« 天然と養殖 | トップページ | 泣きっ面に蜂 »

よい見本がここに

-------------引用
横山ノック前大阪知事が死去=無党派旋風、漫画トリオで人気(時事通信)
 漫才グループ「漫画トリオ」で活躍した前大阪府知事の横山ノック(本名山田勇=やまだ・いさむ)氏が3日午前7時15分、中咽頭ガンのため兵庫県西宮市内の病院で死去した。75歳だった。
 1932年神戸市生まれ。地元の高等小学校を卒業後、米軍基地勤務を経て宝塚新芸座に入った。活躍の場を吉本興業に移し、59年に上岡龍太郎氏らと漫画トリオを結成。「パンパカパーン」の掛け声で始まる社会風刺を利かせた漫才で爆発的な人気を集めた。
 68年参院全国区で初当選し、4期24年務めた。95年に府知事選に出馬し、無党派層の圧倒的な支持を得て当選。東京都知事を務めた故青島幸男氏とともに無党派旋風を巻き起こした。
 府政運営ではもっぱら「広告塔」を自任。大阪で開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の成功に貢献した。しかし、選挙カーの中で運動員の女子大生の下半身を触ったとして99年12月、強制わいせつの罪で大阪地検特捜部に在宅起訴され、2期目の途中で知事を辞職した。
 大阪地裁で懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受け確定。2002年に芸能活動を再開し、舞台やラジオ番組などに出演していた。 

元大阪府知事の横山ノックさん死去、75歳[日刊スポーツ:2007年05月03日18時25分]
 元大阪府知事でタレントの横山ノックさん(本名・山田勇)が3日午前7時28分、亡くなった。75歳だった。ノックさんは昨年5月中旬、東京での落語イベントを体調不良で欠席。関係者によると、その後、主だった芸能活動は自粛し、体調回復に努めていたという。通夜、葬儀は近親者のみで密葬の形で行われる。ノックさんは米軍施設で働いていたが、55年に芸人を志して宝塚新芸座に入団。秋田Bスケに師事し、漫才師として活動を始めた。その後、横山エンタツに弟子入りし、59年に漫画トリオ結成。「パンパカパーン、今週のハイライト」でおなじみの時事ネタを扱ったネタを繰り、大人気となった。
 68年、参院選に当選。その後は全国区2回、大阪選挙区で2回、参院選に当選し、95年、府知事に出馬し当選。99年、2期目の府知事選では、235万票を得て当選した。00年8月、女子大生に対する強制わいせつ罪により懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受けた。
----------------------引用終了-----------------------
謹んでご冥福をお祈りいたします。

このひともTVの申し子である。故青島氏と同じときに知事になるという運命のめぐり合わせがあった人であろう。
逸話をいくつか。
(1)漫画トリオの3人の漫才は、その日のニュースを昼には漫才にして生放送するという過激なもの。午後0時代の放送。彼は立ち位置真ん中でボケ役、突っ込みが上岡龍太郎、仲裁役が青芝フックであった。彼はこの番組を9年間続け、政治の問題意識を身に感じたのだという。(東には当時、やはり政治漫才で有名なコロンビア・トップ氏(故人 参議院議員を務めた)がおられた。その方との問題意識と一致する)
で有名なのは、番組終了直前のタコ踊り。
このような10分番組を毎日やっていたのだから、ネタが短いのはともかく、伸びることはよくある。そこでカメラ枠の脇のカンペに「あと2分」となると、話していた漫談を止めて「明石のタコ踊り」を始めてENDとした。(あおり口上は上岡龍太郎)風がよめなかたわけでないのだが、ボケの代表格の見本にさせられたのは一因にこれがある。
(2)参議員議員の時には、「彼が来るとその場が明るくなる」といわれた。(これは彼の禿頭をかけている。)弟子も多い生活。その躾も厳しかったというが、しかし切り替えははやかったようだ。但し自分の女性問題に対しては(以下自粛)
有名な予算委員会の質問に「なぜ、(国鉄)東京駅の駅弁がおいしくないのか」というのがあり、その場で野次で紛糾したという話がある。曰く「ボケた質問をするな」と。元々質問時間は所属政党(第二院クラブ)の人員で比例して決めるもの。少数野党所属の場合、そのまま持ち時間はブーイングで終わってしまった。(質問原稿は先に相手に回っていたはず)
ただ、その予定稿はこう続いていたという。「そもそもおいしくない弁当しか選択できないのは、構内販売に競争原理が働いていない証拠。その理由は以前の経緯でもあったにせよ、それを考えると他にもこのような問題があるのではないのか
これ、すごくないですか。30年前の話としては。そしてうまくない弁当をよく食べていたわたしたちとしては。
(3)彼は一度参議院選挙に落選している(当時の全国区)。その間、ピンで彼は花月の舞台で政治漫談をやっていた。あるときこれが関西ローカルで「寄席中継」として流れたことがある。これはいまでも印象が強い。
舞台の前で一人、政治の問題点を、ユーモアを交えながらぶった切っていく彼、15分ほどたって、話も最高潮である。そのもっとも盛り上がったところで舞台の背後にある茶色の幕が落とされる。そこには、少し斜めに立体感を強調し、しかも、手前に参議院議場を配置した、国会議事堂の看板絵が舞台一杯に描かれる。当然、観客は「わー」という。それを受けてノック氏は振り向く。わーと彼は声を上げ、話の途中にも関わらず頭を抱えしゃがみこむ。そのまま緞帳が下りる。(横山ノック氏は割り振り時間の勘定が不得意であったと思われるため、この絵が出たところでおしまいという演出だと考える。)
(4)その後3年後再選(大阪選挙区)され、さらに3年後は弟子、横山やすしの相方であった西川きよし氏も無所属で当選(大阪選挙区)。いい風が吹いていた時期。
有名な(苦笑)「あるある大辞典」枠でこのころCX-KTV系列は「花王名人劇場」というハイグレードな寄席番組をしていた。(余談になるが、桂文珍氏は新作をこの席でかけたのだが、枕が途中で一部が切られているのを(私も)みた。これは後日の本人の文章(新潮文庫 絶版)によると「フロッピーディスクが途中で壊れるという枕をしたところ、見事カットされた。当時花王はフロッピーディスク本体まで製造していたのね。」フロッピーディスクに磁性体を塗布するときに界面活性剤(液体石鹸の一種)を用いるが、花王はこれを世界の会社に独占供給していたから、市場分布が読めたということで参入した。1999年にFD製造業自体は撤退した)
閑話休題、このとき「中国雑技団」の公演の全国中継を行うことになり、放送局(KTVが大阪で作成 澤田さんという有名な方が総監督)としては国交の問題の配慮をしたのか、司会は横山ノック・西川きよしという参議院議員Grがおこなった。
さて はしご曲のりを少女がやって大成功を収めた。で終わって「なにか、感想がありますか」と2人が通訳を通じて彼女に問うたところ、かえってきた答えに通訳(女性)は腹を抱えて口にフタをした
横山「どうしました」
通訳「ごめんなさい。一寸・・・(爆笑)」
西川「差し支えないからどうぞおっしゃってください」
通訳「いいですか・・・ツルッパゲ(観客大爆笑)」

