« 安くて悪いもん当たり前。 | トップページ | 技術者倫理研究事例発表大会 »

まあそういうことで

慶祝なんだそうである。CMをすっ飛ばして特別番組をラジオはやっとる。
まあ、皇室典範の改訂というある意味「国体」を触るため、議論百発というところは無くなったわけだ。母子とも健康だというわけで、よしとしよう.
-----------
紀子さま、男児ご出産[読売新聞社:2006年09月06日 09時06分]
 秋篠宮妃紀子さま(39)は6日午前8時27分、入院先の総合母子保健センター「愛育病院」(東京・南麻布)で帝王切開手術を受け、男のお子さまを出産された。
 皇位継承順位は皇太子さま、秋篠宮さまに次いで第3位。男子の誕生は1965年11月の秋篠宮さま以来41年ぶりとなる。宮内庁によるとお子さまの体重は2558グラム。
 紀子さまは胎盤が子宮口の一部を覆う「部分前置胎盤」で、早期出血が心配されたことから8月16日にご入院。胎児が十分に発育する妊娠37週目を待って、この日に帝王切開手術を受けられた。手術は主治医の中林正雄・同病院院長が執刀し、麻酔科や小児科の医師ら約10人体制で行われた。
----------
さて、産婦人科の機能崩壊がかなりの問題である。愛育病院のように恵まれた場合はいいが、かなりの医者で通院のみのクリニックに切り替わらざるを得ない状態にさらされている。国は一方では「出生率の向上」を叫びながら縦割り行政の問題か、笛吹けども踊らずか、担当国務大臣の折衝能力不足なのか発言できる資料を持たないが、生誕の喜びのみならず、全体的な崩壊と個人属性に基づく格差があることを、認識しながら聞かなければならないのは不幸だ。

|

« 安くて悪いもん当たり前。 | トップページ | 技術者倫理研究事例発表大会 »

コメント

2006年09月06日 09時06分


これ意図しての所作かな?

投稿: デハボ1000 | 2006年9月 9日 (土曜日) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/11781561

この記事へのトラックバック一覧です: まあそういうことで:

« 安くて悪いもん当たり前。 | トップページ | 技術者倫理研究事例発表大会 »