« 侘び・寂び・萌え | トップページ | 私の居場所はどこでしょう »

端正な芸とアグレシブな芸

 過日、米朝好きの枝雀嫌いという方のご意見をいただきました。こういう話はたのしいんです。そう。わたしもこういう演芸の世界は好きなので、一寸基本テンプレートから加筆したものを書いてみます。
-------------------------------------------
桂枝雀 (2代目)  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%82%E6%9E%9D%E9%9B%80
桂 枝雀(かつら しじゃく、本名=前田達、まえだとおる、1939年8月13日 - 1999年4月19日)は兵庫県神戸市生まれの落語家。
元来進学を希望していたが,父が亡くなるなどで家族の生計が苦しく,やむを得ず夜間の市立伊丹高校に進学。日中は県立伊丹高校で給仕をしていた。弟とラジオ放送での素人漫才教室にも参加し度々賞金を得ては生計の支えにしていた。高校生の頃から英語の学力はかなりものであり,専門書を読むほどであった。
昭和35年(1960年)に神戸大学文学部に入学するが、翌年中退。桂米朝に入門し「桂小米(かつら・こよね)」(10代目)と命名された。内弟子としては米朝の一番弟子である。 素人お笑いトーナメント荒しとして知られ、落語においても天才的なセンスを発揮した。
1973年10月に「桂枝雀」(2代目)を襲名。その重圧からか、このころからうつ病(本人曰く、『死ぬのがこわい病』)を患うようになった。1968年3月以降は、ホール落語を中心に活動する「米朝事務所」に所属する。このため定席としての活動はなく、このことは病気にとっては幸いし、長く研究・活動・弟子の指導ができるという利得をもたらしたのではないかと考える。
代表的な持ちネタとして「代書(代書屋)」が挙げられる。この噺は大師匠にあたる四代目桂米團治の作になる。(代書屋とは現在の行政書士)英語落語で海外にも進出した。
1984年3月28日東京歌舞伎座にて「第一回桂枝雀独演会」を開催。会場では大入り。桂雀々、桂南光が前座に入り、枝雀は「かぜうどん」を演じた後中入りとし、前編後編と分けることが多く、師匠仕込みの「地獄八景亡者戯」を一気に演じきった。終了後は緞帳が下りても観客の拍手が鳴り止まなかった(カーテンコール)。
緊張の緩和」が笑いを生むとする独自の落語理論を唱えた。このスタンスは「緊張感を持った話題を語りこみ、ある所で伸びたゴムを引いた指を離すがごとく笑いに一転化することによって、笑いがより効果を発する」考え方をいう。これについて、同病、同業ともいえる作家(故)中島らも氏は、「笑いを理論的に追求しすぎることは精神衛生上好ましくない」とし、自殺の可能性も含め憂慮していた。(注:同病と称しているが、中島氏は躁うつ病+アルコール依存症という診断になっており、病理上は実は全く違うものになる。)「緊張の緩和」という考え方はイノベーションとなり、江戸落語でもこの考え方を実際に提唱する若手(春風亭昇太など)が大勢を占める傾向がある。しかしこの考え方は、ある意味「緩和」を意図したときオーバーアクションになる傾向がある。それだけ熱意のある、汗の飛び散るような芸風であるのだが、それが賛否両論を持つため、一般の観客の評価については意見の分かれるところと思われる。
彼は古典ネタをさらに練り上げ、完成度を高めようとした。(このあたりは桂文珍氏の一連の関西大学講義集・慶応大学講義集に詳しい)しかし完璧主義者である彼のクオリティー感覚では、上手くいかず(と思い込んでしまったのか)、うつ病にかかる。一旦は回復しかかったものの1999年3月13日に首吊り自殺を図って入院し、これが誘引となって同年4月19日に心不全のため死去した。
--------------------
桂米朝 (3代目)  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%82%E7%B1%B3%E6%9C%9D
3代目桂 米朝(かつら べいちょう、1925年11月6日 - )は、旧満州大連市生まれ、兵庫県姫路市出身の上方(大阪)の落語家。本名、中川 清(なかがわ きよし)。現代上方落語を代表する落語家である。重要無形文化財保持者。
幼少時代から落語や浪曲に親しみ、素人落語や落語の上演会を主催する。大東文化学院(現:大東文化大学・・上海の東亜同文書院から継承した部門があり満州居住ということから入学した由)在学中、作家であり落語・寄席研究家でもある正岡容(蓉)(まさおか・いるる)に入門。正岡を通じ大阪のセミプロ落語家・桂米之助(故人)と知り合いとなる。その後同学院を中退して、神戸市で会社員となり落語愛好家として上方落語復興に力を入れていたが、米之助との関係で彼の師匠・4代目桂米團治に教えを乞う。やがて本格的に落語家を志し、1947年9月正式に米團治に入門。プロとなり3代目桂米朝を名乗る。
入門当時、ほとんど滅びかけていた上方落語の復興を願い故6代目笑福亭松鶴、らと東奔西走しこれに尽力する。現在の上方落語の隆盛は松鶴・米朝らの努力の賜物である。
6代目松鶴、5代目桂小文枝(後の故五代目桂文枝)、3代目桂春団治とともに、上方落語の四天王と讃えられた。しかし、上方落語協会の会長に四天王としては唯一就任できず、これに弟子の枝雀一門、ざこば一門が反旗を挙げ1994年に協会を脱退する騒動を起こした(米朝は残留し、桂ざこばらも2004年に復帰)。
語り口調は端正で上品。容姿も端麗で人気を博す。多くの弟子を育てる。持ちネタは非常に多数あるが、代表的なところで自ら掘り起こした「地獄八景亡者戯」や「百年目」、自作に「一文笛」がある。
1968年3月以降はフリーとなり、ホール落語を中心に活動するようになる。翌年「米朝事務所」を設立。一門の多くがここに所属する。
その一方で、落語研究家の活動を行い、大阪落語のウイークポイントとされているところに切り込むべく、一度滅んだ噺を文献から発掘したり、落語界の古老から聞き取り調査をして多数掘り起こしている。さらに、タレントとしても多数の番組に出演して大人気を博した。TVコマーシャルの出演は一切拒否しているが、1983年放送の公共広告機構のアイバンクのCMには出演している。
2006年8月8日未明に、自宅で転倒した。報道によると、入院し腰椎圧迫骨折の疑いで再検査、2~3週間の安静が必要とのこと。
-------------------------------------
ここまで読んでみて感じることは、米朝は静を装って、動の世界を表したということに尽きるとおもう。一方枝雀は動をもってその対比をことさらに明らかにすることで、静をまで現そうとしたのでないかという懸念をもつのである。枝雀は噺の枕からして、形態模写なども駆使してとにかく笑いの世界に観客を引きずりこみ、そこから噺を進めていった。米朝はなにげなく座布団に座り段々とゆっくり観客を引きずりこむ。なのに「枯れた芸・・・ある種のほめ言葉であるが 立川談志は全く無意味な芸人という見方をする。」にはならないのは聞き上手という所と語り口調が端正で上品で、かつ声がよく通る処が大きいのではなかろうか。

