« 業務連絡 | トップページ | あーあ »

日本最低をめざす

会社の、モットーというか社訓というか、その辺りを色々見てみると、面白いものがあるのです。たとえば・・・

宇野自動車株式会社 http://www.unobus.co.jp/

岡山県の赤穂線沿線を主に運行するバス会社であります。「宇野」という名前はオーナーの名前でして、今の社長(宇野泰正氏)は3代目だそうです。このような個人名を頭に載せるバス会社は、余り日本ではないのです。(堀川バスというのがあります。)戦前は結構あったのですが、戦時統合の折に一般的な名前になってしまいました。従って、宇野線方面の運行はしていません。
でトップページにいきなり。
日本最低をめざすバス会社
と書いてあるので、大概「えっ」ということになってしまいます。
---------------------------------------
で、企業コンセプトは下の通り
・サイテーの栄誉を求めて
・ここが自慢なんです
・サイテーだけでなく、サイコーもめざして
・岡山ではじめての深夜バス
・中・四国初の公共車両優先システム(PTPS)
・県内初のバス優先レーン

---------------------------------------
なんか他は尤もなことですから、落ちがありそうですね。実は、普通の意味のサイテーではないのです。
----引用---
国土交通大臣権限の許可を受けて運行しているバス会社、今、日本全国に176社(※)あります(保有車両30台以上)。その中で、宇野バスは174位ってポジション。最低から数えたら3番目ですね。
で、これ、何の数字かと言えば、バス運賃。バスに乗って1Km走ると運賃いくらかかるかという数字。「対キロ区間制基準賃率」っていうんですけど、宇野バスはこれが23.20円。日本で最高運賃のバス会社が52.90円ですから、宇野バスはその半分以下の運賃てことになります。それでも、シタにはシタがあるもので、最低は19.90円てバス会社もあるわけです。がんばらねばっ。
------終了---
この最低なら納得していただけるでしょう。この後に、これを維持する「秘訣」なども書いてあります。一度HPをご覧になることをお勧めします。また路線長は短い(車両数も少ない)ですが、運転している路線は、比較的高密度運転区間が多いと聞きます。
これがために、岡山県全体のバス運賃は、3大都市部ほどではありませんが、比較的低いレベルにとどまっております。
-------------
こういう逆説的なインパクトのあるモットーをはじめてみました。(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 業務連絡 | トップページ | あーあ »

コメント

 このモットー、一瞬アレって思いました。いい意味での最低なんですね。

 でも、勘違いさせてしまう可能性大なので、変えた方がいいかもと思ってしまいます。

投稿: ゆげやかん | 2007年1月18日 (木曜日) 21時57分

私も、かつて「日本一の赤字ローカル線」を逆手に取ってPRしていた、いまは無き国鉄美幸線(北海道)のようなバス会社なのかな?と思ってしまいました。すごい優良経営のバス会社なんですね。

投稿: kunihiko_ouchi | 2007年1月23日 (火曜日) 01時11分

>勘違いさせてしまう可能性大
そうでしょ。そこがみそなんですよ。なんじゃこらという意味でひっぱてくる。ある意味一歩間違えばなんですが、実態は非常に経営のいい会社なんです。

>いまは無き国鉄美幸線(北海道)のようなバス会社なのかな
岡山県には両備Grというある意味いいリーダーがおりますから、その意味でこういう会社があること自体が価値があります。(このクラスのバス会社ではHPをもっていないところもありますから)
両備Grは両備バス・下津井電鉄(バス)・岡山電気軌道を傘下にもつ持ち株会社のような会社ですが、和歌山電鉄を南海から買って再生するなど、かなり力もあります。ある意味そこと対等にわたるノウハウがあるのじゃないでしょうかね。

投稿: デハボ1000 | 2007年1月23日 (火曜日) 09時45分

> 和歌山電鉄を南海から買って再生するなど、
両備グループが貴志川線を買ったわけではなく、あくまで公設民営の「民営」の部分を同グループが引き受けたということの筈ですが。
あと「和歌山電鉄」ではなく「和歌山電鐡」が正式ですので念の為。

投稿: TX650 | 2007年1月23日 (火曜日) 23時49分

>あくまで公設民営の「民営」の部分を同グループが引き受けたということの筈ですが。

一寸これ説明しにくいんでそうしたのですが、細かく見るとたしかに間違いですな。(上下分離についての説明が必要かもしれません。)
民営の部分というのは流動資産・人件費というところにざっくり考えていただくのがいいでしょう。(線路などは自治体の所有であります)

投稿: デハボ1000 | 2007年1月24日 (水曜日) 00時05分

「和歌山電鐡の運営を引き受けた」という表現でいいんじゃないですか?
設備・車輌などは和歌山電鐡の資産ですが南海からは無償譲受ですし人員の移動もありませんから、「南海から買って」という表現は細かく見ないでも間違いです。「南海から譲受して」であれば間違いではありませんが。
それから、
> 線路などは自治体の所有であります
というのも正確ではありません。この事例の場合、自治体の所有なのは土地です。公設民営の「公設」はあくまでカネの出所の話であり、資産の名義については、事業の種類や個々の事情に応じて様々なケースがあることに留意する必要があると思います。

投稿: TX650 | 2007年1月24日 (水曜日) 11時52分

はい、そこもわかってましたがねえ。確かに定義をしっかりすると難しい。この場合は
固定資産:(路盤・駅舎など)
一般的に流動資産とみなせるもの(線路・信号設備など)
流動資産(車両・人員など)
のうちの一番上以外を承継した(車両は無償承継、人員は新規採用である)と認識しております。

まあ一律にならないのは当然でしょうが、今後鉄道以外でもこういうスキームあるのかな。(箱物ってこういうものでしたっけ)

投稿: デハボ1000 | 2007年1月24日 (水曜日) 12時13分

> 固定資産:(路盤・駅舎など)
(中略)
> のうちの一番上以外を承継した
ですからそのご認識が間違いだと申し上げているんです。
自治体の所有となっているのは土地だけであり、建物・構築物より上は全て南海から和歌山電鐡に無償譲渡されています。

> 今後鉄道以外でもこういうスキームあるのかな。(箱物ってこういうものでしたっけ)
「指定管理者制度」「PFI」「PPP」あたりでググってごらんになるといいと思います。さまざまな形態のさまざまな事例があるのがわかると思います。

投稿: TX650 | 2007年1月24日 (水曜日) 13時24分

>「指定管理者制度」
ほー。探すとけっこうあるんですね。一般的に箱物なんぞというが、えらく事例があるんですな。「指定管理者制度」という言葉自体には反応できなかったので、これは又一つ賢く(撲)。

専門家がいたりするんだろうか、それとも現場裁量でするから沢山バリエーションが増えて・・・なのかなあ(後者の感じがします)

投稿: デハボ1000 | 2007年1月24日 (水曜日) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/13505218

この記事へのトラックバック一覧です: 日本最低をめざす:

« 業務連絡 | トップページ | あーあ »