« ぼちぼち僕も飛躍するべきなのであろう | トップページ | 基本書を見つける »

服装に関する考察について

服装の主義主張と、そのよしあし(一般的にはセンスという言葉ですが、センスというと主観的な発言者の意志に束縛されることがあるので避けてます。)についてたくさんの指摘を頂きました。
その意味で振り返りを行うと、以前勤めていた会社は全部、商品のマーケット企画、という部署がなく、ただ技術シーズを監督・管理することで、開発の典拠としていた。研究者のシーズに従って製品を作りこんでいた。愚直に顧客の声を吸い上げ、それを作りこむ」という主義です。
今の会社にも明確にはその様なセクションはありません。ということは、今後、技術者としてそれなりの仕事をするには、そのようなスキルを、技術監督者自ら持ってなければならないわけです。それか課題です。

学習すること、出来ることはあってうれしい。そう思います。だから、色々指摘してください。それを、咀嚼して飲み込まなければ、人間の成長はないと思いますから。

|

« ぼちぼち僕も飛躍するべきなのであろう | トップページ | 基本書を見つける »

コメント

>愚直に顧客の声を吸い上げ、それを作りこむ
それがマーケティングの基本なんですがね。前の会社は、真の「顧客の声」を吸い上げていましたか?顧客の口から直接出てくるだけが「顧客の声」ではありませんよ。

投稿: TX | 2005年7月27日 (水曜日) 20時49分

あと、前にも書きましたが「拘泥」は「する」ものであって「される」ものではありません。
「される」のは「拘束」です。

投稿: TX | 2005年7月28日 (木曜日) 00時01分

>愚直に顧客の声を吸い上げ、それを作りこむ
それがマーケティングの基本なんですがね。前の会社は、真の「顧客の声」を吸い上げていましたか?顧客の口から直接出てくるだけが「顧客の声」ではありませんよ。

某Hi社の体質はひらめですな。(以下自粛)

投稿: デハボ1000 | 2005年7月28日 (木曜日) 12時25分

なんかわかってらっしゃらないような気がしますが、真の「顧客の声」を吸い上げるのが、即ち「商品のマーケット企画」です。
前の会社も今の会社も、ただ顧客から言われた通りに作っているだけ、なのではないですか?デハボさんは、ただ営業から、納入先から言われた通りに作っているだけ、ではありませんか?

これは仕事だけに留まりません。デハボさんは、ただご両親や親戚から、学校から、会社から、奥様から言われた通りに生きてきただけ、ではないと言い切れますか?社会体制のレールに乗っかってきただけ、ではないと言い切れますか?

だから私は、「オトナ」になったら「コンセプト」をしっかり捉えることが大切だと考えるんですよ。

投稿: TX | 2005年7月28日 (木曜日) 14時56分

今の会社でも、前の会社でも、多くは顧客がカーメーカーと考えている。顧客はカーメーカーに意見を言うわけで、それを一時下請けしている業者には、「カーメーカーから言っても言っても何もならない」ということから意見が上がるはずがないという愚にもつかない意見はあるのです。それは違うと何回も会議で発言しています。

昔の仕事の場合、立場上、自動車メーカーや親会社の意向に不承不承寝たことはありました。しかし、今の私の業務は、カーメーカーの持ってる不満や要望を取り上げ、(乗ってるお客の不満も含め)それを暗黙のうちに察知し、こんなのでどうですかと工法や生産性などを客先に(社内・社外問わず)技術的なバックボーンをつけて提案(プレゼン)するのがうちの部署の、そしてそれを見出し、かつ統括する私たち3人の管理職の役目です。それなのに、このことは認識違いをしている人も多いので(役職者にでさえ・・・特にカーメーカからきた人)非常に説得に時間を要します。

ところで、コンセプトを出しすぎるために、かえって、コンセプトの壁に阻まれるてことありませんか。
無定見とは違う意味で、あえて、ながれに身を任せるというのもコンセプトのひとつではありませんですか。

