« 技術者の知恵蓄積化(2) | トップページ | 技術者の知恵蓄積化(3) »

ラバウルってどこ

子供が本を読んでいたが、ふと私のところに来てこういった。
ラバウルってどこにあるの」
「地図帳で探してみたら」
-----------------------
「どこ?南の島でしょ」
「わからない。あっちの世界地図で探したら」
-----------------------
「なあんだ。島の名前じゃないじゃない」
「うっ。ありゃー本当だ」

街というか地域の名称なのですね。知らんこととはいえ、迂闊な返答を子供にするんではないなあ。というか、も一度確認という話でした。(サイパンとごっちゃになったみたいです。(恥))

|

« 技術者の知恵蓄積化(2) | トップページ | 技術者の知恵蓄積化(3) »

コメント

島の名前か都市の名前かというのはともかくとして、日本と世界の現代史上重要な場所(第二次大戦時の最重要拠点のひとつ:サイパンもそうですが…)です。日本人として知っていたい地名のひとつですね。
子供さんにも、これらのどかで美しい南の島々の場所と、そこに日本軍が駐留し戦争があったことを、特にこの季節ぜひ教えてあげてください。

投稿: TX650 | 2006年8月31日 (木曜日) 10時32分

一体何を読んでるのかなと思ったので聞くと、彼は、水木しげる氏の戦史物をよんでいました。そういうこともあったので、ここが日本人の戦争における場所であることは、理解してくれました。
それと、当方の父方長男・次男がラバウルで被弾し戦死したことも。

投稿: デハボ1000 | 2006年8月31日 (木曜日) 12時43分

ラバウル!
なくなったうちの親父の
レパートリーが<ラバウル小唄>でした!?
それはおいといて。。
撃墜王の坂井三郎さんの著書にも
状況うかがえますよね・・

あのときの犠牲が
政争・国際紛争の具になることを
我々自身が断固NOと明確に
意思表示しなければ、
いつまでたっても
<戦後>は堂々巡り・・歯がゆいです

PS あのころの技術者の苦闘
時代を超えて胸に迫りますバイ

投稿: 博多のたけちゃん | 2006年8月31日 (木曜日) 14時16分

実際に戦争に行った世代はもう残り少なくなってしまいました。こんどは彼らから戦争体験を直接聞いて育った私たちの世代が、それを子孫の世代に語り継いでいかなくてはなりませんね。私の親族は南方には縁がありませんでしたが、旧満州とは縁が深く敗戦・引揚時の惨状など聞かされてきました。
博多のたけちゃんさんがおっしゃるように、その過去の戦争が現代の権力・覇権争いの道具にされている現状には、そのどちらのサイドに対しても怒りを覚えます。
ラバウルでは日本からの補給が遮断された中、被弾損傷した航空機の部品を寄せ集めて可動機に仕立て上げたり、果ては単座の戦闘機を複座の偵察兼用機に改造したりということまで行なわれたそうです。ここにも技術者の苦闘がありました。

投稿: TX650 | 2006年8月31日 (木曜日) 15時18分

「平和祈念資料展示館」
http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20030817162441
の展示説明の宣伝が小田急線の車内によくあります。それを気にしていたのでこれを読む気になったようです。
靖国神社にある展示物は、機械工学的興味を突き放すと、一寸子供にはバイアスがかかりすぎると思っており、私一人で行くかもしれないのですが、子供連れはいかがなものかと悩んでいます。

投稿: デハボ1000 | 2006年8月31日 (木曜日) 16時41分

http://www.amazon.co.jp/gp/product/448003286X/503-4029243-7551100?v=glance&n=465392
のことです。(但し子供と私が見たのは、単行本でした。図書館の本なのかもしれない。)入手して悔いの無い本ですね。

水木しげる氏が武蔵野美大に縁があったとは知りませんでした。

投稿: デハボ1000 | 2006年8月31日 (木曜日) 17時00分

第二次大戦や自衛隊の保存機についてはこちら↓にリストがあります。ご参考まで。
http://ksa.axisz.jp/

投稿: TX650 | 2006年8月31日 (木曜日) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/11696535

この記事へのトラックバック一覧です: ラバウルってどこ:

« 技術者の知恵蓄積化(2) | トップページ | 技術者の知恵蓄積化(3) »