« 続 今週の見本市 | トップページ | 語学の試験結果 »

又 今週の見本市(1)

さて、最後の展示会は「機械要素技術展」である。

これで自動車部品の製造技術や生産技法を取り込んで、機械要素の世界で、何らかのものを製品化していくための素地ができたわけだ。いままでの、展示会の話をまとめてみると、私は、
STEP1 「自動車部品として特化した製品群・製造技術を学び」
STEP2 「それを、自動車技術の製造技術の視点で、確認し」
STEP3 「機械要素の中に展開して、中量生産に適するかを確認し、キーとなる要素を見出していく」
というストーリーを立てて、見てきたのだ。
技術が自ら確かなベースを作って行き、次に一般産業機械に転用でき、その過程でさらに信頼性と本質安全性を具備していく。そして、(もしできれば)自動車などにも転用できるようなところまで部品を持っていくことを、私のこれからの仕事の一つとしていきたい。
早速面白いものが見つかってきた。非常に簡単な機構を使ったギア減速器など、プレスを少しかじった人間では、かえって頭が硬化してわからなかったもの。こういう実物をみて、触れば、頭も柔らかくなろうというものである。

大田区に加え、各地の業者がスクラムを組み、総合的な加工を売りにしているところが非常に多くなった。諏訪・南信などの機械加工業者(それは少なくともいままでは、大手業者の協力工場だったところ)が独自な技術を業者間でつながって、仕事をとる連携の輪が広がってきている。もちろん技術的な中身を、意地悪くではなくきわめて慎重に聞くと、いまひとつ技術的蓄積がないなあという会社もある。(精度について???と言うところはつらいなあと思う。機構についてセールスポイントを明確に答えることができるところは、この加工の必要性がある、コンセプトがしっかりしているといってよい。)それを育てる、という視点を持って相互研鑽できる加工のパートナーを構築すること。これも、私の仕事となるべきことであると思う。こういうスクラムを持つ会社は、必ず旗をもつリーダーがいるみたいだ。(行政がリーダーシップをとって指揮しているところも有るようだ。)
これで、必要なターゲットはつかんだ。後は実行あるのみか。
もっとも、今日は設計製造ソリューション(CAD運用とか、ラピッドプロトタイプとか自動部品表システムなど)や産業用バーチャルリアリティ(こちらは、ITに絡むのであまりわからなかった)の展示で東館全部でやってるのだから、2回回ればいい運動になった(苦笑)。

さてエレベータの話じゃないが、本質的な安全というのは、電気的な作動の有無に関わらす、安全サイドに機械が動くことである。そういうことと、電気的な細やかな制御をメインにし、最後の最後は安全に働くということから、いま改めて、機構学に注目している。
この前は機械構造の本を仕入れてきたが、今度はカム機構図例集という本を買ってきた。そのほか私はどうしても初心者にわかりにくい表現をすることがあるので改めて機構学を基礎から説明するための参考書として、本を買ってきた。これぐらいの自己認識はしなければここまでBLOGを書いてきた経験が泣くというものよ。

出展の内容は整理して、自分なりに熟成して、書き示したい。

|

« 続 今週の見本市 | トップページ | 語学の試験結果 »

コメント

こんにちは。機械要素本のご購入ありがとうございました。おかげさまで、けっこう売れているようです。(増版の連絡が入るまで確実ではないのですが)

この本を書いていて思ったのですが、多くの機械要素は自動車産業に適合するように拡がっているように思います。

ロボットがロボット産業になるためには、新たな要素やアクチュエータが登場して、それらが大量生産させる必要があるでしょう。将来的なロボットには金属が使われることはほどんどないと思いますので、人工筋肉を開発中です。

投稿: KADOTA | 2006年6月24日 (土曜日) 19時47分

>この本を書いていて思ったのですが、多くの機械要素は自動車産業に適合するように拡がっているように思います。
私も、結果的にはそうなると思います。開発に対する資本投下は自動車ないしはその周辺に多く、また成果に対する評価技術が比較的明確化されているからです。その結果が横展開されていく土俵としても多いと考えます。(機械要素が車自身でなくその製造ラインに使われても同じ評価でしょう)
ただ、将来的なロボットに金属が使われないか・・というと温度などの樹脂の依存性など(アレニウス式依存という意味から)から私は、軽薄短小となっても材料の総量としてはそれなりに使われるのではないかと、私は考えています。
人工筋肉については、着眼点については非常に面白いなあと、かねがね関心を寄せています。

投稿: デハボ1000 | 2006年6月26日 (月曜日) 21時45分

こんにちは、鶴城屋です。
いつもウチのブログへコメント有り難うございます(^^

>大田区に加え、各地の業者がスクラムを組み、総合的な加工を売りにしているところが非常に多くなった。

なにやら私の住んでる久留米でもこの話が上がってきました。
来年の6月には 多分出展していると思いますんで、ぜひお立ち寄りください♪
でも、出展は まったくのド素人なんで何からやったものか(?_? ははは…

投稿: 鶴城屋 | 2006年6月29日 (木曜日) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/10636973

この記事へのトラックバック一覧です: 又 今週の見本市(1):

« 続 今週の見本市 | トップページ | 語学の試験結果 »