« SPAM///SPAM///SPAM | トップページ | 耐震偽装の一連報道 »

営業活動だけではないよ

旧知の人のところに行って、色々相談をしてきた。まあ仕事のことなのでここには書かないが、一言「お互い年取りましたね」「そうですね。馬齢ばっかし重ねちゃって」なんていっている。
夕方、根岸線の新杉田から京急線の杉田まであるいた。久しぶりに活気のある商店街を見た気がする・・・というぐらいである。両駅にも、駅から直接アクセスできる商店街・・・もとい再開発ビルがあるのだが、そちらよりも商店街がはやっているというのは、後背地に恵まれたからか、ないしは駐車場の必要のない顧客がおおいからなのかわからない。こんなのも昔見た世界である。昔の姿がスプリングバックフラッシュバックするってことはやっぱり馬齢を重ねたんだなというのが本当のところなのであろう。
------------------------
ところで、仕事を立ち上げるということになると、必要なのはやっぱり使命感と説得力ですね。営業経験でもそう、研究開発でもそうです。ただ時として訴求するために黒を白と言う人物もいるのですなorz。本当は黒の部分もあるが白の部分も大きくて手戻りが少ない・・・とかいう前に終わっている。黒・白を決めてしまう会議もあって、リーダーが即断即決するという意味では尊重するのですが、そこで一旦じっくり考える格好だけはしてほしいものだと感じることも、過去何回もありました。
------------------------
こんなときに駅の売店で買ってしまったのが「プレジデント」(車ではありません)である。
以下要約して引用------20006.5.1 P90
リーダーシップのタイプ
熱血型:強烈な達成意欲を持って部下を牽引するタイプ。高い目標を掲げ、その達成に邁進していくことに生きがいを感じる。人々は目標に向かって先頭を走り抜くリーダーの勇気や情熱に触れ、後について走り始める。
洞察型:鋭い洞察力を持っていて部下を牽引するタイプ。世の中の流れを察知して将来の姿を構想することに集中する。人々はその先見性に感銘を受け、付いていく。
価値観型:自分の倫理感や価値観に基づいた基準を持ち、その基準から組織がぶれないように教示し見守るタイプ。誰がなんと言おうと自己の信念がぶれることがない。
触媒型:このタイプのリーダーは有能かつ多様な人材を集め、彼らの協働作業を促進する役割を担う。人々は自分の力以上の何かを生み出すことができる環境に引かれてこのリーダーの下に集まってくる。
奉仕型:人々の後ろにいて人々が最良の状況で活躍できるよう配慮するタイプのリーダーシップ。幹部が現場の社員に奉仕することによって現場の社員が心から顧客に奉仕する気持ちになる。(日本での事例は少ない由)
-------------引用終了--------------
で、著者は黒田由紀子さんという方・・・あれえ・・・で名刺の束をひっくり返すと4年ほど前にお会いしたことのある方である。確か研修所勤務のとき、役員研修のためにお呼びした方。彼女は「私のような若輩(30台だったはず)で、お役に立てるのかが少し不安です。」などと話されていた方である。(いやあ、後でVTRで見たけどそんなことまったくない方でしたね。)
----------------------------------
そこで自己認知手法を取り入れてみる。私の上司(管理職に限る)の場合どのパターンの人がいてその人とそりが合ったか、合わなかったかというのは、一つ考えてもいいのかな。○△×で決めるか。(一人につき1つ)
①:△○××
②:○××
③:○××△××
④:○○
⑤:○
誤解なきように言うのは、その人の技術能力とはまったく一致しないという点。あくまで管理能力の判断です。
----------------------------------
ううむ、合う合わないということのほかにも色々副次的な要因はあるのかもしれない。
で、ここから自己認知の世界に入る。自分もGrリーダー(非管理職) 課長代理(非管理職) 技師(管理職)という名刺を持っていた人間である。評価してみるのも必要である・・といって客観的に見ることができるかというと疑問であるが。
①:これはない
②:課長代理のときはこのスタンスだった気がする
③:そこまでかたくなではない・・・というか上司にこういうパターンが多かった。
④:Grリーダーのときは、化学・自動制御などの知識を寄せ集める必要があったので必然的にこうなった。もっとも技術を「盗ませて」自分の頭に焼き付ける意味でよい機会であった。
⑤:これはかなり意識をもってやったつもりである。むしろそれができる人がいないというのに着目したこともあって。社内評価にもそこを理解してくれるひとがあった。
---------------------------------
かつて率先垂範というのが管理職務の代名詞として言われ、それのみで管理評価が決まっていた気がする。事実それのみが・・・ということをことさらに主張する人もいますね。そのときはそんな単眼でいいのかと気になった。でもそうではなかったんだと思うと気が楽になった。実は目指しているところは⑤だったのだ。

そんなことを考えながらデパートで買い物をFDを買いに入ったら、占いの並んでるところにぶち当たった。従来西洋占星術のみであたってもらっていたから、もしかしたら違う見方があるかも知れないなあ。
---------------------------------
心理的なものもある。ぼちぼち事業資金もLIMITである。不安は尽きない。心理作戦だ、エイ!

(結果):生年月日と氏名で検討してもらった。
・リーダーシップ自体の能力はない。しかし副次的なリーダーシップ能力がある。(後述)
・金回りはそこまで心配することはない。連帯保証人にならない限り大丈夫。ただひと財産とはならない。
・仕事運は比較的好調に推移するであろうが、収入の変動はあるはず。ただたぶん、仕事運は過去からもよい傾向があるからリーダーシップを取れたところが大きかったのではないか。
・家族に関しては、特段よくも悪くもならない。
・技能については、深く突っ込む、かつ、横に幅広い知見があるようで、ここの能力が突出している。この能力でリーダーシップを取ることができうる。また指導などをすることができるから、教師・研究者・サムライ稼業が向いている。

私の職業を言ってないのに・・・ある意味、どんぴしゃである。これはおだてなのかもしれない。しかしそこを妄信しない程度に支えにしていくのも一つの生き方かもしれない。

|

« SPAM///SPAM///SPAM | トップページ | 耐震偽装の一連報道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/9786961

この記事へのトラックバック一覧です: 営業活動だけではないよ:

« SPAM///SPAM///SPAM | トップページ | 耐震偽装の一連報道 »