« 続・宣告 | トップページ | 御年よりの思い出噺 »

決意

自己認知の方法として最も大切なのは、日記を書くことである・・・できればそうなのらしい。
普通、鍵付きの日記が市販されているように、公開なぞしないはず。私はそれを、公開することによって、あえてミラーを探していたのだった。等身大の自分を本当に認知するために。

理解力の低下は分かった。実践力もどうやっても低下傾向にあることもわかった。そしてそれを復帰する体力が明らかに低下しているのもわかった。もう十分かもしれない。

けど、日々の感情の起伏の記録として、私はこの場を借りて、日記を続けるつもりだ。本当に納得できる自分を創る為に。

|

« 続・宣告 | トップページ | 御年よりの思い出噺 »

コメント

デハボさんの言葉をお借りしてワンフレーズでいきます。
「あんた、力が入りすぎ」
決意なんかしないでいいですから、もっと力抜かなきゃ。

投稿: TX650 | 2005年9月12日 (月曜日) 21時25分

「本当に納得できる自分を創る為に」
・・・って、哲学してる場合ではないですって。

あなたが自らに対して何を思い、何を考えているかは周囲、特に机を並べる方々にとってはどうでもよいこと。ただ、管理職としてのデハボさんがそれに見合う行動を起こすか否か。それのみですって。

具体的行動のプロセスは、極めて初歩的なことから示しつくされた感があるので、もうこれ以上言いますまい。

出来ないなら出来ないなりの生き方は確かにあるでしょう(いろいろ選択肢はあるでしょうが敢えて具体的に書きません)。
それを甘受できないのであれば、あなたの目の前にある課題を着実に片付けていくほかないでしょう?

投稿: うまやま | 2005年9月13日 (火曜日) 00時56分

いつもあったかい励ましのメッセージ
ありがとうございます。
日記を書くことって素晴らしいですよね。
私は本来はブログで、元気で楽しくちょっとエロで切ない気持ちを画像&文章形式でするつもりが、かなり鬱的内容記事を書き、読み手の心の隙間に入り込んだり、心配させたりすることにいつも反省してしまいます。
でも「自分のブログだから吐き出していいんだよ」ってメッセージもらえて嬉しかったのですが、やっぱり
>納得できる自分を創る為に
って気をはってしまいます。

でもデハボ1000さん、やんわり、
歩みましょう。
いえ、
一緒に同じお空の下、
同じ時をやんわり歩んで下さいね、私と。
中卒で言葉を知らなくて、
文書力無いわたしですが
宜しくお願いします。

投稿: 女豹 | 2005年9月13日 (火曜日) 17時13分

コメントを見る限りですが、あまりいい状況では無いようですね。
何て言うのかな。部外者が言うべきものではないと思ったりするんですが・・・。
確かに同じ会社の上司が、うまく動けないときには、フラストレーションも溜まるだろうし、計算できないから、どうすればいいんだってなるでしょうね。
難しいなあ。チームで動いてるんだったら、配置(担当)を変えるってのも選択肢ですよね。
あくまで俺の意見ですが、管理者が動けないために自分の仕事が増えることは、ままありますよね。
逆のケースで、誰かに助けられることもあるとおもうんですよね。
物理的に動けない人に「動け」ってのは、ちょっと厳しいのかなあって思います。
考えられないときは考えられないし、動けないときには、誰かがフォローに入る。
フォローに入った人間は、倍の仕事をしているわけだから、頑張ってるってことになるし、評価も上がる。
動けない人間は、その分評価も下がるし、会社でも雰囲気も悪くなる。
俺の言う事、理想論かもしれないけど、人のフォローすることでチームに貢献できるんなら、ある意味チャンスな気がするんですよ。
仕事には責任があることも分かる。
だから、デハバさんには「状態だけは、はっきりさせて、周囲に迷惑をかけない」ようにしてほしいと思いました。
難しいと思います。
でも、出来ないときは出来ないです。
自分の意思でどうにかなるって訳でもないんです、残念ながら。
本人も苦しんでいると思います。
今後、チームとしてどう動くかを、ブログ上のコメントの応酬で考えるのもいいですが、実際面と向かって話して考えるのもいいかもしれませんね。
現状に問題があるなら、対応案を考えるのも手でしょう。
チームで動いているのなら、チームの問題として。
そういう企業風土じゃないのかもしれないけど、これからメンヘルでこけていく人は増えると思いますよ。その度に切り捨てていったら、折角の機会が失われて、会社にとって損な一面もあると思いますよ。
それを分かった上での、対応案を皆で出し合って、少しでも皆の気持ちが良い方向へ進んでいくことを願います。
今後色々な人と仕事をする機会があると思いますので、何でも貪欲に自分の経験にしてしまえばいいような気がします。
人は助けたり、助けられたりな気がします。
一人で仕事しているわけではないと思います。
とりとめのない文章で、失礼しました。

投稿: まあくん | 2005年9月14日 (水曜日) 01時57分

会社の方々はメンタルな病気についてはあまり知識や経験がない方が多いでしょうから、まあくんさんがおっしゃる「出来ないときは出来ない、自分の意思でどうにかなるって訳でもない」っていうのがなかなか理解できないのではないかと思います。
私自身は、いまは落ち着いていますが、鬱でかなり長期にわたって休職治療をしたことがあり、「出来ない」状態はわかるつもりです。ほんとに「誰でも普通にできること」ができなくなります。
デハボさんの場合はもともとかなり変わった感覚の持ち主ですから、それに病気が加わって周囲の許容範囲を越えてしまっているのだと思います。「本人に直させる」のではなく「治療」をしなくてはなりません。

まあくんさん、ブログ拝見しました。
真面目で几帳面なお人柄が感じられました。そういう方っていまの社会ではストレスを受けやすいんですよね。
苦しんでいた頃の自分を見ているようです。でもきっとどこかで楽になれる、自分らしく生きていける道がみつかると思います。(特にまあくんさんのお人柄ならもうじき・・)どうか無理をなさらぬ様お気をつけて。

女豹さんもブログ拝見しました。
優しい方なんですね。いまの世の中優しい人はつらいことが多いですよね。でもその優しさ大切にしていただきたいなぁなんて思いました。
それから文章力ですけど、大卒で技術士様のデハボさんよりず~~っといいですよ(笑)

投稿: TX650 | 2005年9月14日 (水曜日) 11時21分

デハボ1000さーん!!
私のブログに書き込みされた内容!!
そんなことないですよ。アドバイスして下さい!
資格が有る無い関係ないです。気持ちだもの。
お疲れのようですね。
何もしてあげれなくてごめんなさい。
生きてることって幸福です。

投稿: 女豹 | 2005年9月15日 (木曜日) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/5909325

この記事へのトラックバック一覧です: 決意:

« 続・宣告 | トップページ | 御年よりの思い出噺 »