« 学生劇団 | トップページ | 図面に書き込もう。 »

セルフを選んだなら知っておこう

そらねえ、スキルの差というのは分かりますが、自分が乗っている自動車に対する最低限の知識はほしいものですがねえ。
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/071104_1.htmも参考のこと。)
----------引用
ガソリン高騰でトラブル急増 セルフで軽油給油、エンスト[J-CASTニュース:2007年11月05日 21時36分]
●原油高騰をきっかけにトラブルが増えている
セルフサービスのガソリンスタンドで、誤ってガソリンではなく軽油を給油して自動車が動かなくなる、といったトラブルが全国で多発している。原因はセルフのスタンドが急増、自動車の知識の欠けたユーザーが間違って給油したというものだが、背景にはガソリン価格の高騰が関係している。
JAF本部はJ-CASTニュースの取材に、首都圏の一都三県で緊急調査したところ、07年4月~6月で153件のトラブルが見つかった、と明かした。07年に入って燃料の入れ違いによる救援依頼が急激に増えたことに疑問を持ち、トラブルのデータを分析したところ、こんな結果が出てきたのだという。トラブルの多くは、セルフ式のガソリンスタンドでガソリン車なのに軽油を入れてしまった、というものだそうだ。これを受けて、JAF愛知支部も東海4県と北陸3県でも調査を実施した結果、07年7月~9月の間に計232件発生していたことがわかった。
----------中断
えー、確かに灯油と軽油はかなり近い物性を持つところがありまして、灯油でディーゼルエンジンは動くといえば動くんです。勿論以前も書きましたが、自動車燃料用としては灯油使用自体脱税という所もありますし、やってはいけないこと。けどガソリンはこれとは違う
大体 軽油>灯油(≒航空用燃料)>自動車用ガソリン≧工業用ガソリンという、燃焼温度の目安があります。工業用ガソリンを使うことは脱税になりますが、それ以上に高価なのでまずないでしょうね。
そもそも、軽油とガソリンの燃焼温度がかなり離れていることから、一緒にしてはならないことが分かるでしょう。(それより駆動・・・燃焼機構の大きな違いがあるんですけど、その次元まで至らないということで)
----------再開
●間違って軽油を入れた場合どうなるのか
「JAF Mate」07年11月号によると、エンジンの力が無くなり白煙を噴きエンスト。仮にガソリンと軽油を50%ずつ入れると約5キロメートルで走行不能になる。軽油100%では500メートルで止まってしまう。こうなると、整備工場やディーラーで軽油を抜き洗浄しなければならず、部品が壊れるケースもあるのだという。
----------終了
そうなんです。こわれても不思議ないんです。最近のスタンドではあまり見ませんが、ガソリンスタンドの中にジャッキアップ設備を持たせる設備は、誤給油をしたときの対策でもあるんです。これは勿論他の理由もありますが、間違って給油した場合にこれを使って油を抜くということも目的の一つです。この問題は「ガソリン価格が高騰していますから、できるだけ安いガソリンを買おうとセルフ店に行って、さらに、軽油の方が安いから軽油を入れる、という例があります。また、軽自動車だから軽油、と勘違いするドライバーもいるようです」だって。 とほほ・・・
もっともJAFは「ドライバーに注意を促す」というが、JAF本部も頭を抱えているのがセルフ店の急拡大だといってるそうです。セルフ店が無かった時代には、こうした給油トラブルが起こることは殆ど無かったから・・と言ってるそうですが、それより自動車の基礎中の基礎をミスする運転手がセルフスタンドに行ってはいけない気もしますね。、00年12月末で全国に422店舗だったセルフ店は、01年末は1353店になり、03年末は3423店舗、06年末は6162店舗と倍々で増えている(日本エネルギー経済研究所調べ)けど、フルサービスのスタンドが無くなったわけではない。ガソリンスタンドは過当競争下で価格競争にかなり前からなっている。またブランドごとに商品の特徴を差別化しにくいのですな。(専門家に言わすと、じつはメーカーの差異が実はありますし、また最近のガソリンがやや灯油寄りに物性移行してるという情報もあります。だからといって舐めるわけには行かないし。)とはいえ、現下、消費者が1円でも安いガソリンが欲しいと奔走している中で、店員がサービスをするフルサービス店舗は経営が難しくなっていので、セルフ店の拡大はこれからも続く状況です。
当然、ドライバー一人一人が自分の車の燃料の種類くらいは覚えるよう徹底させるしか対策は無かろうとは思います。但しこれは自動車が白物家電化してることを端的に示すのではないですかね
----------
軽自動車だから軽油、と勘違いするドライバーというのは、じつは一寸困った事例がありまして。某所で連続した問題ですが、軽自動車でスタンドに行って、仕事に慣れてなさそうな職員に「軽油を入れてくれ。軽自動車だから。」といい、それをいれてもらってからすぐ戻ってきて、クレーム+因縁をつけるというゆすりたかり事件が頻発した事もあり、業界紙でかなり問題視された時代もありました。かくのごとくトラブルになる事も多かったので、高価ではありますが「以前に入っていた油種がガソリンか軽油かを検知し、間違いがあった場合にはエラー信号を出す」センサーシステム(超音波式とベーパー検知式の2つがあります)を入れている場合もあります。フルサービスで、忙しいときには熟練していないアルバイトを沢山雇うしかない観光地のスタンド等、需要の季節波動が多いところに良く使われていました。(油種検知式:世界にも日本しかないものです。たとえばこちら・・コンタミ防止機能こちら・・・油種検知
本当なら、ブランドで区別できればある意味評価できるかもしれないが、これ分かりにくいんです。といって、一時某石油会社は
いれてみて はじめて分かる の味
というのを広告に出して、ハラスメントだとド顰蹙を買ったこともあるからなあ。
ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 学生劇団 | トップページ | 図面に書き込もう。 »