もちろん生活のコンセプトとしては、あるんです。これでも

1・技術に対しては寝るが、それを不合理に押してくる仕事はしない。相互に納得いくまで議論を尽くす。(客先でも言う)
2・生活では、自室に仕事は持ち込むが、家庭では仕事の話はしない。(しても分からないようである)但しそれ以外のことは、相互に分かり合える範囲までつきつめて話す。趣味は生活の逃避や避難場所ではなく、あくまで面白くいきるための重大な手法である。
3・生活や、仕事をする上では価値基準は、その人の服装ではなく、立場でもなく、すべて発言であり、意志の現れである。(だから、この会社に入ってからですが、社長に直接意見を求めに社長室にいったこともあります。きわめて論理的な説明があったのでそのときはひきましたが)従がってどんな服装、体格の人でも話を聞くし、意見する。但し命令することはしない。(説諭はするが)

服装に頓着ないところは3から来ているのですが、(すなわち服装は印象・個人特性で変わるものであり、そこに惑わされたり、それで惑わしたりしないというコンセプト・・・ていうのかなあ)これが大多数の意見でもないこともあり、どこで、接触点を見出すべきかが私の問題です。これがいいことなのかが主観をもっていいかが悩みですが。

心理療法士にいろんな私生活の悩みを相談すると、良く、「それをとったらあなたの存在意義はどこにあるの。」と指摘されます。多分コンセプトと言い換えられる言葉と思ってるんですが、それでいいんでしょうか。
服装のことも相談しました。「においは考えたほうがいいわね。けど服装の意図を無理やり矯正したらあなたはあなたでなくなるわよ。それでいいの?」と聞かれ、立ち往生したことがあります。従がって服の色だとか書きましたが、自分らしさが出ていればいい。自分らしく服装に関しては埋没していればいい、というのが本当の意志です。

1については、納得いかない発注をもらってきた営業に、本当の意義がどこにあるのかキーマンに議論してくるといってN産中研などに押しかけたりなどは何度もしている。だから、工場の設計には合わなかったのだろうという指摘はあります。オレの後ろから、玉を当てないで暮れと上長にいわれることもある。
かつて、元の会社をやめるとき、「君みたいなアグレシブな技術者は、ここにいたら腐ります。だから腐りきった技術者(本人)の目から、君はいい選択をしたと思います。」といわれたことが何人にもあります。(のめりこみすぎともいわれますが)

エキセントリックかもしれないですが服装のことについてのポリシーが賭けないのは3項を生活のポリシーにしているからかもしれません。

長文ご免

投稿: デハボ1000 | 2005年7月28日 (木曜日) 22時09分

> ところで、コンセプトを出しすぎるために、かえって、コンセプトの壁に阻まれるてことありませんか。
私はありませんよ。なぜならコンセプトというのは常に見直しをかけ、修正していくものだからです。うまやまさんもそう書いてましたよね。

服装については言い訳にしか聞こえません。「3項」がポリシーなら、それならそれで相応しい服装のコンセプトとそれを具体化する方策があるはずです。(なにもデハボさんに派手で目立つ最新流行の服を着ろと言っているわけではないんですよ)
今のデハボさんのはただだらしなくて不潔で不調和なだけです。
> 服装に関しては埋没していればいい
だから埋没なんかしてませんってば(笑) その位異様ですよ!
遅刻が多い人が「時間にとらわれないのがポリシーだ」とか開き直っているのに近い印象を受けますが。

投稿: TX | 2005年7月28日 (木曜日) 22時59分

>だから埋没なんかしてませんってば(笑) その位異様ですよ!

だということならフイードバックして埋没させるようにしなければならないですね。というわけで具体的な施策をもっていません。現段階では。(こまった)妻にも良く「それはダメだから着替えて!」といわれて理由を聞いて納得(大概は納得できるのです)してますが、今私はそれを自分に求めなけばならないんですよね。不潔はまあそうかもといえますが、不調和というのは背広にスニーカーをはくような不調和のことでしょうか。(さすがにそれはしないのですが)いい言葉ではないですが客観性が見えないので・・・・(非難じゃなくて自分のスキルの話)

服装について心理療法士がいうには、「あなたもADHDの傾向を強く持っている。だから異様に知識があったりする(ほんとかなあ?)反面、異様に服装に対する感受性が乏しかったりするのよ}と。

