« わ・地震だ | トップページ | 試作品の現場主義 »

東京と神奈川の間に(苦笑)

まいにち、忙しい状態が続いている。土曜日は医者に行く関係で半分休みにしているが、やることが多くてどうしようもない。(その割には入るものが少ない。)これはおいおい実績を作って改善していくしかない。日曜日のほうがむしろ落ち着いて計算書など作れて、気持ちいい。
仕事のテリトリーの関係から、神奈川・東京(南部・多摩)が中心になるようである。当然、多摩地区(八王子市など)・東京都世田谷区・大田区・藤沢市・綾瀬市・茅ヶ崎市・海老名市・相模原市・平塚市・厚木市・川崎市・横須賀市というエリアでしょうなあ。

さて、東京と神奈川の間には多摩川がある・・・というのは事実であるが、川上になると稲城市のように反対がわの立地もある。もうひとつあるのが「境川」という川であり、小田急線で町田を過ぎると、幅の狭い川があるのが判るであろう。それである。もともと町田という町は河岸段丘の下と上にまたがった土地構成である。
まあ横浜線沿線は県境が出たり入ったりしており、ある私鉄はごちゃごちゃになっているところもある。駅前と駅裏で都府県が違うわけだからね。そのような山林原野を切り開いて簡素な住宅地にしたということなのだから、しかたがないことである。

さて、このあたりをあちこちうろつく関係で、変なことが気になった。
大人の男の人なら・・・のあの手の「エロ雑誌・DVDつき」とかいうあれである。(以下「悪書」と書く)

東京都:普通の本屋で(区画を区切って)売っている。テープで仮止めしている。
     コンビニでは程度の軽いものをテープ仮止めで売っている。
神奈川:普通の本屋ではまったく売っていない。
     コンビニでは程度の軽いものをテープ仮止めで売っている。

したがってある駅なぞは駅前(東京都)の本屋では悪書を区画を区切ったりして売っているのに対して、神奈川ではまず一般の人が入る本屋では目にかかる機会がない。むしろコンビニのほうがあったりする。

このような、出版物に対する規制は県条例でなされるものであって、確かにこのあたりのずれはあって当然である。ただ悪書の基準というのは、考え方によって変わる。かつてのナチスドイツの出版規制は①悪書の大量流布②世論の成熟・(誘導)③出版規制法規の策定・成立④ドサクサ紛れに全体主義に反する書籍をリストに混入⑤廃却(焼却・・焚き火に投げ込む)    まさに中国における焚書抗儒という言葉と同じ景色が出てくる。したがって悪書という概念をどのように設定するかは、具体的条例で決まるものでなく、事例蓄積と判例に依存するわけである。したがって時期によって概念も変わってくる。したがって神奈川県では悪書で排斥すべきという書籍を、東京とは悪書で制限すべきというところにとどまっているゾーンがあるらしい。
べつに悪書に限らず、書籍の制限概念は地域性もあり、なかなか統一されない。これは変に思わず、むしろ統一されぬべきと思う。

京都府相楽郡木津町と奈良県奈良市は県境で接している。京都はそこまで制限はきつくない。奈良県は図書の販売は当然な上、ポルノ映画のポスターを街頭どころか映画館の前に掲示することも制限している。そんな県境(といっても市街地は連続している)京都府と奈良県の県境を通る国道24号線、京都側に悪書の自販機がずらり並び、果ては県南部から車を走らせ、夜に人が並ぶということがあったなあ。(今は自販機設置自体が禁止だそうな)

どっちが健全か否か議論をする必要もないが、そう考えると、その県の考え方のベクトルが垣間見られのだな。つまらない議論だが。

|

« わ・地震だ | トップページ | 試作品の現場主義 »

コメント

町田の地形的構成は川沿いの低地と「多摩丘陵」です。「河岸段丘」ではありません。(通常河岸段丘の上は台地です。Ex.武蔵野台地)

投稿: TX650 | 2006年2月 5日 (日曜日) 22時16分

原町田(ふるい・・)付近だと
川と同等の低地(JR線路付近)
109の上の中間の台地(小田急踏切付近)
連続して上がる多摩丘陵(玉川学園寄り)
と分けられると思いますが・・・
尤も間に公園の低地があるから画一的ではないでしょうが。

投稿: デハボ1000 | 2006年2月 6日 (月曜日) 09時32分

あれはちょっと段丘とは言い難いのではないでしょうか。明確な段丘崖もないですし。

投稿: TX650 | 2006年2月 6日 (月曜日) 11時00分

段丘崖・・・そういう意味では、上野原市(うっ)みたいな明らかな形ではないですね。微妙なところではないでしょうか。川の規模から考えると相応しいかも。

投稿: デハボ1000 | 2006年2月 9日 (木曜日) 00時45分

町田市役所の土木の専門家に聞いてみました。やっぱりあれは河岸段丘と呼べるものではないそうです。

投稿: TX650 | 2006年2月 9日 (木曜日) 21時01分

TX650殿;教示感謝致します。何らかの定義があるのでしょうね。調べてみます(後学のためにも)

投稿: デハボ1000 | 2006年2月10日 (金曜日) 00時24分

ネット検索してみたところ、境川右岸には河岸段丘がみられるという記述が多くありました。淵野辺と鶴間のあたりで、確かにここには緑地の急斜面がありますね。
地質的にみても左岸の多摩丘陵に対して右岸は相模原台地なので、河岸段丘の定義に合致します。

投稿: TX650 | 2006年2月10日 (金曜日) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/8501364

この記事へのトラックバック一覧です: 東京と神奈川の間に(苦笑):

« わ・地震だ | トップページ | 試作品の現場主義 »