« こりしょう | トップページ | 憧れとして残るマシン »

時刻表読みの時刻表知らず

出典:http://rongo.jp/first/first04.html
「論語読みの論語知らず」という言葉があります.本質的なことをお留守にして、枝葉末節にばかりこだわるような人、つまり本末転倒しているようなピンボケ人間に向かって発せられる言葉でありまして(・・・ううん そのとおりだ(苦笑))、決して良い意味に使われるものではありません。私などは、論語に二十年以上も親しんでおりますが、いつまで経っても「論語読みの論語知らず」ピンボケ人間から抜け出せません。否、益々その思いが強くなって来る、と云った方が正しいでしょう。
いやあ、どの世界でも同じ物がありますな。学問自体がそういう物でして、答えを同定するまでは、なかなか暗中模索の日々です。(私が言ってもへの突っ張りにもなりませんけど。)
引用は続きます。
こういう思いは私だけではないようでありまして、論語を永年愛読している人ほど、判で押したように自分のことを「論語読みの論語知らず」と云う。かの安岡正篤先生をして「自分は五才ころから論語の素読をさせられて、空んじる程になったけれども、今こうして振り返ってみると、全くの論語読みの論語知らずであった」と、晩年になってから述懐しておられる。なぜそうなんだろうか?(引用終了)

かの道を究めた安岡氏にして、この言葉。学問は、理系・文系 また 工学・理学、 薬学・医学・看護学というように比較した中ででも着眼点が各々異なりますから、かならず1つに収束することはないのでしょうな、価値基準が自分の中にあって、「理解する」という進め方をしている以上は。山も見方によっては富士に見えたり、讃岐富士、近江富士になったりするということです。昭和新山かもしれない。

ところで、全く話を変えます。JTBとか交通新聞社の大型時刻表を買って精読してみると、結構それだけで色んな情報が詰め込まれているものです。これは色んな人が感じてるところ。時刻表の字が並んでる様は、興奮する方は興奮します。また、一時は乱数表代わりに使えるという論文もありました。(これには一寸ノウハウがあります)
ただ、これだけのデータベースになると、なかなか詳細まで覚え込むことは辛い物があります。で、割と良く読んでいた私なんかは、結果的には上っ面の時刻修正のみに気を取られてしまい、「時刻表読みの、時刻表知らず」になってるてことがあります。
この特技???が全く役に立たないというとそういう訳でもありません。EXCELで収束計算(技術計算の一種で同定で結果を求める)をさせるときに、自分はA2クラスの紙に数の羅列だけを打ち出して、「いかん。収束判定が途中で2回逆転している。数式の間違いかも。やりなおそう。」なんて事をすると大概のかたは、「グラフか何かにしなくちゃ分からん・・・」といいます。当たり前です。「良く、そんな数値の羅列だけでトレンドが分かるなー」という。自分の中ではトレンドグラフが頭の中に画けてるのです。ということは、これが時刻表を穴の空くほど読み続け、かつあんまり頭に入っていない人間の、ただ一つの「メリット」なんですかな。

前置きが長くなりましたが、時刻表は太平洋戦争中までは午前の時間を細字(例:11:17)、午後の時間を太字(例:2:17)として区別していたのですが、戦争中、軍隊式(ここが大事)に24時間表記が導入されて以降定着したということだそうです。24時間表記は結構あります。タイムマネージメントツール(来客日程などを書込むプログラム:例 OUTLOOK LOTUSnotes(ノーツ))もそうなってます。
ところが、ある時親戚の所に行くとき、当方が電車の中から電話して、「最寄りの駅に22時50分に着きます」といったら、着いてから「感覚が合わない時間の呼び方するんじゃないよ。」と文句の一言がありました。(若い人です)「時刻表もそうなってるし、駅の表示板もそうなってるでしょ。」といっても最後まで納得されないのです。

自分には不思議で仕方が無い。確かに新聞のラ・テ欄は12時間表記。デジタルの時計表示は切替えできるが、ノーマルは一応12時間表記らしい。ところが、芸能人のTVの出演時間を示している表の中は(水曜 25:10~26:00)とかいうのもあるしねえ。

そこで英会話の先生(ネイティブ)に、ある時きいてみました。「今使っているTEXTでは、時間表記に必ずAM・PMとついてますが、24時間制での会話はあるのですか」。答え「実はあるんですよ。軍隊では使うんです。けれども、アメリカでも、カナダでも一般市民はまず使いません。したがって、普通、英会話のTEXTには出てきません。あくまでも軍隊用語なんです。」主に、命令の授受のときに使い、一般市民はむしろつかうのを避けてるというニュアンスでした。

さて日本の皆さんは、12時間制・24時間制を用いる場合、日ごろどういう使い方、使い分けをされていますか。

|

« こりしょう | トップページ | 憧れとして残るマシン »

コメント

民間航空は世界どこでも24時間制ですし、乗客もそれで馴染んでいると思います。
その意味で英会話の先生の意見は、ちょっとある種の思想信条のバイアスが入ったものとして捉えたほうがいいかもしれませんね。
軍事起源のものは全部いけないということになると、例えばGPSもジャンボジェットも全部使えなくなってしまいます。

まあ北米か豪州だったら、日常生活で鉄道を利用する機会がめったにない人が大部分、っていう理由もあるでしょうが…(親戚の方も、ひょっとして普段鉄道やバスを利用しない地域にお住まいではないですか?)