投稿: デハボ1000 | 2005年7月28日 (木曜日) 23時20分

> だということならフイードバックして埋没させるようにしなければならないですね。
さて、ここまで整理できてくれば、とりあえず「靴底が崩落した」の私の出題には答えられるのではありませんか?
> 不調和というのは背広にスニーカーをはくような不調和のことでしょうか。
そういうのに近いのをよくされてません?例えばビジネス用のズボンの古いのにネルシャツ、靴はローファーの崩壊しかかったの、とか・・・。

ちなみに私の服装のコンセプトも「埋没」に近いかもしれません。常にさりげなくシンプルで地味で、それでいて質感の高い服装を心がけているつもりです。キーワードは「上質な都市景観の構成物」(爆)てなところでしょうか??

投稿: TX | 2005年7月28日 (木曜日) 23時43分

毎日全身を鏡に映して見るというのはどうでしょう。

個人的に最優先すべきは、調和よりも清潔感だと思いますけどね。

投稿: くろきや | 2005年7月29日 (金曜日) 00時12分

今までさすがに書きませんでしたが、私は風呂やの更衣室などで(もちろん裸でない状態です)全身を姿見でみることに恐怖感を持つのです。(うそじゃないんです)自分の顔を見ても嫌悪感を覚えるのです。ナルシストの真逆です。

といっても言い訳になっちまうので、清潔感というのは自覚してまずはじめますわ。

投稿: デハボ1000 | 2005年7月29日 (金曜日) 01時11分

自分の醜い姿から目をそらさずに現実を直視すること。それがいちばんの治療ではないか、と。自分すら嫌悪感を覚える人物が、どうして他人から好感を得られましょうや。周囲に不快感を与えないという点では、視界から消せば済む見てくれなんかより、消す余地のないにおいの方が人を遠ざけるものです。

投稿: くろきや | 2005年7月29日 (金曜日) 01時40分

なんか「コンセプト」論から離れてきちゃいましたね・・・。
コンセプトを立てたらあとは他人(洋服屋さんとか・・)にチョイスを任せたっていいんですよ。

投稿: TX | 2005年7月29日 (金曜日) 01時44分

ちなみに「清潔」は、発想を転換すればはるかに簡単に実現できますよ。
入浴、洗濯、散髪、それに古い衣類の廃却を、清潔かどうかの判断ではなく時間で管理すればいいんです。
毎日必ず(忙しければシャワーを浴びるだけでも・・)入浴するとか、衣類は2年たったら買い換えるとか・・・。
定期検査や定期交換部品の考え方と一緒ですな。

投稿: TX | 2005年7月29日 (金曜日) 01時53分

自己レスです。
> コンセプトを立てたらあとは他人(洋服屋さんとか・・)にチョイスを任せたっていいんですよ。
他人や雑誌/広告なんかのスタイルでコンセプトに合ったのがあったら、そのまま真似したっていいんです。
仕事で、部下や外注に任せたり、詳しい人に教えてもらったり、適切な従来設計を利用したりするでしょ?あれと同じです。
何もデハボさんに、自分で服装をまとめ上げる「センス」を求めているわけではないし、デザイナーになれと言っているわけでもないのですよ。

投稿: TX | 2005年7月30日 (土曜日) 00時30分

>態です)全身を姿見でみることに恐怖感を持
>つのです。(うそじゃないんです)自分の顔を
>見ても嫌悪感を覚えるのです。ナルシストの
>真逆です。

…と記されておりますが、これに対してはくろき屋殿のご意見に賛同です。

で、ここでですが次の点を自らに問うてみてください。
「なぜ全身を姿見で見ること、あるいは顔を鏡で見ることが恐怖なのか?」
「全身のどの部分、あるいは顔のどの部分を
みるのがイヤなのか?」
それが解ったら、
「理想(あるいは目標)の姿とはどういう状態を言うのか」
「それを実現させるために何をするのか」

