« バイクがだめなら車椅子があるさ | トップページ | 「ルビー」の指環 »

写真撮影ですか

今日、落語を聞いていたらこんなのがあった。
2007/4/7 国立演芸場での独演会:柳家喬太郎「擬宝珠」の枕にて(CD)
「・・・このまえ、外国で日本文化の特徴を尋ねたら、日本通の人が「侘び、寂び、萌え」とおっしゃったそうです。(爆笑) 千利休さんもびっくりですね。(後略)」
おい、このネタかい。http://dehabo1000.cocolog-nifty.com/holder/2006/09/post_2db8.html驚いたのは当方もである。(爆笑)けどまんざら日本文化の特徴を突いてるみたいなのがおもしろい。
---------------
じつは、今日は
○トラバント(自動車)の歴史から考える技術伝承手法についてとか、
○香料と偽造軽油の関係とか、
○コンカレントエンジニアリングの実行についての考え方と限界とか、
○弾性車輪の書籍の話とか

予定稿がやまほどあったのだが、一寸気になる傾向が見られたので、時事的な話を取り上げてみたいと思う。別に「萌え」は関係していないので、余計な推測はしないように
-----------------------
ビーチバレー浅尾 撮影したら「警官」呼ばれる?[J-CASTニュース:2007年05月07日21時15分]
東京・お台場ビーチであったビーチバレーの国内ツアー第2戦東京オープンで2007年5月4日、禁止された一般参加者の写真撮影を巡りトラブルがあった。一部の報道では、男性が警察に「連行」される騒ぎになったそうだ。浅尾美和選手を中心とする女子ビーチバレーフィーバーぶりが背後にあるが、一般人の写真撮影はどこまでいけないことなのか。
ツアーを主催する日本ビーチバレー連盟は、今季から一般客の写真撮影を禁じた。選手の写真がネット上や雑誌などへ無断掲載されるのを防止、肖像権を守ることが主な目的だ。浅尾選手の人気加熱ぶりに警備員を昨年の2倍の約50人に増員して臨んだ。
騒動はテレビでも報じられた
スポーツニッポンの5月5日の報道によると、若い男性が複数の女子選手を撮影していた。大会関係者が見つけ画像の破棄を求めたが強く拒んだため、警察に連絡し男性は2人の警察官に「連行」された。最終的には破棄に応じた模様という。また、この騒動はテレビでも報じられた。
日本ビーチバレー連盟によると、「事件」の詳細な報告はまとまっていない。ただ、写真画像を破棄しない男性の対応を巡り警察を呼び、男性が警察官に付き添われ移動したことは把握している。報道機関などを除く一般の人の撮影を禁止したことは、立て看板や張り紙などで知らせ、会場に入る際に口頭で注意を呼びかけていた。
基本的には、撮影禁止の方針への自主的な協力を呼びかけるという立場で、「警察沙汰」になったことについては、「残念だ」としている。現地のやりとりの詳細は「不明」とした上で、男性が会場の中にいたのかどうか、もみあいになるなどしていないか、などについて情報収集する。
--------------------------(中断)
実は、私、バレーボールをやってた(爆笑)ことがありまして(中1後期~高2前期)ずーっとセッターの控え(爆笑)をしてました。おまけにリーダーでないのにNo1をつけてまして・・・・そういう意味でバレーボールは好きでTVでもよくみます。全盛期の八王子実践の大林素子選手なんかすごかったなあ。私は身長180㎝あるんですが、跳躍力が全然なく、セッターに甘んじるしかない(その代わりブロックは得意?だったけどね)という自縛(自爆?)はあります。相手チームは、「ベンチにいるNo1をつけてるのは、秘密兵器に違いない」と怖がっていたという噴飯物な話も。たしかに秘かしくて(はずかしくて)密にするしかないという意味かな。(苦笑)いまやその片鱗もなく、(主因が労災とはいえ)ヘルニアにくるしんでるんではねえ・・・・(泣)
-------------再開
撮影を禁じるのは拡大解釈し過ぎ
インターネット犯罪などに詳しいジャーナリストの井上トシユキさんは、撮影を禁止すると映像の「お宝度」が上がり、撮影方法などが巧妙化し、いたちごっこになると指摘する。ネット利用者が若年層だけでなく大人層に広がったことで、従来のアイドルでは満足せず、女子スポーツ選手の映像に人気が集まっている側面があるという。選手や団体側に肌の露出度の検討などを求める一方で、ネット利用者へも好き勝手に映像利用をやりすぎると厳しい法律のしばりを呼ぶことになる、と自制を呼びかけている。
一方、知的所有権に詳しい松村信夫弁護士は、肖像権を中心とするパブリシティ権については、定義がはっきり定まっておらず、個人が撮影した映像をネット上で無償利用する場合、認められるかどうかは微妙な問題だ、という。しかし、利用されたサイトなどに対し削除を求めることはできても、撮影を禁じるのは拡大解釈し過ぎではと指摘する。屋内なら施設管理権としてフラッシュ撮影を禁止するなどは認められるが、屋外では理由を見つけるのが厳しい。倫理的な是非はともかく、法律的には任意で協力を求めるしかないのではという。
とすると、今回のケースもあくまで協力を求める、というのが基本だ。にもかかわらず、騒ぎになってしまった原因は何か。
あるビーチボール関係者は、肖像権の問題よりも「盗撮という性的目的の面がエスカレートするのが不安だ」ともらす。自身で見た訳ではないが、ネット上で女子選手の映像を卑猥に加工したものも流れている。何とか手を打ちたいとの空気が関係者内にあるという。
---------------------------終了
たしかに、人格やプロスポーツ選手という問題を論議するならともかく、パーツとして女性を殊更に強調するのはさすがに本人の意思に反するだろう。またモデルという見方をすると勝手にブロマイドを作られるようなもので、職種的な面でもあまり面白くないと思う。写真集、DVDを発売しているからなおさらである。ただ悩ましいのは屋内で行うのが一般的(風の影響などを避けるため)であるのみ対し、ビーチバレーはその風を読み砂を読むという屋外でなければ出来ないに等しいスポーツ。ここに相反がある。屋外で肖像権を訴求することにかなり無理があるというのだ。管理者は、ネット上で女子選手の映像を卑猥に加工したものも流れているらしいことを今日知ったし、余計な週刊誌報道もあるらしい。管理者として個人的には彼女は、女性というよりもアスリートの引き締まった若さという側面が魅力である。ただしパーツの写真があり、(肖像権の話をとりあえず置いておくと)そのパーツを意識的に拡張され、本質とは異なるものに作り変えられることに対して、一人歩きした妄想が走るのは、確かに余り心情的に好ましいものではなかろう。しかもそれが、当人の業務の一部であるならば。
これが、被写体本人の承諾を得た上、あえてパーツにに独自の審美感を見出す映像を作成するトライをおこなうことは、私は創造性の発露と考えている。(但し、これを病的だという視点をもつ見解もまたあるのは事実であり、残念ながら、万人に膾炙する概念ではないという意見も聞く。幅の有る概念なのだがね。それを言ったら「萌え」の概念さえも(以下自粛))

