« 技術経営の芸者論 | トップページ | 「暮らしの中に生かそう」 »

千秋楽にて

なんだかんだと言われても、お茶の間で安心して老若男女がみることが出来るスポーツは、相撲なんでしょうな。NHK総合・ラジオ第一が現在独占的に同時全国中継しているが、夜中に録画放送もしている。これが0時台4時台というのが人気の幅広さと底堅さを語って面白い。(以前はANB系列のTVで23時台に録画放送し、また 文化放送ラジオやTBSラジオでの実況中継もあった
------------引用開始
白鵬「勝ちたい一心だった」/春場所[日刊スポーツ:2007年03月25日 22時36分]
<大相撲春場所>◇千秋楽◇25日◇大阪府立体育会館
 西大関白鵬(22=宮城野)が横綱朝青龍との13勝2敗の優勝決定戦を制し、昨年夏場所以来5場所ぶり2度目の優勝を決めた。ともに本割で勝って迎えた一戦だったが、朝青龍を一瞬ではたき込んだ。観客からはため息も漏れたが、白鵬は「勝ちたい一心だった。うれしい。本当にうれしい」と喜びをかみしめた。次の夏場所(5月13日初日、東京・両国国技館)で横綱昇進に挑戦する。一方、朝青龍は5連覇を阻止され「まあ、こんなもんだ」と苦笑いしながら話した。
------------引用終了
相撲はともかく、相撲取りさんには、思いいれの多い私です。両国駅の近くにて1年半、営業技術と設計コンサルティング業務に関われとの辞令をうけ、いたるところにちょんまげ+ビンつけ油の方が自転車に乗っている町を歩いていましたから。12時50分ごろ両国駅の普段使わない、列車ホームに幕張所属113のスカ色4×2連が房総方面2方向の新聞配送のため、新聞の束を取りにやってきます。これが見えると、昼休みはおわり、職場に戻る合図みたいなものでした。
ところで千秋楽となると、勝者の力士に色々なものが贈与されます。古いところでは、
-------------
デビッド・ジョーンズ(パン・アメリカン航空会社(パンナム))元極東地区広報担当支配人。(故人)てのは思い当たる方おおいのでしょうね。
------------一部引用
1961年度の夏場所から1991年夏場所まで、大相撲本場所において優勝力士に対して送られるパンアメリカン航空賞を贈呈する役を担当。羽織袴で登場し、高らかに「ヒョー・ショー・ジョウ!」と読み上げただけで客席から拍手・喝采が上がった。各本場所の地域方言を使ったユニークな表彰状朗読や、それに続くパンナム提供の巨大な地球をかたどった優勝トロフィーの贈呈(なんといってもパン・アメリカン(汎・米州となります)から)は、相撲ファンに非常に喜ばれた。(中略)観衆や視聴者の注目を集めていることが徐々に浸透し、NHKの実況中継アナウンサーも、NHK金杯授与と彼の表彰中は黙して朗読の邪魔にならないよう配慮していた。表彰式ではいかにも外国人然とした日本語で読み上げを行っていたが、非常に流暢な日本語を話した。またパンナム社内で再三栄転の話があったが、大相撲表彰式を続けたいために断り続けたと伝えられている。
最後となった1991年夏場所の「ヒョー・ショー・ジョウ!」のあと、土俵上で挨拶を行った。この挨拶は予め予定されていたものらしく、中継時にアナウンサーが「ご挨拶があります」と告げ、挨拶終了までそのまま放映した。このときの彼の年齢は75歳である。(管理者注:また、多分極東地区広報担当支配人という職責から、会社の経営状況逼迫が分かっていたのもあるのでは。半年後 1991年12月4日のパンナム破産にともないアメリカに帰国した。)
---------------引用終了
このほかには、神奈川県出身のマジックおそるべしと言う方がいます。当時・就任直後の内閣メールマガジンから。
--------------------引用開始
● 感動のスポーツ
 小泉純一郎です
 私は、スポーツは大好きです。野球もやっていたし、スキーもやる。水泳も好き。自分でやるのも楽しいけれど、見るのも楽しい。スポーツではドラマのようなことが実際におきる。これがスポーツの魅力です。(中略)
 貴乃花関の優勝決定戦もすごかった。前日にけがをして、肩を抱えられて花道を去っていった時には、千秋楽は休場するのではないかと思いました。あの時の相撲は、何か異様な雰囲気で、緊張感と、そして、痛々しさもあった。ケガをおして、みごとに投げ倒して勝った。プロスポーツという勝負の世界の厳しさを耐えてきた根性にみんなが(管理者注:あんたも!)感動したんです。
 私も表彰状を渡すとき、この気持ちをそのまま伝えたくて、自然に言葉が湧き出てきた。杯も重かった。しかし、この優勝はもっと重かった。(管理者注:「痛みに耐えて、よく頑張った。感動した」というメッセージを高らかに話しかけ、内閣総理大臣盃授与を総理本人がおこなった
 感動することは、大事だ。自分にもパワーがみなぎってくる。常に感動できる心を持って、皆さんに感動をあたえられるようなそんな政治をしていきたい。(でたー
--------------------引用終了
とおもったら、こんどは(故)青島氏や横山氏と違う形で、こんなのがでました。
--------------------引用開始
ZAKZAK 2007/03/19  東国原知事、ぜひこちらにもお力を。http://www.zakzak.co.jp/spo/2007_03/s2007031919.html
ご難続きの大相撲界が人気者の東国原英夫宮崎県知事に秋波を送っている。
宮崎県と大相撲界との縁は深く、1986年九州場所から毎場所、優勝力士に宮崎県特産の宮崎牛特選肉1頭分と旬の野菜1トンを送呈している。この豪気な牛肉プレゼント、力士たちにはとても好評。88年から89年にかけて、どちらも横綱の千代の富士、北勝海の九重コンビが9連覇したときなど、「食い切れず、まだ2頭分、九重マークをつけて宮崎の牧場を走り回っているよ」と、先代九重親方(元横綱北の富士)が笑い飛ばしていたのを思い出す。この宮崎牛のプレゼンターとして、東国原知事自ら千秋楽の土俵にあがる構想が関係者の間で急浮上しているのだ。
---------------------以下引用省略
記事の日時から分かるように、この記事は予定稿なのですが、このとおりになりました。おまけに現下の県の状況にかんがみ、「鶏肉1トン・鶏卵1トン」のおまけがつきました。計算高いのう。
イベントでの知事自らの「トップ営業・・・会社ではそういうみたいですね」としては、横山ノック大阪府知事(当時)が、五輪誘致のため、自ら「たこ焼き」を焼いて、レセプションでくばった事例があります。(注:たこ焼きというのは大阪名物ということと、本人が「漫画トリオ」という漫才集団で政治漫談を全国中継・生放送でしていたころ、漫談が終わりになると「タコ踊り」という、明石の生タコのまねをいっつもやっていたことが掛かっている。)また、職員にもそのプランを募集していたという県幹部との議事録が残っているそうです。曰く「できない、またできないでは、仕事をやっとることにならん。お前らが案を出して、わしをドンドン使うような活動を提案せよ」と。これで女癖がなければ(以下自粛)
--------------------
まあ、青島氏も・横山氏も・東国原氏も出自からマスコミの使い方を熟知していたはず。そこを考えるとデビッド・ジョーンズ氏や小泉純一郎総理はかなり頭の柔らかい、そしてマスコミというものをしゃぶりつくそうとしていた、「経営人」だったのでしょうね。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 技術経営の芸者論 | トップページ | 「暮らしの中に生かそう」 »

