« ちょっとしたカード | トップページ | 技術者として・人間として »

くちぐせ

あのこに振られたと、だれかに聞いたけど、私は自分から言い寄ったりし・な・い。別の人がくれば、ラブレター見せたり、偶然を装って帰り道で待つわ。

えー、失礼しました。(しかも二番からかよ。おい)・・・しかも、それは題目と違って「まちぶせ」だろっ。

さて、池袋の街角で、普通の女のこの店員さんが「串あげや。食べ放題90分。1000円割引券」てのを配ってる。始めは何気なくもらったが、手ごろな価格だし、ここでご飯を食べていくのもいいというわけで、割引券の地図を見ながら店を探した。だが、池袋の地理自体がわかってないので行きすぎたらしい。戻るとまださっきの女の子は割引券を配ってる。
「あのー、さっき君からこれをもらったのだけど、店の場所わからないんだ。」
「えー、本当ですか。あそこのビル、一階に眼鏡屋さんのあるビルの9階です。ありがとうございます。」

件の店は少し客待ちがでていた。結構繁盛しているようだ。待っていると、さっきの女の子(といっても大学生みたいだ)が、券を配り終えたらしく、戻ってきた。「あ、来てくださったのですね。本当ですか。ありがとうございます。」にこにこしながら店の中に入って今度は、レジうちをしている。

さて、この所私は、ある工業系大学の4年次学生に対して、卒論作成のお手伝いをしているが、この男子学生は勤め先に来てくれて、私が工作法の指導をしたり、試験計画を一緒に立てたり、材料手配のお手伝いをしたり、論文の書き方などを指導したり(苦笑)している。彼とは電話でも話すのだが、
「テストピースが出来あがりましたよ。取りに来てください。」
本当ですか。早く作ってもらってありがとうございます。で、この前の実験結果がまとまりそうですが。」
「じゃあ、そちらの日程に合わせるから、予定が決まったらメールで知らせてね。」
本当ですか。分かりました。では、決まったらすぐに連絡します。では失礼します」

この本当ですかという言葉の使い方。感歎詞として使っているのかなあ、と串かつをあげて口に入れながら、飯を食べながら、考えていた。流行語なのかな。
セルフサービスの店でもあるので、席を立って、串かつの中身を取りに行った。店は満杯、忙しい。さっきの女の子は、今度は串かつを厨房からもらって並べたり、取り皿を並べたり、「ありがとうございました」とか言って接客業に励んでいる。やっぱり学生らしい。
「ご苦労様、少し教えてくれる?」
「はい。なんでしょうか。(にこにこ)」
「僕は、最近大学生に実験指導をすることが多いんだけどね・・・・」
「えー、本当ですか。」
「いや、そこでも良くあるんだが、みんな「本当ですか」という言葉を使うんだ。」
「はあ、本当ですか・・あら、本当に言ってますね。」
「いい表現だとは思うのだけど、みんな言うのでなんか流行語になってるのかなと思ったんだ」
「どうでしょうか。目上の方に対して言ってるからこうなるのだと思いますけど。」
「いや、困らせるつもりで言ったのではないんだよ。」
本当ですか。・・・あら、またいっちゃった。ありがとうございます。(にこにこ)」

決して不遜な言葉ではないが、表現の方法が画一化されてしまってるように感じた。じゃあ、バイト慣れしてるようでもないし、また、この子がまじめに働いているんだな。これが。
と言うわけで、帰りがけレジの人(社員のようである)に言った。
「いやー、みんな若若しく働いてるねえ。」
「ほとんどが学生のバイトですから、そう見えるんだと思います」
「いや、それもそうだが、きびきびしてこ気味がいいんだ。みんな。」
「それはありがとうございます」

久々に、なんだか、気持ちのいい夕食であった。僕にもあんなきびきびした動きと、明るい笑顔はかつてあったはず。忘れてたものを取り戻した気がした。
とはいえ、山手線が止ってしまったので、さくさく西武線経由でうちに戻ると言うことはあったけどね。)

|

« ちょっとしたカード | トップページ | 技術者として・人間として »

コメント

私の娘(大1)の口癖は、「疲れた」[眠い」「お腹すいた」・・・まったくそれが若い娘の言う事か(笑)
でも、本人は学校と部活とアルバイトで一生懸命なんでしょうね。
朝早く家を出て、夜遅く帰ってくるから、こんな言葉しか出ないのかなぁ。
これも青春。でもちょっと寂しい口癖ですね。

投稿: あべくま | 2005年11月23日 (水曜日) 09時36分

>本人は学校と部活とアルバイトで一生懸命なんでしょうね。朝早く家を出て、夜遅く帰ってくるから、こんな言葉しか出ないのかなぁ。

私もそう言うことがありましたね。けど、逆に考えると、「それだけ自宅の雰囲気が甘えられる、居心地がいい」ということがあってこそ、彼女が口に出来る言葉だと思うのです。よしんばそうじゃなかったら、安心してバイト・部活・勉強にエネルギーを全力投入できないでしょうし、うちに帰っても、多分自室にこもってしまうだけに成っちゃうのでは。いいと思いますけど。(発言に角があったらごめんなさい)

投稿: デハボ1000 | 2005年11月23日 (水曜日) 23時35分

なるほど、そう言う事ですかねぇ。
あまり疲れたとか言うなと諭しておりました(笑)が、これからはあまり邪険にしないようにします。
貴重な御意見ありがとうございました。

投稿: あべくま | 2005年11月24日 (木曜日) 13時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/7271280

この記事へのトラックバック一覧です: くちぐせ:

« ちょっとしたカード | トップページ | 技術者として・人間として »