« 鉄は国家なり | トップページ | クレーム対策とリスク »

また飲んだ食った

このところ外食ばかりです。水曜日にも少し飲み食いしたのですが、金曜日東京ビッグサイトに用事があり、打ち合わせをしたりした上、本などを買ったりもしてその後バスで東京駅にたどりついたのだが、この段階で朝飯はパン少々・昼飯抜きという事実に突き当たった。
おなかすいたよう・・・・時計は16:00過ぎ。丁度八重洲地下街で、吟醸酒の有料試飲会をやってます。こういう行事です。http://www.ginjyoshu.jp/というので、もう帰っても仕事をしないだろうという計画の基に、はいってしまいました。
今週は東北地方では「いい酒は朝が知っている」のTVCM(私がいたころからCMはそのままらしい)の、桃川酒造(青森県)の比較的手ごろな吟醸酒をいただいていたところ、会社の東京営業所長が出てきて(若い人です)挨拶をしてくれまして、酒造業界の話を色々教えてくれました。面白い話をしてくれましたが、聞くとアメリカに対して(いくつかの酒造メーカーと共同で)通信販売の会社を立ち上げてるとかいう話。そのような資本的な問題が、中堅メーカーの統合などを生み出している現実をきいてしまいました。
灘の酒に忠勇というのが有名で、小豆島の丸金醤油と合併してマルキン忠勇となったのまでは知ってました。バイオ部門の充実などの先行研究もあったようですが、そこに最近「ねのひ」というブランド(みそ・醤油も有名です)で有名な盛田株式会社(愛知県名古屋市・創業は愛知県常滑市・一時はSONYの大株主でもあった)が関わって統合した持ち株会社「ジャパン・フード&リカー・アライアンス株式会社」(大証2部)http://www.j-fla.com/index.htmlを守り立てているようです。キーとなる会社は盛田のようですが、マルキンの創業を継承しているようで本店も小豆島になっているんです。(「忠勇」の酒は灘五郷にも入っているが、現在のところ酒は震災の関係で製造から撤退した模様)
盛田家はSONYの創業者の実家の家業でもあります。大体ミツカン(愛知県半田市)のように酒粕から酢をつくることで世界のメーカーになった会社も有るんです(資本関係が有るらしい)から、醸造というものに強い地域なのですが。それだけ資本形成がやりやすい地域なのかもしれません。
このほか「酒は大七 旨さは第一」の野立て看板で東北地方の方にはおなじみの酒造会社の9代・10代(当代)当主の話で盛り上がった。
------------------------------------
さてそのあと丸の内にでて池袋に地下鉄で出てから、ちょっとした用事を済ませて、宮城県ふるさとプラザへ。というのは、ビッグサイトで工業団地の誘致の話を聞いていたら、相手さんが宮城県黒川郡大衡村の役人さんでずっこけました。そこで、「これからは、公共交通の整備も考えないとつらいですね。バス会社に依存できなくなってきましたし。インターチェンジ重視だと工業団地というより流通団地になってしまいますよ。・・・ほらそういう会社がメインですよね。また定住者用の団地が併設されてますが、そちらに人を集める効果ができませんよ」なんて話をしていたのですが。聞くと大幅減便になった路線バスに代わって、仙台方面から隣の大和町まで来ている路線バス(これはまだ頻繁にあるほう。他系統もあわせて時間2本)の連絡用の村営バス78条バス・・白ナンバー有償輸送自家用有償)を15本ぐらい動かしても、定住者の流出は避けられないという話という話をしていたのです。事実工業団地で税収は増えたが、みんなで車で来るので住民増+住民税増にならないという問題意識があるようです

まあワンカップを買って、必要なものを買い込んでからであるが、おくの牛タンやさんで牛タン盛り合わせとビールで一杯。と思ったら隣に座ってるおじさん(何でも以前はホテルオークラのバーテンから始まりソムリエをやっていたが定年で悠々自適だとか)と話が盛り上がり、浦霞をおごってもらいました。しかも値段から考えて、そこまで高いのが出るとは思わなかった(反対側の人は一の蔵の無鑑査辛口を味わっていた)のだが、いざ出てきたのは、高級な「浦霞禅」だったのでおどろいてしまった。これは買いだわ。
そして店を出ようとしたら、いつものきびなごの佃煮の棚の横で、牡蠣の佃煮を売っているのを発見。今年は病気のため生牡蠣の出荷規制があったからかもしれないが、都内にてテスト販売をしているらしい。出荷規制で少しそのまま育成させたために、いつもの宮城県産の牡蠣より大振りなのを浅く煮付けており、保存も効くが塩分を少なくしたモノ。買い込んでしまったが、おかず向きではあり酒のつまみではないみたいだった

最期に、そのあと湘南新宿ラインに乗ってワンカップ(真鶴・金紋カップ)をのんだら寝てしまい、気がついたら乗り過ごしてしまった。しかもさけをもったまま。さすがに常磐線でないから目立つこと・・・・(恥)

