« 信じていないんです | トップページ | 「ニセ学位」実態調査 »

Shewhart Cycle とPDSA

PDCAサイクルと言う話は、今日耳日曜(大日本除虫菊社の使い捨て懐炉『どんと』のCM、1981年・ザ・ぼんち)と言いたくなるほど、ここに書いていると言われそうですが、デミングサイクルといいます。(シューハート・サイクルともいいます。実際は2人ともこの研究者で、シューハート氏の研究を明晰にし、共同研究したのがデミング氏。)ISO9000はこの考え方に多大な影響を受けた国際的基準ですが、運用には紆余曲折がありまして、一部の人から帳票主義と批判された94年版が有名です。けれども、最近は品質保証を含んだ顧客満足の向上を目指すための規格との変化が見られまして「2000年版」「2006年版」と呼ばれる規格では以前の感じは潜めてるようです。(JIS Q 9000:2006 / JIS Q 9001:2000が相当)
94年版、2000年版はよく認証実務者で自虐的に言う人が多いのですが、「ISO9000を運用することによって帳票管理が煩雑になりすぎ、一方実効が上がらず中小の企業にはこれが元で管理部門が人員破綻を起こし、生産性が落っこちて倒産」・・という事例を見ています。本末転倒ともいえますが、世界的にこれが品質要求の「黄門様の印籠」状態になってる以上取得しなければならぬ・・という相反があるんですよね。そこに検査方法とか検査技量と連携が必ずしもとれていないのは専門家にとっては、忸怩たるものがあるかもしれないですな。
PDCA(Plan-Do-Check-Act(注:Actionとも))、PDS(Plan-Do-See)、CAPDo(Check-Act(注:Actionとも)- Plan-Do)というバリエーションのほかにこういう見方もあるんです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

------------------------
PDSA, PDCA, Deming Cycle, Shewhart Cycle http://curiouscat.com/management/pdsa.cfm
PDSA Cycle-cyclical four stage improvement process: Plan-Do-Study-Act. The process is promotes continual improvement.
■The plan stage includes gathering data on the current situation and past history.
■The do stage is actually a experiment stage where possible improvements are tested as pilots (on a small scale).
■In the study stage the results of those experiments are studied.
■And the act stage is used to adopt improvements if the experiment found successful methods.
------------------------
PDCAのさらに進化した形がPDSA(Plan-Do-Study(注:Searchとも)-Act(注:Actionとも、Approveともいうらしい))と言うことらしいです。あまり日本では聞きませんねえ。ところが1980年代の半ばごろから、デミング氏がPDCAサイクルに代えて使い出した由緒有る言葉だそうです。checkがstudyになったのは、より詳しく評価するというニュアンスなんだとか。確かに思いが伝わる解釈です。
大体、説としては、フランシス・ベーコンが考える科学的思考論が源と書いてあるものもあるんです。(The concept of PDCA comes out of the Scientific Method, as developed from the work of Francis Bacon (Novum Organum, 1620). )
確かに、PDCAがお念仏の題目の如く唱えられ、「信じるものは救われる」という見方をする者さえいたことを、デミング氏は後年いたく気にしていたと聞きます。但し、私個人的に考えると、研究者にはPDSA・実行部隊にはPDCAを、現場の直面する課題に対するプロジェクトにはPDSをと言うように使い分けをするべきなんですよね。そのあたりの壁が無いのも日本の特徴ですから、それはオリジナリティーを含めていいと思いますが、どうマッチングするかは現場・現物・現実に即して本当に考えないといけませんね。それこそがPDCAの発露ともいえるんではないでしょうか。
運用次第で、いかにでも変わる。そこが工業における妙味だと思う。お題目ではない真実を見る目をどうすれば次世代の工業にかかわる皆さんに育成できるか、そこに工業をどうするかという使命も感じるんですけど、そんな事いっちゃっていいのかな。

|

« 信じていないんです | トップページ | 「ニセ学位」実態調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/17436777

この記事へのトラックバック一覧です: Shewhart Cycle とPDSA:

« 信じていないんです | トップページ | 「ニセ学位」実態調査 »