かの国では全人代の委員にこんなことを言ったらどんなことになるか分からないという時代である。彼女のその後が気になった。
------------------
府知事となっての活動は、まあもう有名なので省略する。女癖が悪いこと意外は積極的活動を行い、大阪府の職員にも訓示であまりにも平凡な発言に珍しく怒り、「できないできないはもういらん。こうすれば出来るという案をもってこい。そのためには、ボクをドンドン広告塔に使えるような内容にして来い。」とやったのは有名である。事実いくつかの実績を残している。(ただ、赤字も増えている・・・・)

ボケではある。しかしその欠点をうまく隠し(ボクをドンドン広告塔に使えるような・・・というのはそれの裏返し)アグレッシブに活動していていたのに、そのほかの人にはその苦労をほとんど見せなかった。癌の話も弟子にまで最後まで隠していたという。ただ唯一(といっては大きな話だが)いろんな女性問題だけが隠せなかった。そこがボケの所以なのか。従って天然・養殖のボケはその人材の活用方法によるのである。
-----------------------------
最後に一部新聞記載を抽出してみる
ノックさんとやっさん天国でお笑い談義を(日刊スポーツ)
 3日、中咽頭(いんとう)がんのため75歳で亡くなった横山ノックさんをしのぶ声がお笑い界から相次いだ。後輩漫才師の西川きよし(60)は、ノックさんとまな弟子だった横山やすしさんの再会に思いをめぐらせた。
 やすしさんの相方、きよしは「ノック師匠のことですから、天国では相棒とお笑い談義に華が咲くのではないでしょうか」と、しんみり語った。漫才師から参議院議員へ-、ノックさんと同じ道を歩んだきよしは「先輩としてお世話になりました。今はいろいろな出来事が思い出されて一言では語りつくせません。最後まで本当に力強く生きられたと思います」と唇をかんだ。(中略)
 しかし、売れっ子になって酒の失敗を繰り返すやすしさんが、吉本興業を解雇された89年には「酒をやめてくれればよかったのに」と、淡々とコメントするにとどまった。解雇をやむなしとしたのは、才能あふれる弟子を救えなかった自分を責める姿勢だったとされる。
 96年1月、やすしさんが急死すると、遺体が置かれた警察に急行した。「最後まで警察のやっかいになりおってからに…」と涙した。その後の葬式で「君のやすし・きよしの芸は、師匠の漫画トリオをとっくに追い越していたよ」と弔辞を読んだ。お笑い界の歴史を彩った師弟だった。
---------------------引用終了
ということは、私も「ボケ」の因子をうまく隠す・・・じゃなくて活用して、これからの仕事・生活をこなせるかもしれない。(苦笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 天然と養殖 | トップページ | 泣きっ面に蜂 »

コメント

> 2議員クラブ
第二院クラブ、ですね。

管理者:はーい。ごめんなさい。

投稿: TX650 | 2007年5月 4日 (金曜日) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/14949968

この記事へのトラックバック一覧です: よい見本がここに:

« 天然と養殖 | トップページ | 泣きっ面に蜂 »