投稿: TX | 2005年11月 7日 (月曜日) 12時57分

急に時間が空いたので、航空会社のサイトの表示をちょっと調べてみました。
ユナイテッド航空:USサイト、日本サイトとも12時間制
アメリカン航空・日航・全日空:USサイトは12時間制、日本サイトは24時間制
エールフランス:USサイトは12時間制、日本サイト、本国サイトは24時間制
エアカナダ・英国航空・ルフトハンザ・キャセイ航空:USサイト、日本サイト、本国サイトとも24時間制

要は米国だけの特殊事情、ということなのかもしれませんね。

投稿: TX | 2005年11月 7日 (月曜日) 14時57分

TX650殿

ご教示感謝いたします。
どうも何らかの歴史的背景があるみたいですね。

また、上述の親戚と言うのは従兄弟で、普段は社の自動車で営業の仕事をしてるものの、大阪市内在住ですので、電車・バスにはのるみたいです。単なる慣れのようですが・・・・

投稿: デハボ1000 | 2005年11月 7日 (月曜日) 20時49分

私の父も、住居、職場とも23区内でしたがクルマ通勤&クルマ営業でしたので、鉄道は月に2~3回(大阪営業所出張+α)、バスは年に数回乗るくらいでした。公共交通に乗らないひとってそんなもんですね。

投稿: TX650 | 2005年11月 7日 (月曜日) 23時37分

米国では12時間制ですか。知りませんでした。
私は会社でも家でも当然24時間制です。
子供たちはあまり慣れていないようですが、それでも判ります。
24時間制の方が、午前・午後の区別による誤解がなくなるから、便利だと思うんですけどねぇ。
米国ってところは、良く判りませんね。

投稿: あべくま | 2005年11月 8日 (火曜日) 01時00分

ちなみに私の今の親分が毎月配る行動予定表は全部24時間制です。やっぱり公共交通関連の仕事ですからね。

投稿: TX650 | 2005年11月 8日 (火曜日) 08時27分

軍事起源のものは全部いけないということになると、インターネットもコンピュータもだめになってしまいますね。

投稿: 鋳造 | 2005年11月 8日 (火曜日) 19時39分

>軍事起源のものは全部いけないということになると、インターネットもコンピュータもだめになってしまいますね。

そういう国も事実ありますからねえ。

投稿: デハボ1000 | 2005年11月 8日 (火曜日) 21時11分

鋳造さん
全くその通りですね。

あと、肉じゃが、カレーライス、それにポークランチョンミートの入ったゴーヤチャンプルも、残念ながらNGです。

デハボさん
それって全く逆の意味(軍事優先or軍部独裁政権で民衆に使わせない)ではありませんか?
平和主義なのでインターネットを使えない国というのは聞いたことがありませんが…

投稿: TX650 | 2005年11月 8日 (火曜日) 22時54分

>平和主義なのでインターネットを使えない国というのは聞いたことがありませんが

はい。平和主義なのだが資本的余裕が無いというため結果的に・・・という意味でしたが。
これ誤解されそうですね。訂正まで。

投稿: デハボ1000 | 2005年11月 8日 (火曜日) 23時22分

http://jjy.nict.go.jp/QandA/FAQ/12am-or-0pm-J.html

JJYのHPです。日本でもこだわってる業界があるそうですが、法律的にはなんら定めが無いようですよ

投稿: デハボ1000 | 2005年11月 8日 (火曜日) 23時45分

このサイトを見ると、政府(系機関)としての公式発表的なところは12時間制、標準時刻については24時間制と使い分けているようにも見えますね。
いずれにしても軍隊用語として忌避するような意味合いはどこにもないようですな。
(まあ日本、というか中央官庁のある東京は電車社会だ、というのも大きいんでしょう)

投稿: TX650 | 2005年11月 9日 (水曜日) 00時04分

> 平和主義なのだが資本的余裕が無いというため結果的に・・・
それって本題(12時間制⇔24時間制)とは全然関係ないことだと思いますけど…

投稿: TX650 | 2005年11月 9日 (水曜日) 00時35分

スピルバーグ監督の映画「ターミナル」
http://www.terminal-movie.jp/
で見ると、空港の表示も12時間制のようですね。米国に限っては一般市民向けは12時間制、というのが結論のようです。最初のコメントの最初の1行が不正確で申し訳ありませんでした。

ところでこの映画、スタジオに大掛かりかつオリジナルデザインの空港ターミナルのセットを作ったことで話題となりましたが、予告編を見ると物語も出演陣も良さげですね。DVD買ってこようかな。

投稿: TX650 | 2005年11月 9日 (水曜日) 11時06分

確かに米国は12時間制でしたね。あまり気にしていませんでしたけど・・・

投稿: mac | 2005年11月19日 (土曜日) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/6911326

この記事へのトラックバック一覧です: 時刻表読みの時刻表知らず:

« こりしょう | トップページ | 憧れとして残るマシン »