« 忘れてました。 | トップページ | なにか頭固くなってないの? »

世界史のみの問題かよ!

単位偽装についてうじゃうじゃ言われているのですが、ご他聞にもれず当方の母校もそうだったようです。(泣:但し、世界史の問題ではなくて、単に振り替えをしたことらしい)
私は、日本史・世界史・地理A・政経・倫社は全部受けてました。で、他はそこそこの成績だ他のにもかかわらず、世界史は記憶項目があまりにも多すぎ、「共通一次には使えん」と思ってリタイアした覚えがあります。しかし、山川出版社に、教科書の内容を非常に濃くしたのが上下2冊であって、これは授業と全く関係ないものを好きでよんでました。(日本史もあります)これは少しでも、知りたいなあ。地理であんな事いってたけど歴史上裏が有るのかなという好奇心から、足が土に附いた知識をもてれば本当はそれでOKですよね。
ところで、世界史が必修 他が選択必修という差別をしている理由がわからないのです。(国際化という理由で単順に決めたような報道があります)世界を見るのに世界史が必要だという考えはわかるのですが、それをメインにすえて、人間の世界化対応が図れるのか?
世界史:世界の成り立ちを浅く広くすることは世界との交流に必要
日本史:世界の人に会話して、日本人の考え方を認識するのに必要
地理・世界史:日本人がその地域の文化の立脚点を知るのにやっぱり必要
政経・倫社:今の世の中に何が必要であるかを生きるための指導

各自、1.5倍のスピードで選択、1学期分は選択するため、日本史・政経/倫社を2項目とり試験に備えた。というわけで通知表の500ランク指示は全くいじってないと思います。(各科目100点で表記しその和でしたのである。いっぱんの高校の5・4・3・2・1で表記しない)どれも大切な項目ですね。しかしですよ、大学の先生に言わせれば、どれも必要だがといいますが、流れを知っていても、詳細項目をちくちくついてくる世界史は、教師の相性が会わなくて私は受験に使うことはなかったですね。

少なくとも与えられた教科書は全部通読した記憶があります。
---------------------------------------
もちろん、カリキュラムを全国一律に統制することは有る程度必要です。高校教育がトリガーになって世界史の研究者になったのもおります。しかし、受験を優先するときついのは事実。(本当なら、数学みたいに歴史一般・世界把握一般というのを必須にして高度な内容を選択必須にするというのがいいのかと以前から思っていました)

世界を知ることは必要ですから・・・それはわかります。けど、それが世界史だけのニーズでしょうかね。むしろ世界に対する日本人としては、日本史を避けてしまうのもおかしな話で(自国の歴史を知らず、外国にて仕事をすると、時に日本人のアイデンティを問われる)あります。

また大学側のニーズがいい生徒・・・から生徒そのもののターゲットに絞っているのも驚きです。近所の薬科大学が「化学」の試験しかないというので、私はひっくりがえってしまいました。目前の対策に対応するために集中した人勝ち。これまた、(大学内での補修システムはあるそうですが)どうしたものか。
--------------------------------------
産業や社会の、大学生に対する期待内容も代わってきている。
大学や社会の、高校生に対する期待内容も変わっている。

カリキュラムの小手先を変えるのが本当にいいのか。むしろ週6日の授業に戻すのが必要ではないのか。

教育というより、生徒の問題意識が変わってきている。社会もあるスキルに関しては不要とまで言い出している。(だいたい本当に薬剤師をするなら、数学の試験は必要ですよね。英語は??ですけど、文献は英語も有るし・・・それを言ったら学生がこないのでしょう)
--------------------------------------
本当に僕たち、私たちの子供が必要でなければならない、アイデンティティーを見極めるという必要かもしれません。少しでも大学の非常勤講師(非常識講師という説があり)・卒業研究指導をした、人間です私もとこの辺りを、非常に考えなくてはなりません。誰か、実務者と語りたい。今はそんな気分です。

|

« 忘れてました。 | トップページ | なにか頭固くなってないの? »

コメント

> 単に振り替えをしたことらしい
いま問題になっているのは大部分「振り替え」なのではありませんか?

