« 組織の駒で居続けること | トップページ | 時刻表読みの時刻表知らず »

こりしょう

また風邪引いた。節々痛いし、頭はがんがんくるし。
「体よわっ」と言われそうだが、腰痛が風邪からきているとは、おもわなかかった。

体を鍛えればいい。・・・と大概の人には言われるが、なかなか、体を動かすと3日あとぐらいにきてしまって、どうしようもない。せめて、睡眠が十分とれて、笑って過ごせれば、十中八・九はいいのかなと思う。

最近分かったことに「こり性」だと言うことがある。何かに没頭しやすい・・・のなら、それはそれでいいのだが、そうじゃなくて、肩の血行が悪くて、すぐ頭痛になる・・・というのである。何人かのマッサージ師にいわれた。で必ず其の後に続くのは、
「お客さん。パソコンを良くやりますでしょう。」
はい、CADにせよ、書類にせよ、そしてBLOGにせよ、其の類ですものね。

仕事だからといういい訳はいいかげんやめて、体を動かすのがいいんですが、水泳・散歩・読書にしても必ず目標を高く掲げすぎるところもあるからなあ。(水泳は挫折しました・・・し)
そう言う意味では、目標を掲げるところまでは凝り性ですかね。
(現実は?)ははは・・・・

|

« 組織の駒で居続けること | トップページ | 時刻表読みの時刻表知らず »

コメント

「体を鍛える」という発想ではなく、体を動かすことを楽しむことから始めたほうが長続きすると思いますよ。
(スポ根や軍事教練じゃないんですから)
その意味じゃ目標設定なんかしないほうがいいんです。

投稿: TX650@元伊勢崎市民 | 2005年11月 3日 (木曜日) 23時08分

肩こりの“こりしょう”は困りますね。けっこう辛いし。
昨年今頃、腕が痺れるので医者に行ったら、肩こりだと言われました。
会社でも自宅でもパソコンはいじっていたけど、いつの間にか直りました。
あれは何だったんでしょう?
最近肩や腰、膝用の立体的な使い捨てカイロが出たそうですね。
今朝のNHKニュースの中で放送していましたが、しっかり「ほっカイロ」と商品名が写っていました。
これなんて、肩こりにはどうでしょうか?

投稿: あべくま | 2005年11月 4日 (金曜日) 17時04分

あべくまさま

上記の件、早速、DRAGSTOREに行ってきたものの、入荷待ちでした。

TX650さま
目標設定がないと動けないからだ・・・てのも悲しすぎますね。昔、東北周遊券と時刻表を持って当ても無く乗りまくったのが計画性を持った行動・・・なんてのも変ですし。

投稿: デハボ1000 | 2005年11月 5日 (土曜日) 16時34分

仕事だったら生活がかかってますから苦しくてもやりますが、運動はやらないでも暮していけるわけですから、苦しかったら続かないと思います。(競技スポーツはまた別ですが…)目標設定なんかして苦しくても「頑張る」のは仕事だけで十分です。
だから、とりあえず興味を持ったらやってみる・1回の運動量は苦しくならない程度にごく軽く・いやになったらさっさとやめる。そんなスタンスでやるのが健康のための運動のコツだと思いますね。
多分デハボさんが水中歩行を試された時にも、苦しくなっても「鍛錬だから」と頑張ってしまったのではないですか?

投稿: TX650 | 2005年11月 8日 (火曜日) 19時55分

ちょっと話はそれますが、デハボさんの場合カイロプラクティックを試してみるといいかもしれませんね。まさに骨格が歪んでいるように思いますから。
知人(クラスメート)が経営している療術院↓をご紹介しておきます。
http://www.kcs-center.com/centers/3301/
私の名前を出せば少しサービスしてくれるかも?

投稿: TX650 | 2005年11月 9日 (水曜日) 12時49分

日常生活の中での運動について、もう少し私見を書いておきます。
よく「脂肪を燃焼させる」ことが強調されますが、それは「過剰ダイエット社会」によってクローズアップされている1面に過ぎないと思います。
(まして筋肉をつけるなんていうのはあまりに美容的な観点でありまして、男性ファッション雑誌にでも任せておけばよろしい。)
いちばん大事なのは、気持ちよく体を動かして身体・細胞の循環なり新陳代謝を活性化すること、それから気持ちいいことそのものの精神的効果だと思うんですよね。
そのためにも、運動で苦しくなったり義務感で気が重くなったりしてはいけない。あくまで楽に、気楽にやるのがいいと考えます。

投稿: TX650 | 2005年11月 9日 (水曜日) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/6880006

この記事へのトラックバック一覧です: こりしょう:

« 組織の駒で居続けること | トップページ | 時刻表読みの時刻表知らず »