« メールで便利になったが | トップページ | まあいいか。それも人生。 »

完璧主義者が鬱になる

この時間まで会社にいるということは・・・・そうです残業です。仕事が終わらないのです。 といって、これは、会社役員の経営トップに対する技術プレゼンの資料をみんなから集めて、査読し、まとめて、さらに前向きな表現にし、・・・・という意識付けのひとつなのです。これも仕事なんですわ。 意識を向上させるということは、なかなかできるものではないのです。そりゃみんながおんなじ方向を向いてりゃしごともはかどるでしょ・・・と思ってるそこのあなた。みんながおんなじことを考えているなら、それは全体主義というものです。 むしろ、ベクトルは少しずつずれているほうがいいのです。QCサークルもみんながおんなじことを考えてたら、改善活動なんて出来ませんぜ。VE活動(価値工学)もそう。 しかし、会社と言うのはある程度の幅があってもほぼ同じ方向を向いてなければ、疎外されます。となると当然同床異夢というのもあります。大きな会社になればなるほど、この夢が異なっていく。従がって派閥も生まれ、人事上からも色眼鏡で見られる人も生まれるわけです。 当然私のような理想論者はベクトルが「狂う」ことも他人にとっては見えるわけです。それが容認される団体(研究所とかシンクタンクとか)はまあ逃げる手もあります。TVに出てクイズに答えてる「教授」さんもそうかもしれないし、タレントの疑問に真顔で答える「弁護士軍団」ももしかしたらそうかもしれないですね。 けど、凡才の会社員でベクトルをわざとずらして、注意を喚起するというのもいる。僕もそのくちかもしれないし、しかも逃げ道がない所に突っ込むこともしばしばで、「やめられない、とまらない」・・・気が付いたら日付が変わってた。・・・・ だから僕みたいな凡才も、他から穴だらけの論理と揶揄されても、それに反論する。そんな「完璧主義者が鬱になる」 (課題) 1:会社で「ある程度の幅があってもほぼ同じ方向を向いてなければ、疎外されます。となると当然同床異夢というのもあります。大きな会社になればなるほど、この夢が異なっていく」となると、そこを有る程度統一するために、社是・社訓・行動指針が設定される。別紙の事例をみて、自分の考え方と同じか違うかかんがえてみよう。

|

« メールで便利になったが | トップページ | まあいいか。それも人生。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100146/3757239

この記事へのトラックバック一覧です: 完璧主義者が鬱になる:

« メールで便利になったが | トップページ | まあいいか。それも人生。 »