« 法律の下に有る人倫 | トップページ | 忘れてました。 »

BLOGを続けてきて

  まあ、人生の山あり谷ありはあったが、16ヶ月WEBLOGというものを続けてみて、文章を書くことの執念と、そのスキルの維持(向上なぞ期待しないほうがいいだろうと思っている)、サンドバック状態になったときの考え方の違いに対する思考回路など、自分の心の支えと視点の複眼化にはなっていると思う。(依存しているとは思わないけど)この間、明らかに誤謬であることについても、また、物事を表現する手段の一歩手前で確執などが避けられないということにも、対応し、ご指導いただいたてきたつもりである。(一時期、それが全く取り込めなかった時期もあったのもよくわかる。)
もちろん充分ではないのはわかっているが、貴重な意見を頂き、新たなる知己も得たわけで、今後の人生・仕事もそうだが、生き様にかなり役立ったと思う。とはいえ、自分の思考の硬直化も進んできたなあという感じはあって、どうほぐそうかとか今考えているわけである。
-------------------------------
さて、この前、性格診断をやってみた結果をUPした。それを箇条書きにしてみた。(再揚御免なさい。)
【性格】「いつもポジティブなナルシスト」
●直感的なひらめきやイメージのままの行動。
●ポジティブで、たとえ失敗しても本人はそれを失敗だと気づけないことも多く、くよくよしないしひきずらない。切り替えが早い。
●直感で行動するとはいえ、左脳の論理的思考も顔をのぞかせるので、それにちゃんとした理由があるように理論武装もするが、もともと結論ありきの理屈なので、思いつきで言っていると見られやすい。
●趣味は一貫していて、好きなことにはとことん突き進む。
●趣味を語り始めたらノンストップでヒートアップ。その反面、興味のないことにはぜんぜん関心がないという分かりやすいタイプ。
●波に乗っているときには盛り上げ役として最高のムードメーカーになり、そうでないときはカラ回りすることも。

