« 今改めて、認知療法について | トップページ | 水商売 »

H社は東へ西へ

--引用---
「ホンダジェット」受注好調 米国で100機突破[共同通信社:2006年12月09日 09時35分]
 【ニューヨーク8日共同】ホンダが開発した7人乗りの小型航空機「ホンダジェット」の受注が好調だ。2010年をめどに米国の工場で年間70機程度で量産を始める予定だが、低燃費や自動車ではぐくんだホンダブランドにも支えられ、すでに米国での受注は100機を突破している。増産に向け生産計画の見直しも検討されている。
--------
2006年12月8日付けニッケイ新聞
ホンダがフレックス車生産開始=スマレー
=日本車としては初:7日にラインオフ式=1億ドル投資し拡張中
 ホンダの伯国現地法人、ホンダ・オートモーベイス・ド・ブラジル・リミターダ(Honda Automoveis do Brasil Ltda=岩村哲夫社長)は7日午前11時から聖州スマレー市の同社4輪車工場で、日本車としては初の、エタノール燃料でも走れるフレックス車を生産開始した。販売が好調を維持していることから、昨年来1億ドルを投資して設備拡張を進めている。
 その初完成車が組立てラインから出されるラインオフ式が午前11時から行われた。フレックス車のシビックは先月から生産されているが、ラインオフが深夜だったため、時間が適当だった今回のフィット車ラインで式典を行うことにした。
 岩村社長はラインオフ式典のあいさつで、「他社よりも後発ですが、その分、安全性と利便性を求め、進化したフレックス車をクライアントにお届けしたい」と語り、自社開発技術への自信をのぞかせた。
 当直の社員350人が周りで見守る中、岩村社長、ナツメダ工場長らによりテープが引かれ、1号車がお目見え。その後、社員の代表が、高品質の製品を生産する誓いの言葉を述べた。
 今年、ブラジル国内で販売された車両の8割近くが、エタノール燃料だけでもガソリンとの混合燃料でも走行可能なフレックス車だった。ホンダでは市場の需要に応えるために、新技術を開発し、生産ラインにのせた。
 ブラジルで市販されているガソリンは、すでに20%のエタノールが混入されている。フレックス車は20~100%のエタノール燃料で、ガソリン車と同等の動力性能、低燃費性が実現された。さらにエタノール車は一般的に、低温時にエンジンがかかりにくいが、サブタンクをフロントフェンダーに装備したコールドシステムにより、始動性も改良している。
 同車の04年の販売実績は市場拡大を上回る前年比158%(約57000台)で、2005年は約56000台(輸入車含め)、今年は64000台の予定。シビックとフィットが半々を占める状態だという。特に好調なのは、今年4月末から発売されている新型シビック(セダン、3年間保証)で、今申し込んでも納車は来年4月になるという。
 また03年4月に発売開始されたフィット(2年間保証)も高い居住性が実現された車内空間、経済性、オプションの多さなどが好評を呼んでいる。

08年に年産10万台へ
 さらに同社広報によれは、南米の旺盛な4輪車需要により、両車種とも好調な販売を続けていることから、昨年11月から一億ドルを投資して設備拡張を図っている。
 具体的には、建屋の拡張、溶接・塗装・組立ライン設備の増設を行い、05年現在で55000台(日産240台)だった生産能力を、07年初めには80000台強(日産360台)にし、08年には100000台(日産400台)に拡張する。
 同社の従業員は現在約1800人。
--------------引用終了

商品コンセプトの創造方法を比較すると、実はホンダは独自のコンセプトメーキングをするようである。ある意味旧式で、人的依存度が大きいが、その代わりPL(プロジェクトリーダー)に対して独自の商品調査支援システムを構築している、設計計画という意味では非常に面白いシステムである。設計工学的視点で一寸研究してみたい。
この着想は新鮮である。http://www.honda.co.jp/WAIGAYA/index.html

|

« 今改めて、認知療法について | トップページ | 水商売 »

コメント

こんにちは。機械学会の知り合いで、この開発に携わっている方がいて、いろいろお話を伺ったことがあります。個人で小型飛行機を買う人が多いという話を伺って、アメリカは違うなと思いました。日本では考えられません。この会社、最近はバイオ関係にも手を伸ばしているようです。

投稿: KADOTA | 2006年12月10日 (日曜日) 18時15分

>最近はバイオ関係にも手を伸ばしているようです。

このバイオがらみが結構面白い理由でして、一例として公開したものの中から曰く「日本から部品を輸出して、その帰りの空きパレットを利用してアメリカなどからバイオ加工品を輸入する。」
本社でなく、通関業務をやっているホンダトレーディング㈱の企画で本田技術研究所によって進められてるということです。こういう発想、すきです。

投稿: デハボ1000 | 2006年12月10日 (日曜日) 20時10分

名古屋大学との共同研究でしたよね。
全くいろいろ手を出すんだから。

投稿: mac | 2006年12月10日 (日曜日) 20時38分

>全くいろいろ手を出すんだから

ホントレの提案で、早速研究するというのが、いかにもですね。この話を聞いた時は笑いが止まらなかったですが、翌日新聞でみて「唖然」でした。

投稿: デハボ1000 | 2006年12月10日 (日曜日) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/13004533

この記事へのトラックバック一覧です: H社は東へ西へ:

« 今改めて、認知療法について | トップページ | 水商売 »