« 法的知識を知ること | トップページ | ぼちぼち僕も飛躍するべきなのであろう »

靴底が崩落した

8年前引越しのとき失せものをした、新品(いまや新古品)の革靴2足が出てきた。
私の足は27.5EEEEEか28EEEのサイズであり、運動靴は店を限定すればかなり選択肢があるのだが、革靴は見つけたときに買っておかないと、まず手に入らない。型のないところもあるそうで、いつぞやはオーダーで注文したが断られた。最近も靴を買ったが、スタイルはよかったものの、靴ずれを起こすことが判明した。・・・となんとかの大足ということで苦労している。またこの手の靴は、注文品以外はすごく大きな作りに見えるので注意が必要である。
さて、丁度外出する所だったので履いてみることにした。
1足目:履いて外へ出た途端、足元のゴムとヒールが「崩落」・・・側面まで崩落したので廃却とした。
2足目:(これは気に入っていた)履いていて家の回りをひと歩き。しばらくは快調だったが、戻ってみるとヒールが脱落しかかっていた。圧縮は大丈夫だが、破断強度がだめ。
えー、ということで靴の修理やさんへ相談に。
店「あー、ウレタンゴムですね。これ、この手の破損が一時多発したので最近あまりないんですよ。」
僕「直す価値ありますかね」
店「あまりサイズがないからね。靴も上物だし、きれいに直されたらいかがでしょう。」
僕「ではそうしますか。」
店「ゴム自体の品質がよくないのでオールソールという方法にします。全部とりかえるんです。・・・ここに素材もありますからね。但しヒール部の手配で色あわせの都合もあり、1月かかりますけどいいですか。」
僕「そうしてください。」
こうやって、僕の服装のモデルアップ作戦は粛々と進行していくのであった。ちなみにウレタンゴムは本当の意味では、ゴムではないのです。帰ってから調べると、劣化しやすい欠点があったが、靴には履き心地がいいので一時多用されたとか書いてあった。(工業用としてはプレス金型では必需品です。)
それにしても、作業用の安全靴(鉄板入り・導電とも)わりと28までは手に入るのだが。どうして靴屋さんでは対応できないことが多いのだろうか。

|

« 法的知識を知ること | トップページ | ぼちぼち僕も飛躍するべきなのであろう »

コメント

> こうやって、僕の服装のモデルアップ作戦は粛々と進行していくのであった。
・・・そーいう問題とは違うような??

投稿: TX | 2005年7月25日 (月曜日) 02時45分

でも、少しずつ代えていこうとする考えはあるんですが。・・・違うかな?

投稿: デハボ1000 | 2005年7月25日 (月曜日) 17時17分

知人に足の寸法32.5というのがいます。(もちろん馬鹿ではありません)彼は国内では革靴を作るととんでもない納期と値段になる経験から、背広でも運動靴です。運動靴のほうがまだ作るのに融通がきくそうです。持ってる革靴はほとんど英国製とか。

投稿: デハボ1000 | 2005年7月25日 (月曜日) 20時24分

だからほら、まず「コンセプト」ありきなんですよ。それなくして靴とか個別の施策をしても無意味です。
デハボさんの服装改善のコンセプトは何ですか?簡潔に50字以内で述べよ!

投稿: TX | 2005年7月26日 (火曜日) 00時56分

1:あくまでビジネススタイルでなく、ブレザー+ズボンなどの形式ばった形にしないことにする。
2:青色を基本色として着こなす。
3:不快な印象を与えない程度にフレキシビリティのある人間であることを訴求する。
以上

投稿: デハボ1000 | 2005年7月26日 (火曜日) 12時41分

1:と2:はコンセプトではありません。具体的方策です。
3:はコンセプトと言えるかもしれませんが、2つの異質なことが直接つなげられており意味が不明確です。
成績判定:不可

投稿: TX | 2005年7月26日 (火曜日) 18時29分

1:ブレザー+ズボンを基本として着こなしを構築する。夏季はブレザーを省略
2:青色を基本色とし、バリエーションをそこからつけていく。
3:不快な印象を与えない程度に自由度の高い衣料をつけることを訴求する。(クールビズなど)
けど難易度高いぞ。外回りのSEさんや、営業さんでも答えられないかも。

投稿: デハボ1000 | 2005年7月26日 (火曜日) 19時40分

1:と2:はコンセプトではありません。具体的方策です。
3:はコンセプトと言えるかもしれませんが、2つの異質なことが直接つなげられており意味が不明確です。
成績判定:不可

投稿: うまやま | 2005年7月26日 (火曜日) 21時05分

折角ですからヒント出しましょうかねぇ。

1.まずは「何故」「何のために」服装を変えるのか?を整理しましょう。

2.続いて、現在の服装の問題(と思われる)点をまず整理する。それには服装そのものに問題があるのか、あるいは服装という表層のに作用しているデハボさんご自身の内面に問題があるのか、という考察まで掘り下げる必要があります。