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 鉄は国家なり | トップページ | クレーム対策とリスク »

コメント

> 78条バス・・白ナンバー有償輸送
道路運送法改正前の旧「80条バス」ですが、改正後は78条と79条で「自家用有償旅客運送」と定義されています。このうち78条は「有償運送の原則禁止」を謳ったもので、自家用有償旅客運送の内容については79条で示されています。
従って旧「80条バス」の言い換えとしては「78条バス」でも間違いとは言えないが、どちらかと言えば「79条バス」の方が適切なのではないかと思います。
現実の交通計画の現場では一般に「自家用有償」(または具体的登録内容に応じて「福祉有償」「過疎地有償」など)と呼ばれており、「●●条バス」という呼び方は今のところあまり耳にしません。対であった旧「21条バス」が4条に統合されてしまったせいかもしれませんし、あるいはひょっとしたら、もはや「バス」を使う自家用有償は少数派だから(涙)なのかもしれませんね。

投稿: TX650 | 2007年6月19日 (火曜日) 19時39分

調べてみたのですが・・・といっても輸送関係の方ではなくて、この大衡村のバスは、自家用有償という形で動かしてる白ナンバーのバスと、ミヤコーバス委託(独自路線)と2種類の使い合わせをしているみたいです。(表立ったHPには書いていない)・・・直して置きます。

投稿: デハボ1000 | 2007年6月19日 (火曜日) 20時35分

> ミヤコーバス委託(独自路線)
こちらが旧21条(現在は4条)です。

投稿: TX650 | 2007年6月19日 (火曜日) 21時32分

>こちらが旧21条(現在は4条)です。

切符販売などもミヤコーバスが受託しているので4条に該当するということでしょうが、HPの感じからすると地方自治体の現場では「運賃設定を独自のものにしているからか」あまり区別してる雰囲気ではないですね。まあそれで使う顧客がこんがらなければそれでいいのでしょうが・・・・

投稿: デハボ1000 | 2007年6月20日 (水曜日) 16時35分

> 切符販売などもミヤコーバスが受託しているので4条に該当するということでしょうが、
そういう問題ではありません。運行の免許をどこに対して与えるかという話です。
> まあそれで使う顧客がこんがらなければそれでいいのでしょうが・・・・
利用者にとってはバスに乗れれば法的スキームはどうでもいい話です。例えば羽田空港や成田空港の「リムジンバス」は乗合(限定)免許ですが、利用者の我々は一般高速バスの通常の乗合免許と区別していませんよね?それと同じ話で、こんがらかるもへったくれも利用者はそれを意識する必要すらないのですよ。

投稿: TX650 | 2007年6月21日 (木曜日) 00時18分

>> 切符販売などもミヤコーバスが受託しているので4条に該当するということでしょうが、
> そういう問題ではありません。運行の免許をどこに対して与えるかという話です。
もう少し申し上げておくと、旧21条の貸切バスで乗合運送を行なう、具体的に言うと「自治体が貸切バスを借上げて路線を走らせ住民を運ぶ」という形態が全部乗合免許に統一されたということです。したがって切符をどこでどういう形で売ろうが、緑ナンバーで一定区間・一定時間などで運行する場合は全て4条によることになります。貸切バスを自治体が借上げて路線バスとして運行するという形態は今後存在しません。

投稿: TX650 | 2007年6月21日 (木曜日) 00時34分

TX650さま:あと半分の説明でわかったのですが、つまり緑ナンバーの場合は全て緑ナンバーで一定区間・一定時間などで運行する場合は全て4条ということだと、たとえば会津乗合が市内で運転している、旧21条扱いの路線で限定運用のため車の外に書いてあった「受託者:会津乗合自動車・委託者:喜多方市」なんていう表現もなくなるという認識でいいのですね。規制緩和を有る意味したわけでもあり、すっきりしたわけですね。けど乗客は意識しないとしても、官庁(NPOてことも有るのかな)側から見るとそれなりに経営努力をして旧4条での経営が出来ているところとの区別がつきにくいともいえますね。(そういうのは今後ありえないと割り切ったのなら、ああそうか・・・なのですが)

投稿: デハボ1000 | 2007年6月21日 (木曜日) 01時28分

>「受託者:会津乗合自動車・委託者:喜多方市」なんていう表現もなくなるという認識
> それなりに経営努力をして旧4条での経営が出来ているところとの区別がつきにくい
それは別問題です。ただ単に乗合形態の運行の典拠を4条に一本化し、運行管理などの基準も旧4条より少し緩和した上で一本化したということであって、運行の主体や運行経費の負担などの関係を旧4条のものに一本化したという意味ではありません。旧21条と同様の運行・負担形態のものも4条に包括されたと考えればいいと思います。

投稿: TX650 | 2007年6月21日 (木曜日) 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/15468508

この記事へのトラックバック一覧です: また飲んだ食った:

« 鉄は国家なり | トップページ | クレーム対策とリスク »