何かを実践するときに、ある程度ストーリーを築いておくことは極めて有効な手段になり得ますよ。技術者の方であれば、こういう手法は寧ろ既に日常の業務の中で行っていたりしていないでしょうか?
ご自身の一挙手一投足を冷静な目で見つめてみては如何でしょう?そして「何故」「どうして」という問いを敢えて持つことを心がけては如何でしょうか。
習慣として身に付いている行動ってのは、大体無意識のうちに行っていることです。とは言うものの、無意識化された行動の大部分は、生まれながらに無意識で行うべくプログラムされたわけではありません。
例えば親とか周囲の環境がその行動を促したり、あるいは反作用的行動を惹起する、と言った具合に、初期段階で何らかの「外的インプット」がなされ、それに対して暫くの間は意識的に行動をしているはずです。
時を重ねると、その行動はいつの間にやら無意識が制御するようになるのです。
(これ言ってたのアインシュタインでしたかな)

今一度初心に返って「制御」を取り戻すことにチャレンジしてみては如何でしょうか。
例えば、朝の目覚めが悪いのであれば、
「何時間寝ればスッキリ目覚めを迎えられるのか」を考察し、前夜の入眠時刻を「制御」する、とかね。
小さな、出来ることから(あるいは出来そうなことから)コツコツと制御を積み重ねてゆけば、いつかはより大きなことを制御できるようになりますって。
恐らくそういうご苦労の経験が少ないのではないかなぁ、と思います。でもそれに気が付く時期は人によりけりですから、遅きに失してるとは思いませんよ。

投稿: うまやま | 2005年7月30日 (土曜日) 02時10分

> そして「何故」「どうして」という問いを敢えて持つことを心がけては如何でしょうか。
「創造性開発」という技術教育(自己啓発セミナーの類ではなく、メインはKJ法の話)で、「なぜ?なぜ?なぜ?と3回繰り返す」と習ったことがあります。(QC手法でも「原因、その原因、真の原因」なんてことを言いませんでしたっけ?)
あと「対象を5分間、じっと観察してみる」というのも教わりましたね。

投稿: TX | 2005年7月30日 (土曜日) 10時13分

> そして「何故」「どうして」という問いを敢えて持つことを心がけては如何でしょうか。
「創造性開発」という技術教育(KJ法の話)で、「なぜ?なぜ?なぜ?と3回繰り返す」と習ったことがあります。(QC手法でも「原因、その原因、真の原因」なんてことを言いませんでしたっけ?)
あと「対象を5分間、じっと観察してみる」というのも教わりましたね。

なるほどね、KJ法は「教えていた(失笑)」こともあるから、これらのことは事項としては知っています。(なお、日科技連のテキストでは、今はなぜを5回繰り返すというようになっています)今でも会社でQCサークルの指導をすることがあるのですからね。
けど、これはあくまで与えられた業務実施のための策であり、日常の生活に生かすことはこれっぽっちも想定の範囲になかったんですね。

うまやま殿
怒るべきですとおかきにになりましたが、性格的に激怒するタイプではないです。ただ反芻はしっかりしています。怒るというのは、反発心の現われ以上でも以下でもなくて、決して生産的活動かつ飛躍的活動ではないと思っていますから。

投稿: デハボ1000 | 2005年7月30日 (土曜日) 23時00分

>今一度初心に返って「制御」を取り戻すことにチャレンジしてみては如何でしょうか。
例えば、朝の目覚めが悪いのであれば、
「何時間寝ればスッキリ目覚めを迎えられるのか」を考察し、前夜の入眠時刻を「制御」する、とかね。小さな、出来ることから(あるいは出来そうなことから)コツコツと制御を積み重ねてゆけば、いつかはより大きなことを制御できるようになりますって。

具体的話をしますと、睡眠の制御はつかめるようになりました。(医者が感心しています。この病歴からだと困難な場合がおおいとか)かなり苦労をしましたが。ただ横展開は出来てないかもです。

なお、姿見がきらいなのは、服装というわけではなく、すべての老い(肉体的よりも、表情、思想)への嫌悪感からだと思います。会社の中の姿見を見て服装(但し作業服)を正すことはよくありますし、このところ至って意識することになりました。

なんとかしようとはしてるのですが、「人間は姿から入っていくと、本質を見失うと思ってる。例えば樽の中の哲人のように。」以上束縛がまだ溶けきっていません。したがって他人の服装にも(無関心とはいわないけど)寛容なのかもしれません。

