« 意匠登録だぞ | トップページ | 環境にどうやって「優しく」接するか »

轍(テツ)を踏まないように

--------引用------
消えゆく東京駅発ブルトレ 「銀河」来春に引退(朝日新聞) - goo ニュース2007年11月18日(日)11:02
「ブルトレ(ブルートレイン)」の愛称で親しまれてきたJRの寝台列車が、09年春にも、東京から西へ向かう路線から姿を消す可能性が高まっている。利用客の減少が主な原因で、ほかの路線も同様の事情を抱えている。一部の豪華列車を除き、将来的には廃止の方向にあるという。
JR各社の複数の関係者によると、2008年3月中旬のダイヤ改定で消えるブルトレは、京都―熊本間を走る「なは」と京都―長崎を結ぶ「あかつき」、東京―大阪の「銀河」。また、大阪―青森の「日本海」と上野―札幌の「北斗星」は、現行の1日2往復から、1往復に減る。このダイヤ改定は今年11月中旬に正式決定し、12月中旬に発表される予定だ。
さらに、09年春のダイヤ改定では、東京―大分の「富士」と東京―熊本の「はやぶさ」の廃止が、JR各社の担当課長レベルで合意済み。これが正式に決まれば、大阪以西を走るブルトレは皆無になり、東京駅でブルトレは見られなくなる。ブルトレ発祥の地である九州などでは、地元の反発も予想されるという。(後略)
-------------------
「北斗星」はあまり考えてなかったのでちょっと驚いてます。ただ、私は、線路維持費などのこともあるのかなあと思っています。北海道に関しては競争相手となるのが飛行機だけですが、飛行機のほうも価格低下傾向がでてますから、そこを見てのかんがえとはいえると思いますね。また「地元の反発」があることは織り込みすみだろうと思います。ビジネスモデルとして成り立たない地域が多くなったということですか。
-------------------
放出車両、引く手あまた 来春廃止の兵庫・三木鉄道(朝日新聞)2007年11月20日(火)17:22
 来年3月末で廃線となる兵庫県三木市の第三セクター「三木鉄道」に、全国の三セク鉄道会社から「車両を譲って」という要請が相次いでいる。85年の国鉄分割・民営化によって三セクに移行した地方鉄道の多くは、気動車が約20年の耐用年数にさしかかり、更新時期を迎えているからだ。三木鉄道が所有する3両の気動車は比較的新しく、経営難で新車に手が出ない各三セク鉄道にとって、またとない好機という。
 三木鉄道は1998~2002年、富士重工業製のディーゼル気動車3両の新車を、それぞれ約1億円で購入した。隣接する同県加古川市とを結ぶ約6.6キロの単線を、1両編成(定員116人)で運行している。車幅などの規格について、全国の三セクはほぼ共通しており、中古車だと数千万円程度での購入が見込めるため、現在7社から問い合わせが寄せられている。
樽見鉄道(岐阜県)は、三木鉄道廃止の報に接し、すぐに社員を現地に派遣して車両を確認した。所有する6両のうち3両は昭和期の製造。経営難で沿線5市町から徹底した経営努力を求められており、「三木鉄道の車両はのどから手が出るほどほしい」という。
-------------------
こちらはあるかもとおもってました。モニュメントに残すだけが結果で無いですし、標準的仕様ですからもし国内で需要がなくても輸出になるとおもってましたから、正しい経営的判断かと。個人的意見ですが、欲しがってる会社7社というのもだいたいどこかなあと類推がつきますね。
------------------
さて、今日静岡にて会議がありまして、10時に客先について15時に終わりということでもあり、「では帰りに駿豆本線でも 行って運転台の後ろにかぶりつくというマニア特有の行動をしようかなどと魂胆を持っていたのです。
ところが静岡駅に付いたとたん、携帯にTEL「13時からに時間変更」・・・orz。でこれはということで、早速「大井川鐵道金谷駅」へ(おい)。丁度蒸気機関車+客車+電気機関車が出て行くところでした。しばらくして新金谷行き電車に乗ってみました。(今は金谷駅から新金谷駅近く経由島田駅方面のしずてつジャストラインバスもあるんですが、どっちも時間1本ですからね)421系がきました。いまや珍しい吊りかけ車です。
●16000系 - 元近鉄南大阪線・吉野線特急車。2連3編成在籍。
●3000系 - 元京阪京阪本線特急車。台車は元営団地下鉄5000系のもの。2連1編成
●421系 - 元近鉄名古屋線特急車由来。一般車改造後養老線に移籍。非冷房で予備車。2連1編成
●21001系 - 元南海高野線の通称「ズームカー」。2連2編成
季節としては丁度暑くも寒くも無くですから、非冷房車でもいいのですが、どうも421系電車はドア配置がワンマン運転に使いいいし、混雑時に使いいいのか、予備車という形ではなくて比較的使われているようですね。(運転性能はこの路線に関してはそこまで議論しないでいいようです)9月に別件で金谷駅を通ったときにもこの編成がホームに止まっていました。一方新金谷の車庫には検査中らしき3000系(片割れは車庫の中。残りは外に留置)と側線の奥に押し込められている16000系1編成がありました。運用上4本は最低必要なダイヤですからこのほかの電車もちゃんと動いてるのでしょう。(事実16000系1本は見送りました)
この時期だからでしょうか、新金谷駅はSLに乗るための団体観光客が山ほどいました。(ここは観光バスで来る人がメイン)この営業方針は徹底してますな。また最近廃車になったC11形C11 312 はブルーシートをずっぽり被って高架下においてあるみたい。保存を考慮してるのでしょう。これで車体の洗浄が綺麗ならばいいんですが。
----------------
というわけで鉄分を補給してきました。で会議はって?ええちゃんとやってきましたよ。駿豆鉄道は次回に持ち越しです。
もちろん、JRも含め全部の会社が大井川鐵道になるということはまず出来ないこと。その意味で大井川鐵道の活動は亜流かもしれないけれども、ニッチな市場でちゃんと商売を成り立たせているし、蒸気機関車の保守技術は国内でも継承者が減っている(しかもボイラーを扱う意味でも一般の鉄道とノウハウが異なる)現下の状況を考えると、それはそれで稀有な存在なんでしょう。いずれは、「ブルトレ(ブルートレイン)」もかくのごとく保存や回顧の対象になる存在になるんですかねえ。
ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 意匠登録だぞ | トップページ | 環境にどうやって「優しく」接するか »

