« 炭鉱の爆発事故 | トップページ | 相模鉄道の車両  »

アグネスのおうち

自宅で「金物屋に行って○○を買ってきて」と頼まれたのだが、肝心の店が分からない。
「どこ?」
「あのね、パン屋の前わかるでしょ。」
「うん」
「そこからすぐ行くと右に曲がるの」
「はい」
「そしたらアグネスのおうち があるから、そこの角を左にまがって・・・・」
「え、なんだその『アグネスのおうち』ってのは」
「・・・しらないの、ダメ、子供に行ってもらう。(子供に)『アグネスのおうち』わかるよね。」
「うん」

しらない。でも知っておく必要がありそうなので、後日教えてもらっていってみた。よく整備されているが普通の100m2ぐらいの敷地の御宅である。いわゆる芸能人の家では全くない。
---------------------
仔細はこういうことである。
アグネス・チャン女史は結婚前から都内(目白だとか)にすでに広いマンションを持っていた
結婚した相手の男性は、我が家の近くにその家をすでに持っていた。
両人は、各々の所有権を分割して、相互に半分ずつ持つことにした。表札はいずれも男性名になっている。
子供の学校のこともあるので、住民票は都内にある。また都内に生活の実態はある。
---------------------
これだけでは何のこともないことである。

彼女達一家はそろってバカンス(ってあそぶところないんだけど)にこの家に時々来る。
そのとき、みんなで家の掃除や、庭木の剪定もしていく。
TVで「御宅訪問」の番組があると、都内のマンションでは許可がとれないそうなので、この家を『お宅』にしている。したがってそのときは、TVクルーが一杯来る。

健康的で非常にほほえましいはなしなのだが、近所の人にとっては、大挙してくるTVクルーに対しては、いまいちわりきれないらしい。したがってみんな、『アグネスのおうち』といっているらしい。

---------------------
ある意味、別荘はもてるんである。住宅地でも。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 炭鉱の爆発事故 | トップページ | 相模鉄道の車両  »

コメント

「別荘」を持ちたいと思ったことはありませんが,年に1,2回「別宅」が欲しいときがあります。
失礼しました。

投稿: niwatadumi | 2007年3月22日 (木曜日) 20時17分

>年に1,2回「別宅」が欲しいときがあります。

年に1,2回「愛人」が欲しいときがあります。(おい。以下自粛)

投稿: デハボ1000 | 2007年3月23日 (金曜日) 01時28分

» 鍵などの製造会社タキゲンが製造している鍵、蝶番、キーについて。 トラックバック タキゲン 鍵 蝶番
タキゲンの鍵、蝶番についてです。鍵などの製造会社タキゲンが製造している鍵、蝶番、キーについて。

ここの会社の製品は、評判もよく設計の時は愛用してますし、カタログも事務所に常備してるんですが、この項目にTBとは。(苦笑)

投稿: デハボ1000 | 2007年3月27日 (火曜日) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/14341459

この記事へのトラックバック一覧です: アグネスのおうち:

« 炭鉱の爆発事故 | トップページ | 相模鉄道の車両  »