コメント

給油は家族任せで、ガソリンスタンドに入って給油する(頼む)ことすらしたことがない人だっていそうです。自分のクルマのエンジンがどこについているのか知らないユーザーもかなりの割合でしょうし。
ちなみに逆の話ですが、スタンドに「石油ちょうだい」と言っておばさんが持ってきたポリタンに、アルバイトがガソリンを入れたために火災の原因になった、という話もありましたね。

> それより駆動機構の大きな違いがあるんですけど
点火(燃焼)機構のことでしょうか?
(駆動機構というのはトランスミッションやデファレンシャルギア、ドライブシャフトなどのことです)

投稿: TX650 | 2007年11月 6日 (火曜日) 08時25分

>駆動機構の大きな違いがあるんですけど
うわあ、燃焼機能ですな。(点火・・と書かないほうがいいかも)それはそうとして、このあたりの判別って、自動車免許を貰うとき一回は耳にするんではないかと重います。
>アルバイトがガソリンを入れたために
大体、ポリタンクにガソリンをいれてはいけないこと(携行用は金属タンクに限る)ぐらいは雇用者が教えるものかとは思うのです。もっとも近頃は、街中では危険物取り扱い免許保持者しかバイトの求人もないようです。(逆に普通高校で免許を推奨する指導を行うようになりました。これはこれで評価できるでしょう。)

投稿: デハボ1000 | 2007年11月 6日 (火曜日) 15時06分

TBどうもです。
ホントに考えられないことではありますが、正直クルマの知識なんぞ、一般ぴーぽーは余り知らなくなってきてるんですね。考えを改めねば・・・

投稿: mac | 2007年11月10日 (土曜日) 22時45分

>正直クルマの知識なんぞ、一般ぴーぽーは余り知らなくなってきてるんですね

それですむ時代でもあるんですが、無知を無知だと認識してないのかもしれません。製品の設計行為全体のリスク回避策がすごく重くなってきてるこのごろです。

投稿: デハボ1000 | 2007年11月10日 (土曜日) 22時58分

まあ既に20年近く前に、乗用車のバッテリーがどこにあるか知らない二輪車メーカーの営業マンがいましたが(笑)。寮のおばさんに「TXくん技術系だから見てあげて」と頼まれたのですが、そーゆー問題では…。
彼も偉くなってるかなぁ。

投稿: TX650 | 2007年11月12日 (月曜日) 20時04分

うええ。それもなんだかですな。

投稿: デハボ1000 | 2007年11月13日 (火曜日) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/16990741

この記事へのトラックバック一覧です: セルフを選んだなら知っておこう:

» 軽だから軽油? [MAC`S GADGET ANNEX]
セルフ式ガソリンスタンドでの、油種の入れ間違いが多くなっているそうな。多くはガソリン車に軽油を入れるケース。勿論、ハイオクとレギュラーを入れ間違えても影響ありませんが、ガソリンと軽油では大事です。故障で済めばい... [続きを読む]

受信: 2007年11月10日 (土曜日) 22時43分

« 学生劇団 | トップページ | 図面に書き込もう。 »