反省するしかないという書き方をしたが、いやいやいや、全く以って何を根拠にここまでダイレクトにかかれたのか、驚きであり、4つの項目はどんぴしゃである。趣味に関しては、あちこち尋ね歩いて結果的にここにたどり着いたみたいなものであるし、それから20年ぐらいはなんとかついて行っている・・・というか皆さんのおかげで励起させているような場が有るようなものだから、他力本願でないけれども、半分は当っていると見える。
------------------------------
話変わって、今日のこと、朝から調べものをしていたのだが、そういう見方も有るのかという事例を見つけてしまった。
事の発端は、某社エレベータの事故の件で、報道と原因究明結果・謝罪に対する認識の違いが、本社(スイス)の上級担当者認識と日本の現場の認識がなぜずれ、謝罪会見すら遅れたのかという事を調べるために、300以上の関連HP・公式発表・プレスリリースを調べていたときのことである。(HPも文献リストも400個/日以上のは疲れますね。流し読みでも・・・)
民族の間にある認識の齟齬がやっぱりあるようだ。(たとえば、社長が謝罪会見を行って、その時に頭を下げたところを載せた、米国のある一流新聞は「改悛の態度が有ることを示す、日本特有のジェスチャーである」と書いている。)これでは、山一證券倒産の時、社長が涙を流しながら頭を下げて言った、「社員は悪くないんです。経営陣になった私たちが悪いんです」という言葉を?なんじゃそら?という形で報道した欧州の新聞があることが、理解できる気がする。
-----------------------------
ともあれ、このことを私は「フォード・ファイアーストーンSUV転覆事故」の顛末に関して類似性が有ると思って見た。このことは、今集めているエレベータに関する諸検討の中でまとめたいと思っているので、いまは詳しくは述べないが、日本の人の見方との違いに関して欧米人からみた、面白い比較検討がある。(技術者倫理 札野編 2004 放送大学教育振興会刊 P276~ 但し当該部の執筆は 英国の大学教授である ハインツ・ルーゲンビールによる)
----------------------------
さて元に戻って、気になった記載を少し引用してみる。本文は非常に聡明な機械技術者でシステムのインターロックまで認識した知見だと考えているのだが・・・・
http://halfseriou.exblog.jp/4975348
管理者の書き込みに非常に気になったところがあるので・・・(一部表現などを省略する)
--------------------------------------------引用開始
(1)Aさん
管理者 さん、稚拙な内容の質問に丁寧に回答して頂いてありがとうございます。
>では、説明してもわからないでしょう。
業種の違う人間が直ぐに思いつくことをなぜ、業界の人が採用していないのかが気になり、管理者さんが思いついた機構を明らかにしてもらい、それが大勢の人の目に触れれば、なぜ採用されていないのが分かるかもしれないと思ったからです。
>常に免許を有する人がついて責任を持って運用する自動車とは、根本的に違うのです。
常に免許を有する人がついて責任を持って運用する航空機の話を出していたので車の話を出しました。私は、定期点検をしていた人間が、ブレーキの不具合に気付きながら対処の仕方が分からなかったと言っている事や、対応をしてこなかった事に問題があるのではと思います。対処できない、知らないものを点検できますと言って契約をしているメンテナンス会社に責任があると私は思います。
----------------------------------------中断
素朴な質問にあって自分の専門外であるから、わかりやすく教えてほしいとこの人は言っているのだろう。あってしかるべき行為である。ただ簡単にわかるようになるのかが、今ひとつわかりにくいようである。
----------------------------------------再開
(2)管理人さん
> 常に免許を有する人がついて責任を持って運用する航空機の話を出していたので車の話を出しました。
あのですね、明らかに違う文脈の話を持ち出すのはやめていただけますか?そういう次元の低いことを指摘したくは無いんです。そのほかの「御意見」も、私がすでに本論で触れていることのはずです。
メンテナンス会社に責任が無い、と私が言っているとでも?「現時点ではわからないし」「騒ぎ立てずともすぐに結論が出る」から、それについては措いているだけだと、ちゃんと読んでいただいているならわかるはずです。
私は某社にも責任があると主張しているのですが、あなたは某社には責任が無いとお考えなのでしょうか。そうでないなら、あなたが何をおっしゃりたいのか、さっぱりわかりません。
---------------------------------------中断
あれ? っとおもって前段を読んでみると、これは確かにさらっと書いて有るが、わからない人にはわかるまでにもう少し詳しい説明がほしいだろうと思う内容である。しかも、Aさんは自分の知見をおぼろげながらUPしているんですな。
---------------------------------------再開
(3)Aさん
すみません、管理者さんのおっしゃるとおりちゃんと読んでなかったようです。ただやはり、すぐに思いつく対処方法は教えて頂けないのですね。残念です。もしくは、思い付いていないのかもしれませんが...。
>あなたは某社には責任が無いとお考えなのでしょうか
そうですね、この事件に関しては、あなたが思っているほどの責任はないと考えております。
最後までありがとうございました。
---------------------------------------中断
Aさんは自分の意見は一応述べているが、まだ典拠は薄いのを自覚しているのだろう。で、Aさんはは収めようとしている。但し「教えていただけないのが残念」というあたりのフレーズがどうも癪にさわったのか。管理人さんは、
---------------------------------------再開
(4)管理者さん
> もしくは、思い付いていないのかもしれませんが...。
精一杯の負け惜しみなんでしょうが、そういうことを言うのでしたら、はっきり申しましょうか。
あなたのような人に付き合っているほど、私も暇では無いんです。
「説明してもわからない」というのは、あなたの技術的な知識の問題ではありません。あなたに、人の話を聞く態度がまったく見えないからです。
現に、あなたは人の書いたことをろくに読みもせず、思い込みでコメントした結果、上記のように自分で自分の非を認めることになりました。あなたの「コメント」から、私はそれを感じ取ったのです。無視することもできたかもしれませんが、そうすると何を勘違いしたのか調子に乗る人がいましたのでね。
そういう人を相手に、いくら誠意を持って説明しても無駄ですので、私はしませんでした。回答したところで、あなたはろくに読みもせず頓珍漢な突込みをしたことでしょう。それは、あなたのその後の「コメント」が、雄弁に物語っています。
あなたのような人でなければ、私はちゃんとわかるように説明しましたよ。
わかったら、本当にこれを「最後」にしてください。
--------------------------------------中断
私は、Aさんに人の意見を聞く力がないとは全然思わない。自分が知識不足で読み取りを深く出来なかったことは、自己認識しているのだと思う。「私は暇でない」というのはわかるけれども、それは実は詭弁なのではないのか。だれしも思い込みは多少あろう。そういう趣旨の書籍も有るくらい。尤も「思いついていないのかも」という言い方は文脈からして、嫌味に聞こえなくも無いですね。
--------------------------------------再開
(5)Bさん
管理者様、はじめまして。
私のマンションのエレベーターは某社ではありませんが、メンテナンス会社がメーカーのメンテナンス会社でないこともあり、この事件は大変気になっておりネットで検索をしていてこちらのサイトにたどり着きました。