そういうと、高校野球で甲子園に行くと、確かに応援団のチアガールの足を専門に写している輩がいるというのも事実である。これなんぞは目的外の嗜好だから、もう弁解の余地はないだろうし、盗撮だといってもまあしかたがないかなあと思う。また、「盗撮という性的目的の面がエスカレート」する懸念はたしかに分からなくもない。
しかし、スポーツの写真を撮ってるのだが、その実・・・というとこれ境界事例かなあと思ってしまう。では浅尾選手は、このなんか案外の方向に対してなにを以って、対抗すればいいのだろうかなあ。
-----------------------------
浅尾、西堀組は予選で敗退[共同通信:2007年05月30日17時15分]
 【ソウル30日共同】ビーチバレーのワールドツアー女子第3戦、ソウル・オープンは30日、予選が行われ、佐伯美香、楠原千秋組と田中姿子、小泉栄子組が2回戦でストレート勝ちし、3回戦に進んだ。浅尾美和、西堀健実組は2回戦でオーストラリア組に1-2で逆転負けし、浦田聖子、鈴木洋美組とともに決勝トーナメント進出を逃して41位に終わった。
-----------------------------
彼女はまだ21歳。身長(公称身長172cm)を生かした鍛錬によってはまだ伸びる逸材ではないかと私は思っている。前衛でボールを受け、相手コートに打ち込む仕方は、やはりちゃんとバレーをやっていたなという見方を私はしている(といっても管理者の現状を考えると屁のツッパリにもならないですな)。基礎が出来ているのだからこそ、今度は実績で見返していけばいい。今、まだ実ってるとは言いがたいが、その素質はあると思う。そのとき本当にモデルとの併行の業務が出来るかというと、確かに難しいなあともおもう。
しかし本人も自覚しているのだ。自分のHPでは、シーズン中は試合に集中するということを宣言しているし、その姿勢で結果を積み重ねていくしかないだろうなあ。
重ねて言うと、こういう一連の負のバックグラウンドが、本人の意欲を削ぐこともあるだろう。私は祈る。彼女の笑顔で是非ダメージをブロックしてアタックにつなげてもらいたい。そうあるべきように事務所の社長:川合俊一氏が導くよう私は期待したいのである。まだ若いのだから。そしてこのスポーツを更に裾野を広げ、沢山の選手が注目されるようなスポーツにすることが彼女の使命なのかとさえおもうのである。
それを経て「萌える」逸材になったら・・・・これは余計か。(苦笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

|

« バイクがだめなら車椅子があるさ | トップページ | 「ルビー」の指環 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/15274564

この記事へのトラックバック一覧です: 写真撮影ですか:

« バイクがだめなら車椅子があるさ | トップページ | 「ルビー」の指環 »