投稿: デハボ1000 | 2005年7月30日 (土曜日) 23時25分

「カタチ」から入るのも、大事なアプローチの仕方だと思います。武道や華道、茶道など「道」がつくものは大抵そうで、「形」を自分のものにしていく過程で徐々に精神性をも獲得していくわけですね。スポーツなんかもみんなそうでしょう。
だから、
>「人間は姿から入っていくと、本質を見失うと思ってる。例えば樽の中の哲人のように。」
と思い込むのは、人生の可能性のかなりの部分を自ら捨てることになってしまうのではないかと考えます。

それにしても、なんかズボラ・無神経の言い訳にしか聞こえないんですけどねぇ。

投稿: TX | 2005年7月31日 (日曜日) 14時35分

>「カタチ」から入るのも、大事なアプローチの
>仕方だと思います。武道や華道、茶道など
>「道」がつくものは大抵そうで、「形」を自分の
>ものにしていく過程で徐々に精神性をも獲得
>していくわけですね。スポーツなんかもみん
>なそうでしょう。

私はいま毎週笛を習っているので実感させられっぱなしです。
「譜面」という形をクリアしないと、その上の精神性の発露たる表現が出来ませんのでね…

「形から入ると本質を失う」ではないのですよ。
ただ、形に囚われて本質がわかっていない、という事象は現実問題として見られます。

では、どこに差があるのか。

形を「目的達成のための手段」と認識しているかいないか。そこが違うだけで雲泥の差です。

後者に陥ると、形を作る、あるいはクリアすることそのものが目的化して「本質を失う」となるわけです。

で、私がデハボさんに言いたいことは、
「7月30日 午前 02時10分」の私の発言に戻るわけです。

以上、再補講終わりっ!

投稿: うまやま | 2005年7月31日 (日曜日) 19時42分

>それにしても、なんかズボラ・無神経の言い訳にしか聞こえないんですけどねぇ。

同感一票。仕事のカイゼン以前の問題ですね。
あたしは「ゆとり教育」の失敗を思い出しました。詰め込んだ知識があって初めて創造がなされるはずなのです。

投稿: くろきや | 2005年7月31日 (日曜日) 20時37分

>うまやま殿
>怒るべきですとおかきにになりましたが、性
>格的に激怒するタイプではないです。ただ反
>芻はしっかりしています。怒るというのは、反
>発心の現われ以上でも以下でもなくて、決し
>て生産的活動かつ飛躍的活動ではないと思>っていますから。

反発心、大いに結構ではないでしょうか。
要は、その反発心を生産活動に転化せよと言っているわけであり、何も「私のむなぐらをつかめ」と言っているわけではありませんって。
「破壊活動教唆」と解釈されるのは御免蒙りたい。

投稿: うまやま | 2005年7月31日 (日曜日) 21時14分

>それにしても、なんかズボラ・無神経の言い訳にしか聞こえないんですけどねぇ。
>同感一票。仕事のカイゼン以前の問題ですね。あたしは「ゆとり教育」の失敗を思い出しました。詰め込んだ知識があって初めて創造がなされるはずなのです。

そりゃね、捕捉できればしたいんですよ。捕捉しようにも徒手空拳状態で捕捉できないじゃないですか。・・・というのもありますが、なにをどうすればよいのか、真似すりゃいいのか、その手本がそれに足りるのか、皆目分からないというのが本当の所です。それをセンスというならセンスがずっと形成されなかったのでしょうな。

服装がだめで、その人の本性を評価する人もいますが、そうじゃない人もいる。どうあるべきかは判断に苦しむところです。(自分はそれを他人にしないことを心情にしていますが)
部下に仕事を与えて、フォローするというのと本質は似ているし、そのコンセプトは当然ありますが、それと服装とを今同一のステージで判断せよといわれても、開き直りじゃなくて、どこから手をつけていいのか、もう混乱して分からない。

詰め込んだ知識云々・・・は、しごくそうです。でもそれは今から服装の専門家になれというわけでなければないのなら、過去の自分の評価を反面教師を含めて見つめなおさなければならないのですが、今までの議論の中では、完全に私は判断能力をうしなってます。
棚に上げていうのはお門違いですが、自分の行動すべてをとって、その中にポリシーがないものはまったくないとみなさんは言えるでしょうか。