A様と管理者様のコメントを見ていて、
通りすがり様の他の部分のコメントについては管理人様のおしゃるとおりだと思いますが、
> 管理者さんが思いついた機構を明らかにしてもらい、それが大勢の人の目に触れれば、なぜ採用されないのが分かるかもしれないと思ったからです。
この部分が気になりました。差し支えなければ、ぜひ、私にご教示して頂けないでしょうか。
--------------------------------------中断
それをわかるように説明するのが、難しいなら、簡単なモデル化などをするぐらいの「説明責任」はあるはず。技術者であるという立場から考えると。但し、ここで開示するか、または開示しないのかは別問題でもある。本当なら面談して話してしかるべきな複雑な内容だと思う。
一つ飛ばす。
--------------------------------------再開
(7)管理者さん
コメントありがとうございます。
とりあえず、一番説明しやすそうなのが、扉を一種のカンヌキとなるようにする方法です。簡単に言えば、扉が開いていると、扉が引っかかってかごが動かなくなる機構、ということです。この場合、電気的な制御側が誤動作したり、ブレーキが故障すれば、扉が昇降をロックして動かなくなります。もちろん、扉も昇降機も壊れるでしょうが、人は死にません。こういう、自壊により安全を確保する機構はフェイルセーフといって、安全装置の基本的なもので、あちこちで使用されています。
構造的には説明しにくくなりますが、扉は水平に開閉するので、これと連動させて、昇降路もしくはガイドレールに対して、カンヌキをかけるというのもあります。カンヌキにスプリングリータンをつけて、扉が完全に閉まると、カンヌキが外れるようにすることです。このバリエーションで、いろいろな機構が考えられますが、だんだん本題から外れますので。
図も無い、簡単な説明ですが、御理解いただけますでしょうか....
-------------------------------------中断
この説明は、フェイルセーフの基礎概念として非常にわかりやすい。機構的に出来そうな気がするが、それに対するセンサーなどのプロテクトがいるのかもしれないし、構造基準についての文面を私はまだこれについては見ていないので、実用的か否かは論評できないなあ。どっちにせよ基本的な設計概念を持った「技術」が見える人間であることは間違いないだろうと、私の目からは見える。

ところが、こんな煽りの言葉が途中ではいってくるのだ。
------------------------------------再開
(6)Cさん
Cです。
Bさん、ここの管理者に何かを求めるのは無駄でしょう。憶測で誰かを批判することしか出来ない、自分の意にそぐわないものは徹底的に叩き潰すタイプの人間ですから、つまり、通りすがりと同レベルと言う事です。何かと理由をつけて、批判されるだけですよ。
-----------------------------------中断
これはタイムラグの問題もあろうが、本当に煽りである。私の目からしたら管理者さんとAさんの行き違いはお互いの使っている知識レベルが隔たっているのを、遮断しているとしか見えない。実態はAさんとBさんの基礎的な認識レベルは同じという可能性も考えられる。これは明らかに煽り行為であって然るべきだが、これも少し間違った論旨に拠っている気もする。(そもそも煽り行為自体が、相互の思考的停止を意図させるから正当化は出来ないと思うが)
----------------------------------再開
(8)管理者さん
今までにもよくあったことですが、この際はっきり申します。私は、憶測で誰かを批判することしか出来ない、「A」や「C」のようなものは、徹底的に叩き潰します。
私の意見に対して批判的である常連様も何人かおられること、その常連様には自分がどう接しているかをお考えいただければ、私のスタンスは御理解いただけると思います。
人の意見に意見することは正当なことですが、そのためには少なくとも人の意見をちゃんと読んだ上で行うべきです。ろくに読んでいるとは思えない、このような人たちをほうっておく人も多いと思いますが、私は違います。
今回も最初はやんわりと諭しましましたが、それでわからないようなので徹底的に指摘しました。
私もWeblogを開設している以上、議論を拒むつもりは毛頭ありません。ですが、このような議論のテーブルに上ってすらいない様な人は、無視するか、それ以上に低いレベルのものは徹底的に「処理」します。御承知置きください。
----------------------------------終了
私は、憶測で誰かを批判することしか出来ない、「A」や「C」のようなものは・・・・』これ自体が憶測である。実は、Aさんは批判しているつもりは毛頭ないと思う。(当方に感受性がないのかもしれないが)「本当にわからない、しかし考えなくてはならない、自分でもわからないから、貴見を伺いたくと」いう人間に対して「説明責任」を持つのが、元来の技術者の技術者たる所以ではないのか。この場合WEB上であるからまだ、この程度で済んでいる。
この構図ってのは世の中に一杯ある。
当地でも「この市営バスの路線は廃止したく考えます。ついては・・」と市の交通局が公聴会を開いたそうだが、一部には議場に入れなくなるほどの人が集まり、紛糾し、再度説明会をやり直すらしい。それは立脚点自体が違うのであって、説明しても
・一方は説明し尽くしたつもりでへとへと、
・一方はわからないので噛み付いてへとへと

