« リカバリーシステム | トップページ | 鉄道のCMソング考 »

ブロガーの6タイプ

ブロガー・・・という民族がいるらしい。(自覚が無いやつだな)で、その調査研究事例がのっていた。
--------------------引用
ブロガーの6タイプ、果たしてみなさんは?(関連記事 IT media newsより)
野村総合研究所が面白い調査を行っています。果たして、皆さんはどのタイプになるのでしょうか。
自分がブロガーとしてどのタイプに当てはまるか・・・。

まず、ブロガーの行動を次の3つの要素に定義づけます。
 (1)ブログを更新する。
 (2)他人のブログを閲覧する。
 (3)他人のブログの記事にコメントを書く・トラックバックを張る。

その上で、ブロガーの行動頻度から6つのタイプに分類し、人数まで推定しています。

アルファブロガー
 3要素とも頻度が高い。Webによる情報の収集発信・コミュニケーションを非常に重視(71万人)

情報発信ブロガー
 更新と閲覧が高頻度。ブログを純粋に情報発信のツールに位置付けている(97万人)

自己完結ブロガー
 更新が高頻度。日記として、情報蓄積ツールとしてブログを活用(53万人)

情報探求ブロガー
 閲覧とコメント・トラックバックが高頻度。意志決定の際にWeb上の情報を探し、コメントも書き込んで情報の真偽性を問うタイプ(40万人)

熱烈読者ブロガー
 閲覧が高頻度。ブログを情報メディアとして重視しているが、ブログの各機能は使いこなせていない(258万人)

駆け出しブロガー
 3要素とも頻度が低い。一般的なネットユーザーであり、 ライトユーザーが多いが、熱烈読者になる可能性も(481万人)

そして、さらにはブログやSNSの5年後の市場規模は2006年度の7.6倍となる1706億円に拡大するとのこと。ネット市場の市場規模拡大も想定はされてはいますが、国内SNSにおいては、購買プロセスモデル(AISAS)上の「注意」(Attention)、「興味」(Interest)の部分で接触時間が長いが、「行動」(=購買、Action)につながる情報を取り切れていないということのようです。

----------------------------引用終了

ところで、私が関心を抱いているのは情報のなんです。個人の主観が事実として伝えられたり、個人の名誉が傷つけられたりとか・・・。但し、従来のマスコミでもその側面がなかったわけではないのですが、明らかに垣根が低くなっていますな。以前に比べてブログが世論を左右するTOOLとなったことは私とて十分実感していますが、反面、信憑性の薄い情報が氾濫していることも事実みたいです。それは意図したものではなく、恣意的なものでないだけにそれをどう取捨選択していくかは、(書き手が見えないだけに)読み手の基礎知識にもかかわってくるんでしょう。確実なところは、ただ、ブログやSNSが新しいメディアとなることですな。

ニュースソースは同じですが、解析方法が少し異なります。購買に特化して評価してます。
---------------------------引用
ブログ・SNS市場は5年後に7.6倍、ネット広告市場は2倍に──NRI予測(2006年12月21日 16時20分 更新)
NRIが発表した国内IT市場予測によると、ブログ・SNS市場の伸びが著しく、5年後の市場規模は2006年度の7.6倍となる1706億円に。SNS登録は4倍の5111万に上る見通しだ。

 ブログ・SNS市場は2011年度に1706億円、2006年度の7.6倍に成長──野村総合研究所は12月21日、国内IT主要市場の予測を発表した。ブログ・SNS市場の高成長を見込む上、広告市場の全体が横ばいの中、ネット広告は拡大が続き、11年度には06年度の2倍強となる7417億円になり、広告市場の1割を占めるようになると予測している。
 ブログ・SNSの市場規模は、06年度でブログが140億円・SNSが82億円。ユーザーの接触時間の増加に伴い、広告の増加や利用料、アフィリエイト、企業内ブログ・SNS構築なども拡大。特にSNSの伸びが目覚ましく、11年度にはSNSが15倍の1241億円・ブログが3.3倍の465億円にまで成長すると予測した。
 06年度のブログサイト数は1302万サイトで、11年度には4割増の1814万サイトと予測。SNS登録者は06年度の1302万が、11年度には4倍の5111万へと大幅に増加する見込み。ただ「今後は招待制より登録制が増えて入りやすくなるため、実ユーザーの割合は減るだろう」(同社情報通信コンサルティング二部の小林慎和・主任コンサルタント)と見ている。
 ネット広告市場は、成長スピードは鈍化するものの、携帯電話向け広告の活発化が拡大を後押ししそうだ。携帯電話利用者は11年度には1億826万人に伸び、そのほとんどが3G/3.5G端末に。ネットビジネスの成長の主役は携帯電話になり、消費者向けECや音楽配信、広告では携帯電話向けの成長が著しいと予測している。
-------------------------終了
当方、ネットで「商品」を買うということは余りしないほうである。イメージが画面だけで伝わるものかというと疑問。実際にさわって、操作してということになると、やはり従来型の購買が便利なところではそこに落ち着くだろうな。ただ、「データを買う」音楽・画像に関してはどうもダウンロードによる使用料という形で増えていくと思う。確かに私も文献類はネットで注文して、本屋に取りに行くことにする場合が多い。
ただこれらは、従来の消費全体枠を大きくする可能性は余り無いと思う。むしろ、転移するだけではないだろうか。
-----------------------

さて、あなたは、どのタイプのブロガーでしょうか。一寸考えて見ましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« リカバリーシステム | トップページ | 鉄道のCMソング考 »

コメント

駆け出しブロガーでございます。

投稿: みどりかわ@ミナロ | 2007年1月 8日 (月曜日) 08時07分

それはご冗談を(笑)

投稿: デハボ1000 | 2007年1月 8日 (月曜日) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/13367013

この記事へのトラックバック一覧です: ブロガーの6タイプ:

« リカバリーシステム | トップページ | 鉄道のCMソング考 »