« 考え方によっては怖い | トップページ | 犬猫の里親募集 »

蝶ネクタイ

このところ官庁さんないしは、その外郭団体さんに仕事にお伺いすることが多いが、クールビズということで、相手さんもノーネクタイということが多い。一般の会社の場合は営業職だけは「相手に何を言われるかわからないで、時として叱られる場合がある」ということがまだ多いそうである。(この話は、特に土木・建築関係の人からよく聞く)それでも、今はネクタイはしていくが上着は持っていかないことが6月~9月に関しては容認させるようになってきた。(私とてTPOと相手先の考慮はするが)かくいう私は思いっきり汗かきです。汗だらけのネクタイ姿と、節度有る環境対応姿勢とどっちが、礼儀を正す姿勢かというと、これ疑問ですな。(様子を見てネクタイを外してお伺いする場合もありますが、それは有る程度相手さんとお付き合いしてからになりますね。)
過日某社にお伺いしたところ、「当社はクールビズを積極的に推進しています」というポスターが張ってあって、面談した相手の方(管理職)はTシャツであった。なにもネクタイをすればいいというわけでないから、私は潔い態度と考えている。
----------------------------
以前、某国立大学の先生と夏場面談したとき、相手さんもかなり心得た方と見えて、名刺交換後
先「いやあ、近年政府の方針でクールビズを私たち大学教員もできるだけ協力しなければというはなしなんで、ノーネクタイで失礼します」と丁寧なご挨拶であった。
で、話をしていくと
先「いやあ、私の専門が溶接技術ですから、たまに工場に行くと、安全対策が・・というご意見をいただくことがあるんです。」(注:スパッタという溶接で溶けた鉄の粒で、皮膚に焼けどなどを起こすことが、容易に想定される環境である。)
デ「溶接職場てのは、安全対策には非常に几帳面な場所ですし、かといって環境対策という国策も事実、至上課題ですからねえ」
先「そこで、私は、教授とも話をして、夏場はノーネクタイなのですが、必ず長袖のワイシャツにするんですよ。普段はまくっておいて、必要なときは伸ばすという便法です。なにとぞご理解いただきたく。」
デ「これはご丁寧に。その話、実学の考え方としては失礼ながら、とても賢明なご見解と思います。弊社でも(注:会社員時代の話)溶接職場が多いということで、夏用の着衣も薄手ではあるけれども、全員必ず襟つき長袖です。」
先「そうでしょ。大体そこに軽装でお邪魔するのも、失礼ではないかと考えるんですよね。」
デ「わかります。私の会社では、客先や協力工場さんにも溶接とか熱処理とかいう業界が多いです。そういう理由もあり、その長袖の作業衣で営業活動など訪問を行うようにという指導をしております。」
先「作業衣でですか。徹底してますね。わたしも学校では作業衣ですからわかりますが、外出時はなかなか」
デ「はい。ただですね、大多数は自動車での出張なので、まあいいのですが、たまに新幹線に乗るときがあるんですよね。これは時として『この時期に長袖?』という方から奇異な目で見られるんですよ。会社の名前も入ってますからそれを恥じることもないんですが、そこが一寸まだ抵抗がありますかね(笑)」
------------------------
着衣で体温調整をする必要がある人間はまあこんなことで迷いを見せるのだが、着衣でどうこう言えない動物は迷いもないが、てらいもない。
我が家には2匹ネコが居り、当然ながら着衣を着ているわけではない。毛が生えており、抜けるとかいう自立的調整をしているか、暑いときは床で寝てるわけだから、問題はないのだが、一応片方はなぜか礼儀をわきまえている。(単なる飼い主の趣味でもある
まず2匹ともネームプレート(電話番号付き)をつけている。これは名刺代わり。(遊びに行って帰れなくなったりすると困るものね
片方(アメリカンショートヘアー)は更に蝶ネクタイらしきものをつけている。いままで特に気にしていなかったが、最近色が濃紺に変わったので「おや」ということでよーく見てみたら・・・そのネクタイらしいものにローマ字で、
JR KYOTO ISETAN
顛末は到来物の菓子についてきた綺麗なリボンを、子供達が蝶ネクタイに加工したということだった。(苦笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 考え方によっては怖い | トップページ | 犬猫の里親募集 »

コメント

> 相手さんもノーネクタイということが多い。
官庁は「多い」ではなく「例外なく100%」半袖ノーネクタイではありませんか?なるほどこれがニッポンの「官」の力の源泉か、といたく感心(笑)しております。

投稿: TX650 | 2007年7月22日 (日曜日) 15時10分

 久々にコメントします!

 僕は、まだ再就職していないので、クールビズの現状がサッパリ分かりませんでしたが、ドンドン進んでるんですね。いい事だと思います。これで、エアコンの設定温度が下がりますからね。

 クールビズを、日本だけでなく、世界の合言葉にしたいですね。

投稿: ゆげやかん | 2007年7月22日 (日曜日) 20時53分

>官庁は「多い」ではなく「例外なく100%」半袖ノーネクタイではありませんか?
本庁で見たうちでは、確かにそうでした。同じ建屋でも外郭団体の人(だからOBということもありえますね)の場合は、必ずしもそうでない見たいです。あと現業関係は把握してないです。だから、例外も有るのだろうと考えてます。なお、ノーネクタイですが薄手のワイシャツで綺麗にまくっている官吏の方はいましたね。
>クールビズの現状がサッパリ分かりませんでしたが、ドンドン進んでるんですね。
率先垂範という意味では、これは評価して良いのでしょうが、圧力が強いからしぶしぶという事か今のところは分かりません。けどあまり悪い環境ではないというのは感じます。大平内閣の時、同様な趣旨で半そでの夏用背広を普及させようとして、大顰蹙になったことがありましたが、(あれは中途半端ではあったな)そのことを考えるとスマートですよね。案外ノーネクタイで颯爽と歩く前首相と当時の環境大臣(現防衛大臣)はいい意味で広告塔になっていたのかも。
(PS)宮内庁はどうも、軽装だけどノーネクタイではない見たいですね。本日の報道映像の限りでは。

投稿: デハボ1000 | 2007年7月22日 (日曜日) 21時13分

こんにちは。蝶ネクタイが現在の日本でどのくらい公的なものなのかと常日頃思っておりまして。いつもいるのです。学校関係者で公式な行事に蝶ネクタイの方が。

投稿: KADOTA | 2007年7月22日 (日曜日) 22時41分

>いつもいるのです。学校関係者で公式な行事に蝶ネクタイの方が。

うーむ、企業の関係の方でそのような方はお会いしたことはないですねえ。確かに結婚式なんかではありますから、全くダメということはないのでしょうが・・・・。礼を失してはいないがマッチングが悪い・・・という感じなのでしょうね。

投稿: デハボ1000 | 2007年7月24日 (火曜日) 16時21分

こんばんは。
世界では正装小道具として認められている蝶ネクタイですが,日本では女の子が髪を結うリボンみたいというイメージで捉える人が多いんでしょうね。

投稿: niwatadumi | 2007年7月25日 (水曜日) 21時44分

>世界では正装小道具として認められている蝶ネクタイですが,日本では女の子が髪を結うリボンみたいというイメージで捉える人が多いんでしょうね。
たぶんそのあたりは、洋装文化が元来到来物ですし、ある意味気候に最適という衣料ではないでしょうから、差異が出ざるを得ないかもしれません。

投稿: デハボ1000 | 2007年7月26日 (木曜日) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/15838375

この記事へのトラックバック一覧です: 蝶ネクタイ:

« 考え方によっては怖い | トップページ | 犬猫の里親募集 »