3.2が出来た時点で、デハボさんご自身がご自分のあるべき姿(というか目標)を抽象的かつご自身の納得行く形で定める。その内容を端的に表わした言葉がすなわち「コンセプト」です。

・・・ヒント、ではなく答えになってしまいましたなぁ(苦笑)。

で、この続きなのですが…

4.3で定めたコンセプトを「服装」を用いて表現する(これがTXさん言うところの「具体的方策」です)。

5.4の成果は、周囲の人間が判断します。
 場合によっては辛辣な評価もあろうかと思いますが、その場合の対処は、「具体的方策」に問題があるのであれば4に戻って再度方策を練り直す。「具体的方策」ではなく「コンセプト」に問題があるのであれば1に戻る。

・・・こんなところでしょうか。

本来であれば私より人生経験も社会経験も豊富であるはずのデハボ様に対してここまで具体的に書くことは躊躇ったのですが、敢えて書かせていただきました。
どうかお怒りください。
そしてその怒りを踏み台にして「飛躍」なされることを切に願う次第であります。

投稿: うまやま | 2005年7月27日 (水曜日) 00時24分

うまやまさん、よくできました。
成績判定:優 商品企画概論の単位を認定します。
デハボさんは再履修してください(笑)

投稿: TX | 2005年7月27日 (水曜日) 00時33分

ところで「ブレザー+ズボン」って、5つ目のコメントを読んで「形式ばった形」と考えておられると思っていたのですが、7つ目のコメントを読むとそうではないんですね。具体的方策の記述も不明確過ぎます。
服装各論の成績判定:不可
2科目未履修なのでまた留年ですね(爆)

投稿: TX | 2005年7月27日 (水曜日) 00時58分

と書いてはみましたが、4回目の留年はあまりにもお気の毒なので補講を行うことにします。
何というホトケ教官!まあ私自身も留年経験ありますし(^_^;

デハボさんが紺ブレザーを着こなしてみたいということはよくわかりました。ひとつの基本形ですから入門としては悪くない選択だと思います。
それではデハボさんは紺ブレザーを着こなすことで、ご自身のどのような人格や実力や長所を周囲の人々にアピールしたいのですか?
回答文の長短は問いません。またお手元の指定参考書「マーケティングカフェ」「マーケティングカフェ2」参照可とします。

投稿: TX | 2005年7月27日 (水曜日) 02時06分

ここで「周囲の人々に」と書きました。男性の場合はこの域の人が大部分ですが、女性の場合にはむしろ「自分にとっての自分を演出する」という意識が支配的なようですね。消費動向・社会動向を考える上では大切な留意点です。

投稿: TX | 2005年7月27日 (水曜日) 09時48分

本来であれば私より人生経験も社会経験も豊富であるはずのデハボ様に対してここまで具体的に書くことは躊躇ったのですが、敢えて書かせていただきました。
どうかお怒りください。

こういう指摘を素直に言ってくれる貴殿に感謝。

投稿: デハボ1000 | 2005年7月27日 (水曜日) 20時40分

>こういう指摘を素直に言ってくれる貴殿に感謝。

感謝の必要はありません(キッパリ)。
あそこまで書いたにも拘らず怒りを覚えないのであればデハボ殿の見識を疑いますし、また、もし怒りを覚えておられるのであれば、カッコつけてる場合ではありません。

貴殿がなすべきことは、TXさんの課題に対し合格点を得る回答をすることです。
そのための具体的プロセスは昨日私が示しました。仮にもし貴殿が考えうる他のプロセスがあるのであれば、私の意見に迎合する必要はありません。反駁して実践してください。

投稿: うまやま | 2005年7月28日 (木曜日) 00時17分

前言一部修正(補足)します。

>貴殿がなすべきことは、TXさんの課題に対し合格点を得る回答をすることです。

の部分ですが、

「貴殿がなすべきことは、TXさんの課題に対し合格点を得る回答をすること、あるいは合格点を得ることを目標とした具体的努力をすることです。」

に置き換えます。

投稿: うまやま | 2005年7月28日 (木曜日) 00時44分

そうですね。
有名大学卒でなくても課長さんでなくても、技術士様でなくてもCADを使えなくても、特許を持ってなくても自己研鑚してなくても、普通の人が普通にやっていることをただ短文にするだけの簡単な問題ですので、とりあえず解答してみてください。

投稿: TX | 2005年7月28日 (木曜日) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/5123928

この記事へのトラックバック一覧です: 靴底が崩落した:

« 法的知識を知ること | トップページ | ぼちぼち僕も飛躍するべきなのであろう »