« 地球は青「かった」 | トップページ | SAKAI »

女性専用車両

いけないことはしてはだめ。それは通常の概念では確信犯でない限り当然ですな。
当然、痴漢・・・それは弁解の余地ないですね。ただ、これはまた冤罪の多い案件でもあるそうで、それはそれでかわいそうな話もあるやに聞きますし、色々漏れ聞いてもいます。
------------------
首都圏の各私鉄では最近、女性専用車両の普及が進んでいます。ラッシュ時に適用されることが多いのです。まあ、痴漢や冤罪などを考えると次善の策として仕方がないかもしれません。戦後のみを見てみると、確かかつての国鉄でもありました。関西では京阪電鉄が女学生・幼児専用車として実施しています。(今は女性専用車両もあるらしい。)
けど意図しないで男の私が乗ってしまったとき、これはまた視線がみんなこっちを突き刺しているようで非常に恥ずかしい上につらいものです。
当方とてあります。過日も発車のベルが鳴ったとき、1Fの改札から走りこんだ私は、気が付くと「女性専用車」のなかにいました。いやあつらい。香水のにおいはまあいいんです。けど突き刺さる視線。こちとらそこまでおかしな格好もしていないし、両手に紙袋をぶら下げているし(とはいえこれ女性の視線からではみえないんですよね)。つらい一駅間を過ごしてしましました。
------------------
まだ私の場合はいいんです。こんな場合があるんですね。(投稿記事の引用です。意図して原文のままにしておきます)
------------------
哀しいニュース(4月12日)
先日、女性専用車両に視覚障害の男性が間違えて乗車してしまい、その車両の女性たちに冷たい言葉をかけられたというニュースを見ました。その男性は杖をついて一見して障害者とわかる風貌だったらしく、それも承知の上で言葉を発したのです。許せない事です。もちろんその女性たちにもそうですが、そもそも痴漢行為が多いから女性車両ができたのかと考えるとやはり元はその男性たちが悪いってコトです。要は痴漢行為が女性だけならず、障害を持った人まで傷つけてしまったんです。(後略)
------------------
デリカシーというものはその人がいかに美しかろうと、なかなか備わらないものなのでしょう。けどこれは「だれのデリカシー(ないしはリテラシー)」なのでしょうか
私は、複雑になる世の中、段々それらに翻弄されていく人間が、「余分なもの」をもてず、自律的に排除していくという悲しみ、哀れみを持ちますが、皆さんどうお考えになるでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 地球は青「かった」 | トップページ | SAKAI »

コメント

そもそも障がい者などは「女性専用」の例外と定められており、こういった問題点の指摘を受けて民鉄協会では、ポスターや車内放送などでこの例外規定の周知を図ることを検討しているということです。
このような新しい社会的ルールを作る場合、適切なルールにすることと同時に、それを周知徹底することも大変重要だということですね。

投稿: TX650 | 2007年4月17日 (火曜日) 07時12分

■全国共通 女性専用車両 総合スレッド Part15■
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/rail/1173626221/

管理者注:このスレッドを見てみましたが、面白い意見も多いものの、バイアスが掛かっている気がします。しかし、これを削除することは意見封止のそしりもあること。また玉石混交だと思いましたので、削除は致しません。

投稿: ■全国共通 女性専用車両 総合スレッド Part15■ | 2007年4月17日 (火曜日) 17時18分

 う~ん、女性専用車両に視覚障害の方が…。優しくしてあげれば良かったのに…。

 女性は、守られてもいいとは思いますが、それを振り翳(かざ)し過ぎるのもどうかと思いますね。痴漢の冤罪として、わざと痴漢のフリをしたなんて話もあったくらいです。

 でも、仕方ない事として済まされちゃうんですかねぇ…。

投稿: ゆげやかん | 2007年4月17日 (火曜日) 19時00分

>このような新しい社会的ルールを作る場合、適切なルールにすることと同時に、それを周知徹底することも大変重要だということですね。
作ったときと想定されないことがあったなら、それを明確にするということが迅速に行われるようにするべきになりますね。そこは期待しましょう。
ただ、・・・「女性たちに冷たい言葉をかけられたという」中身はここではわかりませんけれども、言葉をかけた人たちは、どういう意味で言葉をかけたのか、自尊心からか、相手への侮蔑からか、・・・いやーな認識欠如がそこにありますよね。私は、そこがなにか気になって仕方がないのです。

投稿: デハボ1000 | 2007年4月18日 (水曜日) 16時44分

女性専用車両に視覚障害の男性が間違えて乗車した件、
鉄道会社には配慮が足りなかった感がしますね。

投稿: m-wonder | 2007年5月 2日 (水曜日) 00時03分

>鉄道会社には配慮が足りなかった感がしますね

どこの会社かきいていなかったので判断しかねますが、残念ながら配慮していたかもしれなかったといわれるのは事実でしょう。けど其れに対する、女性達の配慮が理解できないものだったかというと???になっちまうと考えます。
なお、この場合は「しょうがい」のある方と言うことが明確な場合、専用車両への誤乗車はしかたがないことと扱われるようです。(バリアフリー法の視点から見ると)

投稿: デハボ1000 | 2007年5月 2日 (水曜日) 02時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/14705485

この記事へのトラックバック一覧です: 女性専用車両:

« 地球は青「かった」 | トップページ | SAKAI »