ところでデハボさんの高校はは地理Aでしたか。私の高校は地理Bでした。(共通一次はその場で地理Aを選んだ記憶がありますが…)

今のセンター試験は、総得点ではなく各大学が指定する科目の得点が採用されるので、私のように国語と社会で工学部に入る(笑)ようなことはできなくなっています。共通一次の「高校までに学んだことを満遍なく評価する」という理念は失われてしまったわけで、そこにもひとつ問題の根っこがあるように思います。その極端な例が、デハボさんが紹介された薬科大学なわけですな。

先日書いたように、私の出身中学では技術の授業が全くありませんでした。これは義務教育だからもっと問題が大きいですよね。
私のようにメカ好き少年で理工系に進んだ者は、大学の製図のガイダンスで戸惑うくらいで実害はありませんでしたが、その辺に興味が薄く文系に進んだ者は、社会に出てから技術に対するリテラシーで苦労している(もしくはまわりに迷惑をかけている)場合も多いのではないかと思います。

岩手県の私学では芸術を履修させていなかった例もあるとかで、こうなるともう論外ですが。

投稿: TX650 | 2006年11月 1日 (水曜日) 10時35分

こんにちは。これを機会に世界史を必修にしたのは何故かという議論も出てきてほしいものです。ついでに私立中の技術科も調査をしてもらえるとよいのですが。同じ進学校でも国立大附属中はきちんと技術科に取り組んでいます。私がはじめて勤務したT大学附属駒場中では3年生で電気と機械をびっしり教えました。特に理系志望の生徒は熱心だった記憶があります。

投稿: KADOTA | 2006年11月 1日 (水曜日) 20時41分

KADOTAさん
> 私がはじめて勤務したT大学附属駒場中では
あ、極めてご近所の私立中の話です(汗)。学校のサイトを見ると、今はきちんとやっているようですが。

投稿: TX650 | 2006年11月 1日 (水曜日) 21時10分

>デハボさんの高校はは地理Aでしたか。私の高校は地理Bでした

これは担当の先生が、地理の学習方法を考えるとその切片として転用できるのは地理Aであるとの意識が強かったようです。地理Bの希望のひとは課外で教えてたみたい。

まあ私の場合は、技術科という事業は表面上見えなくて、中三の1・2学期は物理を教えていた先生が3学期は集中的に技術を教えていたという短期集中式でした。(ちなみに、こういう事情から、両方の免許を持っている校長が直接授業を見ていました)

投稿: デハボ1000 | 2006年11月 1日 (水曜日) 21時26分

>岩手県の私学では芸術を履修させていなかった例もあるとかで、こうなるともう論外ですが

あのー、私は歌謡・・・じゃなくって音楽を選択しました。週2時間のこれは、息抜きというか、気分転換にもってこいでした。なぜか年一回は座禅の時間に変わりましたが。(苦笑)

投稿: デハボ1000 | 2006年11月 2日 (木曜日) 01時31分

デハボさんは「芸術」というより「芸能」という感じですね確かに(笑)。
そういえば妻の中学・高校では「演芸」もとい「園芸」があったそうです。何でも創立以来のポリシーなんだとか。
私は芸術科目以前に全科目息抜きでしたから…。確かに美術(と体育)だけは眠らずに起きてたなあ(爆)。

投稿: TX650 | 2006年11月 2日 (木曜日) 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/12510880

この記事へのトラックバック一覧です: 世界史のみの問題かよ!:

» 世界史を履修させない高校 [単身赴任 杜の都STYLE]
 なんとも暗澹たる気持ちになるニュースです。世界史などの必修科目を履修させていな [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日曜日) 21時42分

« 忘れてました。 | トップページ | なにか頭固くなってないの? »