« ガス事業法ってのがあるなあ | トップページ | 文章に対する品質(2) »

小田急の4000形

http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/2353_8862142_.pdf

小田急線の営団・・・じゃなくって東京メトロ千代田線乗り入れ車両が、入れ替えになるということである。
初代:9000形は抵抗制御車の部類ではあるが界磁チョッパ・回生制御。地上線から退いた後は一部機器撤去などをして運用していた。当時としてはレベルの高い車両であったと考える。実は個人的には意匠として好みであった。(近年に廃車済・最長30年前の車だと思うと仕方ないな)
2代目:1000形は地上線にも投入されたVVVF車、地下線用は固定10連になって専用運用であったが、そのうち1000形の亜種といえるワイドドア車も出てきた。(地上線用)(ワイドドア車両は、ドア部の改造を受けた。俗に1500形(4両編成)や1700形(6両編成)といわれている。)

というわけで、1000形を地上に出してこの車を入れるわけ。撤退した1000形は5000形・5200形の置き換えに充当される予定らしい。
-----------------------
さて、名称は4000形(東急車輛製)。今回は10両固定編成7本を作るようだ。ベースをJR東 E233系をベースにした車だそうで、またかという失念をしたのではあったが、リリース文をよく読んでみると、空気圧縮機を独自のものにしたり(3000形と同じと思うが、もしかしたら違うかも。)、前面は独自設計にしたりと、それなりに工夫をしている。また車内のイメージ図を見る限り、意匠についてはやっぱりこだわりがあるな。(安堵)
なーんだ消極的と始め思ったけれども、つらつら考えるに、乗り入れ先は常磐(緩行)線につながるわけで、いずれは203系の代替としてE233が入っていく可能性の高い路線。またいま導入しているメトロ10000系もE233系を意識してはいるみたいだし、他方E233ベース延長線上の車が今後来る可能性も出そうだ。そこまで考えているとすると、先読みとしては正しいのではと思う。ネガティブな小田急線は小田急線にあらずと思うから、そこまで考えると個人的には気持ちが高まってきた。(至って単純な性格と思う自分(苦笑)
-----------------------
ところで、4000という番号は、感覚的に忌み嫌われる傾向がある。(9000というのも事例は少ないですね。北総(公団引継ぎ車)、近鉄(8000番台からオーバーフローしてきた)そして小田急。9200とかなら路面電車にあるか。)今回の場合、丁度「4000形」という番台があいたということで持ってきたのだと思う。

ただ私はまだ「4000」というと先代の4000形の残像が大きい。とはいえHB車更新(正しくは一部機器の流用レベル)のイメージがあるかというと、相模大野の編成分割表示B(5+5)という電照看板と何回かの乗車経験にすぎない。
下周りを更新してからは、比較的江ノ島線各停に多く入っていたのでなじみがあるし、保守レベルが高かったから、廃車というとあれれというのが正直な気持ちだった。けど更新後の4000形も電気制動がないというのなら、小田急線の増解結が多い運用には、確かに使いにくかったといえるかもしれない。
-----------------------
当方、この一報を聞いたとき、今投入中の3000形が私の相性に合わないと考えていた事もあり、落胆を隠せなかった。おいおい、またコンセプトが違う車が来るのかと。しかしよくよく考えるとこれは、ある意味運転上の隘路の一つを排除する一つの思想が貫かれている。いたずらに排除モードに入ることは、私にとっては不幸なのかもしれない

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ガス事業法ってのがあるなあ | トップページ | 文章に対する品質(2) »

コメント

こんにちは。中学1年まで鶴間に住んでいたので、電車と言えば小田急線でした。最近はほとんど乗らないので懐かしいです。(数年前の教え子が町田駅ではたらいています。)

先日、はじめて東武線に乗って春日部まで行ったのですが、帰りに乗ったのが中央林間行きで驚きました。そんなに遠くまで一本でつながっているとは。私がつきみ野に引っ越したときは、永田町までしかつながっていませんでしたので。

投稿: KADOTA | 2007年2月11日 (日曜日) 09時29分

9000形は電装解除改造はしていません。一部で8輌固定化のために運転台機器を撤去しただけです。
それから、メトロ10000系はE233系とは全くの別物です。個別の機器類には共通のものもあるのかもしれませんが、そもそも車両全体のコンセプト・設計思想からして異なると思います。

投稿: TX650 | 2007年2月11日 (日曜日) 11時32分

もうひとつ、9000形は界磁チョッパ制御の回生制動車で、加減速を重視して歯数比も高く、少なくとも新製当時としては十分以上に地下線向きの車輌だったと思いますが。

投稿: TX650 | 2007年2月11日 (日曜日) 11時42分

>先日、はじめて東武線に乗って春日部まで行ったのですが、帰りに乗ったのが中央林間行きで驚きました。そんなに遠くまで一本でつながっているとは。

久喜に所要で行ったら、当然東急線の車が止まってます。(おまけに3連の太田行きなどがいたりする)知ってはいたが、ショック強いです。
おまけに、仕事で竹ノ塚に行った帰り、押上で都営→京急の予定だったのだが又寝てしまい、起きたところは長津田でした(苦笑)。

>もうひとつ、9000形は界磁チョッパ制御の回生制動車で、加減速を重視して歯数比も高く、少なくとも新製当時としては十分以上に地下線向きの車輌だったと思いますが。

これは、界磁チョッパ制御車であったため、あえて抵抗制御ベースという表現にしたのですが、これはっきりしたほうが良いみたいですね。
というわけで、この辺り加筆しますので、承知ください。

投稿: デハボ1000 | 2007年2月11日 (日曜日) 12時06分

> 9000というのも事例は少ないですね。北総(公団引継ぎ車)、近鉄(8000番台からオーバーフローしてきた)そして小田急。

これは他に東急、京王、西武、東武、東京メトロ、相鉄、京阪、阪神、阪急、南海にもあり、また東京都交通局(都電)にも今年入るそうです。つまり大手で9000系(形)がないのは京急、京成、名鉄、西鉄の4社であり、このうち京急と京成は乗入相手の北総(千葉ニュータウン鉄道所有車)との区分上避けているわけですから、純粋に9000系(形)がないのは名鉄と西鉄の2社だけということになります。
一方4000系(形)は、確かに小田急以外では西武とかつての都電くらいしかありませんね。

投稿: TX650 | 2007年2月12日 (月曜日) 03時31分

本当だなあ。これは参考としていたHPのほうのミスもあるようです。当方とて相鉄・京阪は身近なのにね。失礼
(今になっては、北総の9000というのも意味が薄くなってしまったところは有りますが。)

投稿: デハボ1000 | 2007年2月12日 (月曜日) 03時53分

こんばんは。
4000系は99.9%利用する事は無いので(笑)
とりあえずはロマンスカーでしょうか。
それにしてもVSEの展望席の一番前は予約が大変だと感じました。
仕事とにらめっこしながら有給を使って座席は確保したのですが。
3月末ごろには仕事も目途がつきそうなので有給で乗ってみたいと思った次第です。
今は予約して引き換えを待ってる次第ですがどうなることやら?

投稿: nakappi | 2007年2月14日 (水曜日) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/13863591

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急の4000形:

« ガス事業法ってのがあるなあ | トップページ | 文章に対する品質(2) »