少なくとも仕事のカイゼンとは次元が違う問題としたいし、同列に論じるのは、いささか趣旨を逸しているのではないかと思います。

投稿: デハボ1000 | 2005年8月 1日 (月曜日) 20時15分

そういえば(爆)デハボさんは機械のスペシャリスト、でしたよね。
私も過去にちょっとだけ(失笑)機械をかじった人間なので言わせていただくと、機械設計を学ぶのに、まずスケッチ製図(実際の品物の寸法を測って図面に書く)から始めますよね。で、その評価は、正確であることは当然として、いかに丁寧にきれいに製図されているか、いかに紙面にバランスよく配置されているかで行われているはずです。これは即ち「形から入る」ことです。
ではなぜ機械設計を学ぶのに形から入るのか?それはとりもなおさず機械設計が「ものの形」を扱う行為であるから=ものの形を見極める「センス」が必要だからなのです。性能がいい機械、故障しにくい機械には、すべからく美しい形のバランス(例え美術的デザインが施されていなくても)が備わっているものですよね。
さてその「センス」ですが、機械の形を扱う「センス」は他のものを扱う時にも発揮というか応用されるものではないかと思うのです。私が尊敬する優秀な設計者(過去の上司や先輩・同僚の幾人か)は、皆(最新流行や目立つものではなくても)とてもバランスよく気の利いた服装をしていましたよ。
以上の私の「機械とセンス」考をデハボさんのご意見に照らすと、失礼ながらデハボさんは機械技術者としての資質に欠けているということになってしまいますが、どうお考えになりますか??

ここでひとつ問題です。以下の2枚の写真を見てください。
http://www.airliners.net/open.file/581162/M/
http://www.airliners.net/open.file/541989/M/
よく似たレイアウトの飛行機ですが、片方は4半世紀に渡って1,000機以上が作られたベストセラー、片方はスピードこそ当時最速だったものの安定性、安全性、経済性に劣っていたためたった65機で製造中止となった失敗作です。どちらがどちらだか当ててみてください。
(なお、いわゆる「工業デザイン」の影響を排除するため、あえて航空機、しかも古い時代のものをテーマにしました)

投稿: TX | 2005年8月 1日 (月曜日) 20時36分

>そりゃね、捕捉できればしたいんですよ。捕捉しようにも徒手空拳状態で捕捉できないじゃないですか。・・・というのもありますが、なにをどうすればよいのか、真似すりゃいいのか、その手本がそれに足りるのか、皆目分からないというのが本当の所です。
だから、とりあえずお店の人に相談しなさいって言ってるでしょ?いまどきそう悪くはされませんって。
あと、尊敬できる先輩エンジニアの方の真似をしてみるのもいいかもしれませんね。私も若い頃は同級生や先輩の真似をしてみましたから。

投稿: TX | 2005年8月 1日 (月曜日) 20時45分

>棚に上げていうのはお門違いですが、自分の行動すべてをとって、その中にポリシーがないものはまったくないとみなさんは言えるでしょうか。

当然、私にだってポリシーの無い行動はあります。
ただ、そのポリシーの無い行動が、他者に危害を加えるとか不快感を与えるとかであればそれを自覚して直すとか、指摘に従って試行錯誤してみるとかいうメンタリティは、社会生活を営むにおいて最低限保持すべき点であると「私は」思いますが如何でしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あえて「私は」とカッコ書きにしました。その意図は、「本件についてのデハボさんの見解」を示していただきたいということです。
YESかNOか、その理由をつけてご説明ください。

投稿: うまやま | 2005年8月 1日 (月曜日) 22時45分

ポリシーとコンセプトは似ているようで違う概念です。以上。

投稿: TX | 2005年8月 1日 (月曜日) 23時28分

あのお、全て拝見させていただいたのですが・・・・ぐだぐだ言ってないで行動してみたらいかがですか?