コメント

(@^^@)/コンバンワ
相撲は好きですね。
ニュースステーションの後の相撲ニュースも
見てたんですが
今はもうNHKだけですね。
>なんだかんだと言われても、お茶の間で安心して老若男女がみることが出来るスポーツは、相撲なんでしょうな
そうです、技はわからなくてもお相撲さんが
お相撲さんに倒されるのは迫力ありますね。

宮崎は有名になりましたね。
私は17歳から23歳ころまで住んでました。
さびれた感じが見え隠れしましたが
東国原知事当選で地鶏にはじまり日本全国に名が知れた感じですね。
昔はハネームーンといえば南国宮崎だったそうですからね。
海も綺麗でした。
サボテン公園なんかは閉鎖されたようですが
観光客も増えるといいですね。
宮崎はよい所たくさんあります。

投稿: 女豹 | 2007年4月 1日 (日曜日) 00時19分

>昔はハネームーンといえば南国宮崎だったそうですからね。

下ネタですが、むかしは、ハネームーンの時期の夜になると「ホテルが横に揺れた」とかいっていたとか。(しゃれにならぬのう)

私は、高千穂には行ってます。延岡から列車で入りひとしきり見学したのち、そのまま未舗装の峠道を2時間バスに乗って熊本の高森に抜けました(仕事で延岡てのもあったがorz)

時代が違うって・・・失礼しました。

投稿: デハボ1000 | 2007年4月 1日 (日曜日) 01時43分

女豹さん
私も一昨年の冬、初めて宮崎に行きました。(学会の発表会だったんですが、そういうことでもないとなかなか旅行するチャンスがなくて…)
地鶏をはじめ豚肉、牛肉と、畜産物がとても美味しいので大変驚いて、こんなに美味しいのだからもっと宣伝すればいいのに、と思っていたら東国原知事が登場してうまく宣伝しました。これからは地元以外でも宮崎地鶏や宮崎豚、宮崎牛の名前を目にする機会が増えるのではないでしょうか。

投稿: TX650 | 2007年4月 1日 (日曜日) 08時27分

そうです、私は延岡に住んでました。
家の前は田んぼです。
私は田植えなどを経験はしませんでしたが
家政にきてくださる方のご飯の支度をしてました。
小さな部落でした。
みなさんに良くしていただきました(*^▽^*)
しかしその当時の彼の嘘とお金の使い方に
絶えられずに延岡を去りました。いい思いでもたくさんあります。
高千穂は流しそうめんや船に乗ったりしました。
神話の里。神楽はちゃんと見たことないんですが・・・

>TX650さんへ
そうですか!初めての宮崎は南国なイメージだったんでは?
私はそうでした。
畜産物は美味しいですよね。
離れても地鶏の炭火焼とかコンビ二で買ってしまいます(^▽^笑)

投稿: 女豹 | 2007年4月 2日 (月曜日) 22時03分

女豹さん
そうでしたか。もしいやな思い出だったら申し分けなかったですが、
>いい思いでもたくさんあります。
の一文にに救われました。そうやっていい出会いを主に抱えて、生きていこうという考え方。ある意味感動したのです。妄言多謝。

投稿: デハボ1000 | 2007年4月 2日 (月曜日) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/14406675

この記事へのトラックバック一覧です: 千秋楽にて:

« 技術経営の芸者論 | トップページ | 「暮らしの中に生かそう」 »