ところで最近「桂枝雀 七回忌 追善落語会」 が京都南座にてあり、見てきた人がいる。
桂ざごばが、内弟子時代の思い出などを語った。枝雀は落語を覚えるのがとても早く、笑福亭松之助のところに二人で落語を習いに行き、枝雀とざこばは別々のネタを習ったのに、ざこばが自分のネタを習得するまでに枝雀は2つともネタを覚えてしまい、しかも、ざこばが習っていたネタをざこばより先に舞台にかけたとか。
米朝の「鹿政談」。よく言えば枯れた芸なんだけど、正直言って衰えを感じてしまった。エーアーって思い出しながら話す様子が、ちょっと心配・・・・ということは、すこし声の張りがなくなってきたのかな。
桂三枝による創作落語「妻の旅行」。マクラでは枝雀とのエピソードを披露した。秀逸は枝雀の作った川柳。「」というお題で「持って出たからは 降ってもらわな」と詠んだ。この型破りの川柳に衝撃を受け、三枝は川柳を止めたとか。枝雀の天才ぶりを現すエピソード。

さて、いまや枝雀のような芸風を、関東で気軽にみることはできるのか、というと困難としかいいようがないが、エネルギッシュに観客を引き込もうとする経験豊富な落語家をあたると、三遊亭 小遊三は一見の価値があると当方は思っている。笑点でのキャラクターから入ると始め戸惑うかも
----------------------------
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E9%81%8A%E4%BA%AD%E5%B0%8F%E9%81%8A%E4%B8%89"
三遊亭 小遊三(さんゆうてい こゆうざ、本名:天野 幸夫(あまの ゆきお)、1947年3月2日 - 、A型)は山梨県大月市出身の落語家。明治大学経営学部卒。出囃子は『ボタンとリボン』。
高校時代、卓球部キャプテンを務めていたことから東京オリンピックの聖火ランナーに抜擢される。しかし、母校の近くの区間を走らなかったので誰も見に来なかった。2005年12月、山梨県より「富士の国やまなし観光大使」委嘱。
芸歴
1968年(昭和43年)4月 3代目三遊亭遊三に入門
1969年(昭和44年)4月 芸名遊吉にて初高座
1973年(昭和48年)9月 二ツ目に昇進、小遊三に改名
1983年(昭和58年)3月 真打昇進・
       同年10月から三遊亭好楽(後に復帰)の後任として『笑点』に出演
2005年(平成17年)2月 落語芸術協会副会長に就任
最近では、「副会長」と呼ばれると、必ずといっていいほど「便所でお尻を拭く(副)会長」と返す(落語芸術協会の会長は桂歌丸)。回数は少ないものの、延々と歌い続けて周囲を脱力させることもある(『酒と泪と男と女』や『津軽海峡冬景色』等)。
-----------------------------
鈴本で2回(1回は中締め、2回目は主任)見せてもらった。

思い出すと、私、一時両国駅の近くにて勤務したことがあった、近所に本所警察署がありその隣のビル1階では、月前半は落語三遊協会所属メインの落語家の寄席をやっていた。多忙ゆえとうとう行くことが出来なかったことが悔やまれる。
-----------------------------
さて・・・、新京阪・・・というか阪急京都線には、桂(京都市)・正雀(吹田市)という駅があって双方とも車庫を併設している。(他に大阪市営地下鉄の車庫がある)というわけで、桂 正雀ていう名前の人がいないかと冗談交じりに検索してみた。やっぱり本職にはいないが、このハンドルネームであちこち書いている鉄道ファン(らしい)がいらっしゃる(爆笑)。林家 正雀というのはいらっしゃるそうだ。いやはや考える人はいるものである。

|

« 侘び・寂び・萌え | トップページ | 私の居場所はどこでしょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/11863456

この記事へのトラックバック一覧です: 端正な芸とアグレシブな芸:

« 侘び・寂び・萌え | トップページ | 私の居場所はどこでしょう »