投稿: 通りすがりのもの | 2005年8月 2日 (火曜日) 12時27分

おっしゃる通りです!通りすがりさん。
簡単なことを、簡単なことから、簡単にやっていくだけのことなんですよね。

投稿: TX | 2005年8月 2日 (火曜日) 16時36分

あのー、投資があまり出来ないので動けないのです。休みになったら実行したいんです。愚だ愚だいうつもりもないんですけどーーーーーー

投稿: デハボ1000 | 2005年8月 2日 (火曜日) 17時56分

1昨日、小田急に乗ったら女子大生のGrがたくさん着飾っていた。25人ぐらい延べいたと思う。が、ぴちぴちした肢体が至極不快であった。こんなこともあるんですね。

>さて、当然、私にだってポリシーの無い行動はあります。
ただ、そのポリシーの無い行動が、他者に危害を加えるとか不快感を与えるとかであればそれを自覚して直すとか、指摘に従って試行錯誤してみるとかいうメンタリティは、社会生活を営むにおいて最低限保持すべき点であると「私は」思いますが如何でしょうか。

指摘に従がって出来るだけ、そぐわないと客観的的に思うものは、直します。(その判断が主観的ですけど)
但し、それには(お金は別としてですよ)それをするための、むちゃくちゃでもともかく、定義付けが必要です。もちろんその中には「意味を見出せないことはやらない」という選択肢はあります。
今回、意味は見出したと思ってます。あとはやるだけですが、失敗してもいいからという通念は、言い訳にしかならない年齢になってしまいました。
自分は「他人さまは他人の基準で生きている。それを真似て自らを貶めないことが人として確実に対応していくための主義である。」という両親のいい付けを、いまだ引きずっていますな。カール・ブッセですか「暮らしは低く、思いは高く」なんど言われたことか。
だから
>簡単なことを、簡単なことから、簡単にやっていくだけのことなんですよね。
正論です。たしかに。ただ一番前の簡単ということの概念自体の欠如があるために、これは私には使い切れない。
したがって、
>できうることを、できうることから、できうる限り愚直にやっていくだけのこと。
というしかないのです。非常に私らしくない受動態ですよね。けど背一杯の答えです。残念ながら。

投稿: デハボ1000 | 2005年8月 2日 (火曜日) 21時02分

> それを真似て自らを貶めないことが
申し訳ありませんが、そのご両親の教えが根本的な間違えだと思います。人はなんでも必ず、他人をまねてみるところから始めます。赤子が言葉を覚える過程を考えれば一目瞭然ですね。
もしそこから脱却できないのなら、重ね重ね失礼ながらママンのおっぱいでも吸ってらっしゃい!

投稿: TX | 2005年8月 2日 (火曜日) 21時35分

あと「簡単な」内容はすでに再三お教えしているではありませんか!
人のいうことを素直に聞けずまず否定してかかる人に、人の上に立つ資格はないと思いますよ。

投稿: TX | 2005年8月 2日 (火曜日) 21時43分

>今回、意味は見出したと思ってます。あとはやるだけですが、失敗してもいいからという通念は、言い訳にしかならない年齢になってしまいました。

1点質問。
その見出した意味について述べてください。

1点反論。
「失敗してもいいからという通念は、言い訳にしかならない年齢になってしまいました。」という考え方、というかヘンなプライドは捨てるべきと思います。
大いに失敗してください。恥をかいてください。
失敗したところで飯食えなくなるわけぢゃないでしょ?人間、幾つになっても失敗はあります。デハボさんの場合はそれがたまたま服装であっただけに過ぎないわけです。

投稿: うまやま | 2005年8月 2日 (火曜日) 21時51分

否定しているわけはないのです。ただ真似する上司もここにはいません。
従がって、昼、店員に話してましたが、寸法が合う服のみを示すんで帰ってきてしまいた。
今、模索中なのです。やるのみといっても聞く店員でさえまともに答えてくれないので落胆しています。(行く店を間違ってはいたとは思いますが。)立川ぐらいまでいけばいいんでしょうね。

投稿: デハボ1000 | 2005年8月 2日 (火曜日) 22時22分

その通り。行く店が間違っているんです。
とりあえず昔からやっていてベテランのおばさんの店員さんがいる百貨店がいいと思いますよ。(間違ってもスーパーや量販店に行かないように。丸井なんかもダメですよ)

投稿: TX | 2005年8月 2日 (火曜日) 22時27分

洗濯の工夫もされ、店にも行かれて居るではないですか。その行動は認めさせていただきます。
…というか先にそれを言って欲しかったですね(笑)