コメント

こんにちは。小学生の頃、ブルートレインとかスーパーカーはやりましたね。朝夕、品川の車庫でよく見かけますが、だんだん減っているのですね。私が乗ったことがある寝台列車は下記2つだけです。

http://www1.ths.titech.ac.jp/~kadota/kengaku/izumo/izumo.html

http://www1.ths.titech.ac.jp/~kadota/kengaku/yonago/yonago1.html

投稿: KADOTA | 2007年11月21日 (水曜日) 07時20分

>寝台列車
ムーンライト出雲は今後も走っていくと思いますし、それなりの接客設備への投資もしてます(居室の設計は某大手ハウスビルダーが行ったそうです)。但し前者の(客車)出雲は過去帳に入ってしまいましたね。
双頭レールですか。最近南海電鉄泉佐野駅でまたカーネギーの古レールが出てますね。
http://www.asahi.com/life/update/1103/OSK200711030032.html

投稿: デハボ1000 | 2007年11月21日 (水曜日) 08時27分

こんにちは。出雲はなくなってしまたんですね。双頭レールに反応されるとはさすがです。

投稿: KADOTA | 2007年11月21日 (水曜日) 14時43分

>出雲
の廃止の時も、県庁所在地からのルートが無くなるとか言われました(高速バスの東京直結は出雲廃止の後あるようですが)が、じつは鳥取県の経済は米子のほうがメインですからねえ。しれに大阪方面は智頭急行で直結されましたし。

投稿: デハボ1000 | 2007年11月22日 (木曜日) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/17135143

この記事へのトラックバック一覧です: 轍(テツ)を踏まないように:

« 意匠登録だぞ | トップページ | 環境にどうやって「優しく」接するか »