H20年完予)ようです。(ためにバスターミナルも駅前にもってこれない)その上この駅前は昭島市と福生市の境界が入り乱れ、上水道・下水道も別々という中途半端な位置にある(というか鉄道(青梅鉄道)が引かれ駅が出来てから町が出来上がってきたという事情を考えると至極当然)ことから、一寸時間が掛かるのはしかたが無いようです。というわけで安全面でいろんな問題がある踏み切りですが、当面残らざるを得ないようです。
また、も少し南西に行くと救急病院と大型スーパーマーケットの角から通じる、自動車も通れる道があるんですが、こちらはこちらで、沢山の自動車がやっと行きかうぐらいの狭い道路でして、歩行には向かないし自転車だと反って危ないから、こちらで代替できないということもあるでしょう。しかも西武線の脇には大きな西武系マンション群(ヤード用地に確保したのを転用したと言う話があるそうですが、是非は不明)があることも、廃止できない理由ですね。
-----------------
立ち位置が分からないというのは、怖いものです。「オセロの白い方」である松嶋尚美さん(注:漫才での立ち位置右・・これは違う意味ですなorz)は、かつて東急線九品仏駅の二重の踏み切りにて、踏み切りと踏み切りの間に挟まれた「安全地帯」で電車通過を待っているつもりが、横に並んでいた通行人のおじいさんと共に、踏み切りの内側で待っていたため、危うく電車に轢かれかけ、その後警察に事情聴取されたそうです(多少飲んでいたようです。時々天然ボケの代表例として語られる話)。ただ、こと、この踏切(特に倉庫裏踏切)でもこれは平気でありそうです。東京都の資料でも「危険な踏切」の具体事例で出てますね。
そういえば、会社勤めをしていたころ、連日11時ごろまで仕事をして、家に帰るにもメシを食べなければならない。というけど、あいてるところはそうないんです。(元々米軍基地の城下町的性格の有る地域ですから、飲み屋は多いところではあるんですけどね。)そこで、拝島駅の前にあるホルモン屋とかラーメン屋さんでご飯と言うことになるのですが、その後0時ごろこの踏切群を渡って家(上述のマンション群の裏)にたどり着くわけです。メシと一緒にホッピー割りなど少しでも飲んでいたら、いやあ疲れもたまってるから効く事。あるとき例によって、コンビニで買ったものを片手に、この踏み切りを渡っていたら、懐中電灯が私を照らす。警備員の人がいるんです。で良く視ると踏み切りの手前の留置線にE257系の出来立て新車が2本、ずらずらと並んでおり、これの警備をしてるんですよね。思わずE257に敬礼してしまいました。これだから酔っ払いは(以下自粛)
----------------
人間の発言は必ずその人の『立ち位置』があります。それが無いと話はできません。それをどうレスポンスされるか気にすると、語ることは出来ません。しかし語らないと、消極的賛同とか消極的肯定しかならないのです。誤謬が無く語ることはできる限り必要ですが、問いかけないと、誤謬の指摘も来ません。どっちが私たちの生き方として伸びるスジになりえましょうか。
人生はすべてこのような『変形踏切』なのではないですか。

|

« 近江鉄道多賀線スクリーン駅 | トップページ | 歩行者と自転車 »

コメント

こんにちは。先日はどうも。
学生時代、JR武蔵小金井の開かずの踏切には苦労しました。今でもあるのでしょうか。当時は田園都市線を利用していたので、踏切がなかったもので。唯一の長津田駅付近の踏切は今でもあるのでしょうか。京急でも踏切はあまりみかけませんが、先日、金沢文庫の東急車輌近くで見つけました。

投稿: KADOTA | 2007年12月11日 (火曜日) 22時59分

>学生時代、JR武蔵小金井の開かずの踏切には苦労しました。今でもあるのでしょうか。
当該付近は高架工事でかなり変化してるのですが、下り線が高架になったので一時ほどは混雑が無いかもしれないですね。私も自動車で一度引っかかったです。
開かずの踏み切りはこの近所にもあります。いつ立体交差が出来上がるか・・・(遠い目)

投稿: デハボ1000 | 2007年12月12日 (水曜日) 00時39分

長津田の踏切は単独の立体化で道路が地下化されて解消しています。もともとアプローチのスペースがなかったため結構大掛かりな工事だったと記憶しています。

投稿: TX650 | 2007年12月12日 (水曜日) 09時47分

>長津田の踏切は単独の立体化で道路が地下化されて解消しています。
そうでしたか・・・逆な言い方をすると、そこまで徹底して田園都市線は溝の口以南は、延伸工事されたと言えるのですが。

投稿: デハボ1000 | 2007年12月12日 (水曜日) 12時16分

自己レスです。
----------
日本一長い踏切 思い出の「130メートル」廃止に 東京(5月31日20時28分配信 毎日新聞
 「日本一長い踏切」と言われる東京都昭島市の市道北143号の踏切が31日、廃止される。終電後の封鎖を前に、踏切に親しんだ家族連れや鉄道ファンが訪れ、記念写真を撮る人の姿もあった。
 踏切はJR線と西武線などが乗り入れる拝島駅近くで、全長約130メートル。駅に新しい迂回通路が完成したのに伴い、市は危険性も指摘されていた踏切を封鎖することにした。

投稿: デハボ1000 | 2009年5月31日 (日曜日) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/17300524

この記事へのトラックバック一覧です: 日本一長い踏切だとか:

« 近江鉄道多賀線スクリーン駅 | トップページ | 歩行者と自転車 »