で、次のステップ。
どういう店に行ったらよいか、ですが。
コンサルティングセールスをしっかりやってくれそうなブティック系の店の方が良さそうな気がします。
ブランド系の店、も考えてはみましたが、コンサルの質はしっかりしてそうですが、「商売もしっかり」してそうで(笑)

だんだん「電車男」スレみたいになってきましたな。

投稿: うまやま | 2005年8月 2日 (火曜日) 23時32分

>無定見とは違う意味で、あえて、ながれに身を任せるというのもコンセプトのひとつではありませんですか。

と、おっしゃられたとおり、ながれに身を任せられるのがよろしいか、と。ぼく自身は、たといみすぼらしくても、こぎれいな格好なら、いいと思ってます。毎日シャワーを浴びて、洗濯した服を着る、さしたる投資も不要ですし、最低限それで十分だと思ってます。できることからやってみる、それでいいんぢゃないでしょうか。

投稿: くろきや | 2005年8月 3日 (水曜日) 01時03分

うまやま殿
「ブティック系」とか「ブランド系」とかだと、どの店がいいかを見極めるスキルが必要になりそうですよね。で、私は「百貨店」と書いたのですが・・・。
お薦めの店があったら教えてあげるといいかもしれませんね。ちなみに私は「エディ・バウアー」なんかシンプル志向でいいと思うんですけど。

くろきや殿
確かに清潔ならばいい、というのは一理ありますね。それだけでも大幅なカイゼン(デハボさん比)だと思いますし(笑)
ただ、着る物をイメージアップしてみる、というプロセスを経験することが、デハボさんの「思考体系の硬直化」を防いで発想力を磨いていく一助になるのでは?と思うので、強くお薦めしているという側面もあるのです。そういう「実習」のネタとしては安上がり(どうせ服は買わなきゃいけないんだから・・)だし、失敗してもダメージないし、もしうまくいけばメリットあるし、やってみてもいいのではないか?と・・・。

投稿: TX | 2005年8月 3日 (水曜日) 01時34分

続けてうまやま殿
果たして「エルメス」のハートをゲットできるか?だったら夢いっぱいでいいんですけどね・・・。

投稿: TX | 2005年8月 3日 (水曜日) 01時36分

あのお・・・なんていうのかなあ色々と理論立てて考えることももちろん大事なんだけど・・・・なにも考えないでがむしゃらにやってみて初めて分かることっていうのもいっぱいありますよ。人間なんていくら理屈こねようが完成形を“イメージ”しないとそこには到達できないと思います。要は「考える」んじゃなくて「思う・感じる」ていうほうに転換してみてはいかがですか?
なんか読んでて失礼ながら気の毒になってきたので・・・

投稿: 続・通りすがりのもの | 2005年8月 3日 (水曜日) 08時28分

とにかく、やってみます。

投稿: デハボ1000 | 2005年8月 3日 (水曜日) 12時24分

「商品企画概論」はどこに行っちゃったのかな~。
まあ特別に実習で単位認定、ということにしますか。
私も大学のフランス語の単位は「仕方ないから単位はあげるけど、い●みだに習ったとだけは口外しないようにね!」と言われて貰いましたから(笑)

投稿: TX | 2005年8月 4日 (木曜日) 11時46分

まぁ、もういいんぢゃないか、と。
個人的にはTX教授の航空史学の履修を希望します(爆)。

ちなみに、あたしも大して服は買いませんが、
自分の好きな色をいくつか決めておいて、
あとは適当に同系統の色でまとめるくらいですね。

投稿: くろきや | 2005年8月 5日 (金曜日) 01時49分

くろきやさん
> 自分の好きな色をいくつか決めておいて、
> あとは適当に同系統の色でまとめるくらいですね。
そんだけできれば十分なんですが、ね(笑)

> 個人的にはTX教授の航空史学の履修を希望します(爆)。
それでは近日中にスクーリング(面接授業)を・・・。

投稿: TX | 2005年8月 5日 (金曜日) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/5178263

この記事へのトラックバック一覧です: 服装に関する考察について:

« ぼちぼち僕も飛躍するべきなのであろう | トップページ | 基本書を見つける »