« 基本書を見つける | トップページ | 黙って男はサッポロ・・・ »

そして僕は途方に暮れる

余計なお世話だ」突然、電話を取った途端いわれると、途方にくれるものである。
といっても仕事の話なんですけどね。まあそうはいっても、それなりの誠意(心からですよ)を示し、仁義を切る(古い表現!)を切ると、実のところ中間に入った「余計なフィルタ」があって、意図を違えて伝わったという事実が分かって、丸く収まるみたいである。
そうなると当然、メールを打ち(着信し読んだら記録を返す機能があるので)、それを確認した上で、正直に電話で(出来れば面談で)示すという、あわせ技が必要なようである。

声というのは残らない場合がほとんどだが、心を開いてくれる道具としては捨てたものではない。言魂(ことだま)とはよく言ったものである。だから大切な場合はメールを打って、かつ言葉を選ぶ。
・・・・といったものの自分の行動が完璧かという自信はないし、僕はそこまで自信家ではない。(苦笑)

|

« 基本書を見つける | トップページ | 黙って男はサッポロ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/5298003

この記事へのトラックバック一覧です: そして僕は途方に暮れる:

« 基本書を見つける | トップページ | 黙って男はサッポロ・・・ »