実によく有る構図である。全ての技術者は自己の手が入った製作物についてなんらかの説明する姿勢(説明責任というところまで高くなくとも)があるとおもっているがそこはどうなんだろう。
WEBLOGにして開示した意見は、公共的な世界で勝手に一人歩きもする怖いところがある、錯誤も有るだろう(発信者・読者相互に)議論のテーブルはこの場合、「床」なのである。そこがわからないことには、議論がかみ合わない可能性はあるのだ。読んだってわかりつらいことだって有るのだ。
それで自分の意見を開陳して、人のアドバイスを聞く・・もとい仰ぐ以上、「このリングに上がって来い」というのはあまりにもおごり高ぶるところがあるんではないかと思う。本当に同じレベルの人だけを招待したいのなら、閉鎖的コミュニティーサイトのmixiというのがありますね。(招待されないとダメというもの)それもいいし、むしろその方が自分向きといって比重を移している方も存じている。そのほかにトラックバック・コメントを受け付けない手法も有る。コメントは受け付けないというのは、有名人の実名サイトではよく有る話である。

自分の「今の」考え方を述べておくと、過去ログも、トラックバック・コメントも(商用の明らかなものは処理する)基本的には消さないことにしている。ただ、場合によってはコメントが出来ないものもあるが、そこはご寛容ねがいたい。
全ての意見(反面教師も含む)が自分の血となり肉となる。(垂れ流しもしているとか言われそうだが)そのスタンスでやって見たいと、今は思うようになった。
いずれにせよ、この世界のリテラシーはまだ完全に定まったものではない。どういう風になっていくのは識者と、我々の、考え方・そして行動の問題だと思う。当然、自分も遵守に勤めるが。

|

« 法律の下に有る人倫 | トップページ | 忘れてました。 »

コメント

ますます複雑化する現代社会と現代技術。
技術者の「説明する姿勢」は重要であり、ご指摘のブログ管理者さんに問題なしとはしませんが、しかしその説明が極めて困難(言ってもわからない、果ては、はなからわかろうとしない…)なこともまた事実ですね。初等・中等教育において、その辺のリテラシーを広く教育していくこともまた必要とされているような気がします。
で、昨今巷を騒がす偽装履修問題ですが、私の出身校である都内私立KT中学校では「技術」(技術家庭の男女共修化以前ですので)の授業が全くなかったんですけど…。もし、いまから補習に来ないと卒業を取り消すとか言われても、ちょっと今更中学校の「技術」は、ねぇ(笑)

投稿: TX650 | 2006年10月28日 (土曜日) 16時02分

>初等・中等教育において、その辺のリテラシーを広く教育していくこともまた必要とされているような気がします。

ほんとうにそうですが、全ての教員に「リテラシー」の概念をあまねく持ってもらうことにしても、かなり困難ですね。それこそ大東亜戦争・・・というより太平洋戦争の前なら、「教育勅語」とかを振り回せばよかったが、今それはやってはいけませんしね。

投稿: デハボ1000 | 2006年10月28日 (土曜日) 17時48分

こんばんわ。
コメントありがとうございます♪

私も右脳左脳の診断、
なんだかとてもあってたように感じました。
性格判断系の占いって面白いです。

投稿: 女豹 | 2006年10月28日 (土曜日) 19時28分

ほぅ、デハボさんは「大東亜戦争」派ですか。私自身はまず使わない呼び方ですが、まあ見解の相違ですね。
私の場合「東亜」とくるとその後に必ず「国内航空」だったりして(笑)
(管理者注:この辺りの表現は色々有るので、少しRESを加筆しております)

投稿: TX650 | 2006年10月29日 (日曜日) 01時51分

懇意にさせていただいている会社に「東亜・・・」という会社が複数あるのだからかな。(現JALとは職務上関係ないですので念のため)

>性格判断系の占いって面白いです。
http://coolinx.net/ur/
というサイトもあります。はまり込まない程度にたのしんでくださいね。

投稿: デハボ1000 | 2006年10月29日 (日曜日) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/12437714

この記事へのトラックバック一覧です: BLOGを続けてきて:

« 法律の下に有る人倫 | トップページ | 忘れてました。 »