« 関西人の関西人たる所以(1) | トップページ | BLOGの効用ってのは何なのか »

定食屋の主人

>脳梗塞(こうそく)の疑いで入院している三遊亭円楽(72)が司会を務める日本テレビの番組「笑点」(日曜後5・30)の公開収録が15日、都内で行われた。円楽の入院後初の収録となり、司会は23日放送分を桂歌丸(69)が、30日放送分を三遊亭楽太郎(55)が務めた。
 関係者によると、冒頭で歌丸が「円楽さんは長年の疲れが出て休んでいます」と報告。収録の最後でも「病状は大したことがないそうです。番組も円楽さんも応援してください」と話した。
(日経HPより)

まあ円楽もいい歳だからな・・・と思っていたが、意外とこういう話は身近にあるようです。
さっき定食やにて晩飯を食べようとすると、おや今日は主人がいる。聴くと心筋梗塞で半月入院していたという。(しかも私の勤め先の隣の救急病院である。)普段から運動大好きで、街の教育委員会から体育委員会長を依嘱されているほどの人である。いわく「意外といい病院でしたよ。けど、さすがに半月は退屈で、TVで水戸黄門ばっかしみてたよ。もうあきちゃった。」といってるが、10キロぐらいやせたらしい。元々筋肉質の人なのであまり分からないのだが。(こういうときに限って脂肪は減らないものなんです・・・当方の経験)
話をしていると、ほとんど後遺症はないということで、働きすぎないようにと注意された以外は特に指導は無かったそうである(たしかに、定休日の日曜夜、店で一人ギョーザの仕込みをしている姿を見たことがある。)
一方私は主人に「1ヶ月見ない間に顔色良くなったね。」と言われた。薬がへったからであろうか、と答えると定食やの主人いわく「くすりてのは、さかさまに読むと、リスクというぐらいだからね。」
・・・・失礼しました。

 

|

« 関西人の関西人たる所以(1) | トップページ | BLOGの効用ってのは何なのか »

コメント

>>脳梗塞(こうそく)の疑いで(中略)「笑点」(日曜後5・30)の公開収録が15日、都内で行われた。円楽の入院後初の収録となり、司会は23日放送分を桂歌丸(69)が、(中略)
 関係者によると、冒頭で歌丸が「円楽さんは長年の疲れが出て休んでいます」と報告。

そりゃ間違いは言ってませんが、歌丸は「円楽さんは長年の疲れが出て、『獣医の元』で休んでいます」(笑)と言ってましたね。まあ洒落が分かる方ばかりならいいんですけどね。

投稿: デハボ1000 | 2005年10月23日 (日曜日) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/6507214

この記事へのトラックバック一覧です: 定食屋の主人:

« 関西人の関西人たる所以(1) | トップページ | BLOGの効用ってのは何なのか »