« ああ欲情? | トップページ | 日本サーボ株売却 »

穀物相場と黄金率?

物事には、とんでもない関連があるようだ。
-----------------------------
このところ、とうもろこしの相場が、アメリカのアルコール代替燃料政策(というかGMの救済にも見えるが)のため急激にUPしている。もろこしは菓子などにつかわれているが、日本向けは「遺伝子組み換えでない」ものになるため、今後供給が不安定になる懸念があるそうな。
加えて、とうもろこしの作付け土地は大豆などの作付けと共用するため、これらもやはり問題があるそうである。加えて、中国の投資見込みの変化で・・・・・だそうである。
-----------------------------
で、穀物相場の会社の営業が来たので、それなりに話をしていたのだが、相場の上昇下降の規則性を金・もろこし・大豆について説明を聞いた。一般的な相場師を想像していたのだが、「理論」をとうとうと説明してくる。また取引にはそれなりに資格が要るのだが、それについての説明もある所を見ると、まあ真っ当な会社のようである。

だけども、私は相場とかいうのは、感覚的に受け付けないのである。ばくちが嫌いな人間ができることでもないし、また、以前仕事上で経験した、ガソリンの相場の理由がない投機的な乱高下を知ってる私は正直言うと、あまりその意欲はない。
-----------------------------
ところで、相場の、上昇・下降に関するサイクルは一定の基準が見えるという説明を聞いているときに、彼は、「この高さと幅は一般的に黄金比とかいわれています。別に金だからというわけではありません。」といった。
わからないこと、しかしなんらか関係があるように見える行動を、多分彼は黄金率とか言っているわけで、経験則であることを自ら言っている。そこで私はさめてしまった

ただ救いなのは、突っ込むと、「理由はわからないのですが、自律的なものだといわれてます。」と彼がいったことである。しかし、一般の突っ込まない人はそういう原理原則が「確立」してるとおもってしまうであろう。やれやれ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ああ欲情? | トップページ | 日本サーボ株売却 »

コメント

>昨年の中3数学の教科書に8:5という黄金比が載ってましたがまさかフィボナッチ数列と関連があり、更に相場につながってくるとは驚きで

別に株・相場のことを教えないでとはいいませんが、このような指導が学校でされているのは驚きです。

投稿: デハボ1000 | 2007年3月 9日 (金曜日) 15時46分

太陽黒点相対数とジュグラーサイクルみたいなものですね。

投稿: niwatadumi | 2007年3月 9日 (金曜日) 21時13分

この方、アダムスミスの「国富論」に1度だけ登場するという有名な「(神の)見えざる手」を、記憶の残照として「黄金率」と結び付けているのではないでしょうか。
何かに支配されている、と思い込むことはどうやら精神的に快感のようです。
>昨年の中3数学の教科書
「ゆとり教育」も良いのだけれど、科学的な方法などといわなくとも「それほんと?」という「突っ込み精神」すらなくした先生が、「黄金比」を神秘の比として教えている現実があります。
「それうそだよ」といって、先生に嫌われる悪がきがたくさんいることを期待しています。

投稿: SUBAL | 2007年3月10日 (土曜日) 18時38分

>この方、アダムスミスの「国富論」に1度だけ登場するという有名な「(神の)見えざる手」を、記憶の残照として「黄金率」と結び付けているのではないでしょうか。

それだったら救われます。だがあ--------
黄金率&穀物相場として検索エンジンを掛けると、結構出てます。ノイズもおおいですが、まことしやかに語っていってるのもいますよ。相場までは手をださないでおこうと思います(苦笑)

投稿: デハボ1000(療養中) | 2007年3月13日 (火曜日) 01時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/14196377

この記事へのトラックバック一覧です: 穀物相場と黄金率?:

« ああ欲情? | トップページ | 日本サーボ株売却 »